タグ

タグ:サンヘドリン

新天皇の時代は「世界大崩壊の時代」となる/ 鈴木 啓功
https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AF%E3%80%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E5%B4%A9%E5%A3%8A%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E5%95%93%E5%8A%9F/product-reviews/4864718598/

加賀英之
5つ星のうち5.0 「東京五輪の中止」と「令和=世界大崩壊時代の突入」の予言が的中
2020年4月8日に日本でレビュー済み
 目下、新型コロナウイルスの侵襲で日本国中が不安と恐怖に陥っている。誰もこれほどのカタストロフィが俄かに世界を襲うとは予測もしなかっただろう。本書はその「コロナ禍」が訪れる直前に執筆されたので、コロナによるショック・ドクトリンには触れていない。
 しかし、ページを開いた途端、序章の「2020年、東京五輪は開催されない」という予測が先駆けて的中してしまった。それのみならず、著者独自の「天皇即位の時代はロクな時代ではなかった」というテーゼは殆ど正解で、「令和時代は世界大崩壊の時代となる」「安倍晋三は日本国を崩壊させる」「トランプ大統領は再選されるのか」等々、著者の衝撃的な予測は次々と的中し、新世令和時代は希望もなく展開している。

 著者はいわゆる「陰謀論」として忌避されている歴史修正主義者の著述を幅広く研究、独自の文明サイクル理論で何冊もの著書を刊行している。これまでの多くの著書の中で、本書は最もタイムリーに説得力を発揮して執筆された予言書である。宇野正美氏や太田龍氏が半生を懸けて、研究、分析してきた「世界支配寡頭権力」の構造を、著者は隈なく本書で整理、紹介している。
 著者は彼らの存在を「地球支配階級」と規定し、その全貌は、ヨーロッパでは、①ユダヤ系大財閥(ロスチャイルド家、オッペンハイマー家、ウオーバーグ家、ベアリング家)、②ヨーロッパの王侯・貴族(ウインザー家、サヴォイ家、ハプスブルグ家)、③バチカン(カトリック、キリスト教の総本山)等々の闇の勢力が、後にアメリカ帝国に浸透し、今日の混乱をもたらしているとしている。それらはスプリングマイヤーが「イルミナティ悪魔の13血流」と名づけた世界権力のことである。
 さらに著者は、世界支配権力の本当の正体を、「300人委員会、島のクラブ、イルミナティ、フリーメーソン、スカル&ボーンズ、ユダヤ地下政府(サンヘドリン)、黒い貴族」等々として追記している。

 これらの存在は半世紀前から宇野氏や太田氏、ユースタス・マリンズやジョン・コールマン、デーヴィッド・アイク、アンドリュー・ヒッチコックなどの優れた歴史修正主義者が命懸けで世に闡明した闇の組織である。
本書で、著者はそれら闇の世界支配階級による複雑な世界史4000年の流れを、意欲的な分析による年表と図表を多数駆使して、一刀両断に解き明かしている。
●天皇即位の時代に「地獄絵図」が展開する、●安倍晋三の本心は「日本国」を「戦争国家」に変えること、●歴史の深層に「サンヘドリン」が存在する、●欧州の深層海流を透視する、●地球支配階級は「3つの世界大戦計画」を策定している、●明治維新の背後に流れる「大謀略潮流」を透視する、●ロシア革命の背後に「欧州ロスチャイルド家」が存在する、●中国は「地球支配階階級」に操縦される国家である、等々、年表図式にすると、よりわかりやすい。

 本書で挙げる闇の世界支配勢力の分析はほとんど先人の研究の業績に負っているが、唯一つ、著者は鋭い分析を行なっている。それは「黒い貴族」の正体を「サンヘドリン(ユダヤ最高法院)の前線部隊」と捉えている点である。11世紀にヴェネチアに浮上した金権支配階級こそ、かつてイエス・キリストを十字架に架けたサンヘドリンだった。後にサンヘドリンは十字軍となって東ローマ帝国を攻撃。後に東インド会社を作り英国を乗っ取り、イングランド銀行を中央銀行とした。ゾンバルトの言うように、「資本主義を作り出したのは黒い貴族・ユダヤ人である」というのである。

 さて、コロナ禍を始めとする世界大崩壊時代の勃発で、今後、トランプ大統領や安倍晋三政権はどうなるのだろうか。著者はトランプの「アメリカ・ファースト」は欺瞞で、本当は「イスラエル第一主義」だとする。トランプは必ず娘婿クシュナーの使嗾で、中東最終戦争に誘導され、アメリカは「大分裂の時代」に突入すると予測している。
 一方、安倍政権がこのまま続くと、日本は集団的自衛権を米国から行使させられ、中ロ両国との戦争におびき出されかねないと警告している。そして日本国民が新世界建設をするためには、冷血・安倍晋三政権及び、彼に忖度し寄生する「パラサイト役人集団」を打倒するしかないと結論する。 
 今回のコロナ禍は「生物兵器」を使った世界戦争の一環とも見られるが、令和改元の翌年、世界大崩壊の試練が逸早くスタートした。こうした世界大崩壊の時代に、日本国民が総決起し、真の復活を勝ち取るための勇気と超克すべき手立てが本書には力強く提示されている。
46人のお客様がこれが役に立ったと考えています。



カテゴリ:
トランプ陣営が動いているけど、世界の最高支配者の指示または許可済みなのかを知りたい。

この記事を読んでから・・・
フリーメーソンを操るイルミナティ、さらに奥の院のサンヘドリン。支配者ピラミッドや勢力図を知らないことは何も知らないことと同じ。

そして、wikiでサンヘドリンを調べた・・・
サンヘドリン。最上位支配者?イエス・キリストを裁いた長老たち、サンヘドリンがOKを出さなければトランプ陣営も掃討されるはず。


しかし下記記事を読むと、どうも違う?サンヘドリンもDSディープステートなのか?もし単なるDSの司法機関なら、今回の掃討作戦でいなくなる?

イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。
http://rapt-neo.com/?p=30855 より

(影の世界政府)DSディープステート
1. 行政部門:13人評議会(新世界秩序を指揮)→13血族(ロスチャイルドや李家)
2. 司法部門:サンヘドリン(古代ユダヤ最高会議、70名が在籍)
3. 立法部門:300人委員会(13人評議会のすぐ下に位置、13人評議会を助ける機関)
 
これら3部門の下に、ビルダーバーグ会議、円卓会議、王立国際問題研究所、ローマクラブ、外交問題評議会、三極委員会といった数々の国際機関が存在している。
 
 ↓
仮説
・DSはフリーメイソン。イルミナティの単なる下部組織、実行部隊。店長みたいなもの。
・DSの組織(行政:13血族、司法:サンヘドリン、立法:300人委員会、その他)
・トランプ陣営はDSを掃討中。
・DSに指示を出していたイルミナティ上位者が、DSの中央銀行など銀行制度での世界運営状況を見て行き詰まりを感じ、別のフリーメーソン又は下位イルミナティに交代させようとしている。
・DSは反撃しても仕方がないと諦めるしかないが、どうせ捨てられるのなら、とジタバタしている。

  ↓
・上位のイルミナティーは12貴族なのだろうか?(調査は続く)



サンヘドリン。最上位支配者?イエス・キリストを裁いた長老たち、サンヘドリンがOKを出さなければトランプ陣営も掃討されるはず。

カテゴリ:
トランプは単なる現場監督や話題の舞台の主人公。裏に誰がいて、どういう考えでトランプ陣営にDSディープステート悪魔崇拝者たちに掃討させているのか?逆に、なぜDSたちに何百年も活躍させていたのか?人食いまで許して・・・。

最上位支配者が誰なのかと何を考えているのかを知るために、情報収集。

Wikipediaより
サンヘドリン(ヘブライ語: סַנְהֶדְרִין sanhedrîn, ギリシア語: Συνέδριον)はローマ帝国支配下のユダヤにおける最高裁判権を持った宗教的・政治的自治組織。71人の長老たちから構成され、一人が議長、一人が副議長、69人が議員であった。メンバーは祭司たち、法学者、ファリサイ派などからなっていた。最高法院、最高議会、長老会とも訳される。

概説
伝承ではサンヘドリンの源流はモーセ時代までさかのぼるという。だが、サンヘドリンというギリシャ語名が、その起源がヘレニズム時代にあることを示唆している。ラビ伝承によるとサンヘドリンのメンバーに加わるための条件はモーゼに由来するセミカの口伝を受けていることであったという。

サンヘドリンは「最高法院」「長老会」などの訳で新約聖書に登場する。福音書では、イエス逮捕はこの最高法院による陰謀であり、最高法院のメンバーがイスカリオテのユダを買収しイエスを捕縛したが、イエスになんら罪を見出せなかったため、偽りの証人をたてて、神への冒涜の咎で死刑を宣告し、ローマ総督ポンティウス・ピラトゥスに引き渡したという。これは当時のサンヘドリンには死刑をおこなう権限が与えられていなかったからである。サンヘドリンはもともと死刑を含む罪を執行する権利を持っていたが、紀元30年ごろ、ローマの指示によって死刑の執行を禁止されていた。

「使徒行伝」によれば使徒ペトロ、ヨハネ、ステファノ、パウロといった人々はいずれもキリストの教えを広めた罪でサンヘドリンに引き出されている。

本来のサンヘドリンは神殿崩壊とともに消滅したが、やがてファリサイ派の指導者たちによって新しいサンヘドリンが作られ、はじめヤブネ(ヤムニア)に置かれ、バル・コクバの乱以降、ガリラヤのティベリアスに移転している。

関連項目
ヤムニア会議
ヤムニア会議(ヤムニアかいぎ)は、ユダヤ戦争終結後、紀元90年代にユダヤ教(主にファリサイ派)のラビたちによって行われ、マソラ本文(ユダヤ教のヘブライ語聖書)の定義と分類を決定した宗教会議。ヤムニアはヤブネのギリシア語名で現在のイスラエル南西部にあたる。

概説
第一次ユダヤ戦争によって、エルサレムは破壊され、壮麗なエルサレム神殿は焼け落ちた。このことはユダヤ教の歴史において大きなターニングポイントとなる。これにより、ユダヤ教の神殿祭儀とユダヤ王朝に価値を置くサドカイ派は存在意義を失い、一方シナゴーグの活動を中心とするファリサイ派が民族的アイデンティティを担うことになる。

エルサレムの陥落から逃れたユダヤ教の(主にファリサイ派の)指導者たちは、ローマ帝国当局の許可を得て、エルサレム西部の町ヤブネ(ヤムニア)にユダヤ教の研究学校を設け、ユダヤ暦を計算し、トーラーの研究を続けることでユダヤ教の伝統と先祖からの文化的遺産を絶やすまいとしていた。

ヤムニア会議とはいわゆる現代的な意味での会議ではない。それは、このユダヤ教学校によった学者たちが長い時間をかけて議論し、聖書(ヘブライ語聖書)の正典(マソラ本文)を定義していったプロセスを指している。この時代、すでにキリスト者はユダヤ教の一分派という枠を超えて、地中海世界へ飛躍しようとしていた。しかし、この会議によってキリスト者はシナゴーグからの追放が決定的となった。当時のキリスト教徒たちが主要なテキストにしていた七十人訳聖書についても議論され、その中のある文書はヘブライ語にルーツを持つものでないため、正統なものではないという結論に至った。こうしてヘブライ語聖書の正典が確認された。旧約聖書の外典という時、この会議で除外された文書群をさす。この会議はキリスト教とユダヤ教を完全に分けることになった会議であるともいえよう。

ヤムニアにおける静かな研究の日々は長く続かなかった。バル・コクバによって率いられた第2次ユダヤ戦争の結果、ローマ当局の目がさらに厳しくなり、彼らはヤムニアの地を追われてガリラヤに移ることになった。

コヘレトの言葉(伝道者の書)と雅歌の正典性についての議論が続いたことから、200年まで正典化されなかったという説もあるが、ヘンリー・シーセンは、どの時代にもある正典の正典性について疑う者が存在することを指摘している[1]。

ヤムニア会議によって除外されたヘブライ語聖書外典一覧
第三エズラ書
第四エズラ書
トビト記
ユディト記
エステル記補遺
ソロモンの知恵
シラ書(集会の書、ベン・シラの知恵)
バルク書
エレミヤの手紙
ダニエル書補遺
スザンナ
ベルと竜
アザルヤの祈りと三人の若者の賛歌
マナセの祈り
マカバイ記1
マカバイ記2
マカバイ記3
マカバイ記4
詩篇151
ヨブ記補遺
※キリスト教の旧約外典については、エキュメニズムの新共同訳聖書において「旧約聖書続編」にまとめられている。プロテスタントでは外典として除外している。

キャプチャ



カテゴリ:
トランプすごい!と大喜びしている人たちが多く、明日2021年1月20日に緊急放送があったらさらに増えるだろう。だからこそ、支配者の上位や頂点を庶民は知らないといけない。トランプなんか所詮は現場監督とか今話題の演劇の主人公を演じる役者に過ぎない。

あと、この最後に「天皇は別格」と述べられているけど、明治天皇系(李氏朝鮮)ではなく、古代から続く天皇系(本物?どこかにひっそりと住んでいる)のことよね?

スピリチュアルの人たちの言うことを信じるのはまだ難しいけど、いろんなヒントをくれるので情報保管。

フリーメーソンを操るイルミナティ、さらに奥の院のサンヘドリン。
https://ameblo.jp/ktaneda/entry-10448068705.html より

「サンヘドリン」というのは、もともとは、ユダヤ人の最高評議会を指す百葉ですが、いわゆる闇の権力のトップに君臨している存在が、サンヘドリンというコードネームで呼ばれています。これはメーソンの人でも分からないんです。サンヘドリンは別格なんですね。

 サンヘドリンを知っているのは、宗教家ではダライ・ラマ。彼くらいのクラスにならないと分かりません。経済界では、日本だったら日銀のトップになりますと、サンヘドリンのことを教えられます。日銀の株主の40パーセントがロスチャイルド家なんですね。そしてロスチャイルドの通貨保証をやっているのが、サンヘドリンと言われている世界で13人しかいないグループなのです。

 いわゆる「300人委員会」の上位で、「ゴールデン・ダーン」(黄金の夜明け団)と呼ばれる霊能者や宇宙とつながっているチャネラー、魔女軍団がいます。男性も入っています。彼らの正体は宇宙存在のエイリアンで、おおむね8人は西洋人で、あとの5人は世界から選ばれる。極東からは定員が3人とか数が決まっています。来日したことのあるアリゾナ・ワイルダーさんは、イルミナティの儀式では「母なる女神」(マザー・ゴッデス)と呼ばれる女性で、司祭的な役割を果たしてこられたといいます。上と下をつなげる役割のほうの巫女さんなんです。彼女は宇宙存在を実際に見ているし、グレイ(巨大な頭部の異星人)にも会ったし、巨人族とも会っているといいます。

そうしたメンバーたちが世界を動かすにあたっては、神々から啓示を受けて自動書記をするような儀式があるんです。もうこれ以上は、公開できません。あちらの世界に多少顔のきく私にも守秘義務があるからです。

さて前述したように、ルシファーの起源も2通りあります。例えば京都の鞍馬山のサナトクマラは魔王尊と呼ばれているけれども、地球で言えばすばらしい光の存在なんです。西洋でもルシファーは堕天使とかサタンとか言われていますけども、実はルシファーは光明の存在なんですね。秘密結社のイルミナティが信仰対象としています。

その一方で、フリーメーソンで言っているルシファー信仰は、いい悪いぱ別として完璧な選民思想なんです。われわれのグループだけはどんな時代になっても常にワンワールド(世界国家、統一政府)をつくっていくと。

ところが、イルミナティにいきますと、われわれの存在は地球人じゃなくて、宇宙の崇高な生命体が地球に転生してきて、生命進化をつかさどったんだとしている。だから、アヌンナキとか異星人による地球文明創成説は、実はフリーメーソンじゃなくてイルミナティのほうなんです。

イルミナティとフリーメーソンは同じものだと勘違いされるけれども、まるっきり違うんです。ヨーロッパの貴族社会の構成メンバーのほとんどはイルミナティです。フリーメーソンには中世、近代以降の歴史しかない。それ以前の歴史はないんです。アトランティス、レムリアの時代から、イルミナティは存在しましたけれども、フリーメーソンは比較的新しいのです。

フリーメーソンは、中世ヨーロッパの石工軍団からでぎたという歴史がありますが、ずっと調べていきますと、途中で歴史にポッカリ穴があいている。古代のキリストの歴史とか紀元前の歴史とかを調べても「フリーメーソン」という言葉は存在せずに、「イルミナティ」が存在するんですね。

悪者扱いされているフリーメーソンですが、正直申しまして、彼らにはたいした力がない。実際にメーソンを動かしているのは、もっと古い系統のイルミナティです。

イルミナティは、歴史の中では日本の天皇家ともつながりがある。日本の神武以前のフキアエズ王朝ぱイルミナティの組織とつながっているんです。だからイルミナティの秘密を表に出すということは、天皇家の奥の院の話が出ちゃうんです。

イルミナティの優秀な神官、シャーマンの一族は、血族結婚というか、その同族でずっと子供をつくり、種を守っている。そして太陽信仰なのです。神様のご神託、例えばギリシャだったらアポロのご神託がありますが、上からの命令で、宇宙的なスピリチュアルな存在で歴史を全部動かしてきたのがイルミナティなのです。

フリーメーソンは、イルミナティの王族などトップの人たちの神殿をつくったり、下働きをする人たちのことです。現場の作業員みたいな集団なんです。だから石屋というんです。

例えば都知事がサンヘドリンだとします。その下の各担当部署の局長クラスがイルミナティ。その下の課長などがフリーメーソン。現場の作業員だけを見て、いいことをしないと「こいつらは悪だ」と言われているだけです。現場の人間は、だれの命令で動いているのかということです。現場作業員は係長や課長の指導。そして部長、局長。じゃ、局長はだれの命令で動いているかといったら、都知事です。このトミフが命令して全部動かしている(さらにメーソンの下に、友愛団体としてライオンズクラブやロータリークラブなどがありますが、彼らは秘密結社ではありません)。

イルミナティは、もともと貴族とか王族とか、それから天孫降臨の伝説として完全に守っている人たちです。でも、この人たちを動かしているのは、さらにサンヘドリンと言って、太陽から来た太陽族と言われる人たちです。太陽族は13人います。この人たちが宗門会をつくって、一部は途中で蒜虫願人とかも入りましたけれども、ここが命令を出すわけです。それが歴史とともにズレてきてしまった。
 
ロックフェラーやロスチャイルドは、私に言わせたら、彼らはフリーメーソンのトップであったけれども、イルミナティのトップじゃない。元来はイルミナティの下で働いていた金庫番たちです。お金を動かすために彼らに預けた。命令されて動かしているだけなんです。ちなみにロスチャイルドたちは、王様の便所掃除をやることで、金運が向上したのです。

イルミナティは、天文学とか、古代の錬金術とか、神智学とか、そういった宇宙の、アトランティスの、古代の英知を全部結集したものです。これは表に出すことができなくて、地底世界のシャ犬ハラとか宇宙存在とかと全部つながっている。

地球上の宇宙問題はフリーメーソンは担当しておらず、全部イルミナティなんです。イルミナティの場合は、銀河系、太陽系まで全部文化を共有できる人から。その中で、とりあえず地球は太陽系に属しているから、太陽系の運行を管理する代表者のことをオリンポスの一族と言って、その代表がサンヘドリンだと。

だから人口削減計画は、フリーメーソンじゃなくてイルミナティが考えたものです。極端な話、彼らだけを残して、あとの人間はクズだから要らないよと。強烈な選民意識がある。とはいえ、ユダヤ人の選民意識ともまったく違うんです。彼らは「われわれはもともと人間じゃない」と言っています。われわれは光とともにこの地球に戻ってきた、降りてきた存在だと。だから、サナトクマラの伝説とも一致するんです。

では、組織に入っている人たちはどうかというと、名前は言いませんけれども、ほとんど貴族です。何々公とか、何々皇太子とかは全部そうです。人数はフリーメーソンほどいません。それこそ何百人くらいしかいない。その中のさらに十何人が俗にゴールデン・ドーンと言いまして、黄金の扉を開くということで、例えば人間の意識を間いたり、無知の扉を開いたりできる完全な錬金術師です。彼らは洗脳のプロです。催眠術のプロです。会っただけで目の中に自分の意識を入れちゃうことができる。超エスパーの集団なんですね。

なぜイルミナティに選民思想があるかというと、アトランティスのときに彼らの国は減んだんです。戦乱で死んだり、あと地下に潜ったりしました。その原因は、普通の人間と交配したからです。性的な交わりで子供をつくってエネルギーも下がった。

それから、ものの考え方が全然違うんです。やっぱり天才は生まれながらの天才だし、普通の人は普通の人。これで失敗したから、これはもうやめようと。この組織が陰に隠れて、人口削減計画のプランを、今から1万5000年ぐらい前から始めた。

1万何千年の時代をずっとさかのぼっても、戦争がなくなったことはないんです。ずっと戦争でしょう。1万5000年前にイルミナティの種族が、おれたちは混血をしない、種の交わりをして子供をつくらない、淘汰していこうというプラン(最近このプランが変更された)で動いている。フリーメーソンは、ただ現場で協力しているだけ。

近代だけの話じゃなくて、1万何千年前のアトランティスの過ちを絶対犯したくないということで、今も、これからも、彼らが完全に地球に種として残るまで動いていく自動プログラムなんです。
 
逆に言うと、地球をよくするのだったら、フリーメーソンが変わっても全然よくなりません。イルミナティの中のサンヘドリンの人たちがその命令を取り消さないと、変わらない。

でも、この人たちが唯一認めるのが実は日本の天皇陛下です。

ロックフェラーは、総理大臣など相手にしていません。口ツクフェラーから見て、自分よりもあらゆるレベルで上なのは、天皇しかない。「私はもう92歳になったから、次は会えないと思います。われわれはアメリカの代理でやってきました。これからもアメリカの理想を続けていきたいから、天皇様、どうぞこれからもよろしくお願いいたします」。最後に「日本国民とともに」と彼は言ったそうです。


 

カテゴリ:
逮捕リストの画像がないのが残念・・・。

処刑されている「人食い達」の中に平成天皇がいる!!

明治維新は、「人食い達」が日本国を乗っ取った「人食い維新」であり、この日から「日本人」は、巧妙に操られて「血税」を搾取され、子弟たちを「喰ら」われて、今日を迎えているのです!!

表向きは、トランプを代表とする(トールホワイト)Q(Qアノン)と、クリントンを代表とする(レプティリアン)DS(ディープステート)との闘いですが、私には一抹の不安があります。

確か、トランプは2年前に「ユダヤ教徒」に成ったはずです・・・。

イバンカも「ユダヤ教徒」ですから・・・。

後援者のカジノ王であるジェルドン・ハミルトンも「ユダヤ」!!

またトランプは、若き日に「ロスチャイルド」に資金援助を受けて倒産を免れています・・・。

デビッドロスチャイルドと、ジェイロックフェラー4世の名前が無いのも気に成ります。

そして「ユダヤ教」の奥の院に、潜む「サンヘドリン」の存在が不気味です。

この二大勢力が地球上で激突しています!!

トランプを代表とする(トールホワイト)Q(Qアノン)とは、DSを退治しようとしてるトランプのバックの米軍中枢部・米軍情報部NSAやFBI。プーチンもQを支援しています。
Qはキューバの米軍グアンタナモ基地に数万人収容できる巨大刑務所を作っていて、そこに囚人を運ぶための巨大な収容船も作っている。

クリントンを代表とする(レプティリアン)DS(ディープステート)とは、悪魔主義儀式で結束して人類を5億人に削減して世界統一政府の下で奴隷化しようとしているグローバル資本・CIA・モサド・メディア・米軍の一部とそれに操られた各国の政治家や政府のこと。
安倍晋三は、DS(ディープステート)の配下である。

平成天皇、森喜朗、小和恒(雅子父)、貴乃花、前澤友作、カルロスゴーン、松田聖子、モー娘粛清リスト

東京五輪【森喜朗】が粛清リストにある!人身売買【アドレノクロム・子供拷問血液製剤】平成天皇、小和田恒(雅子皇后の父親)貴乃花、前澤友作(元ゾゾータウン)カルロスゴーンなど財界多数!松田聖子、モー娘

東京五輪【森喜朗】が粛清リストにある!

人身売買【アドレノクロム・子供拷問血液製剤】

平成天皇、小和田恒(雅子皇后の父親)貴乃花、前澤友作(元ゾゾータウン)カルロスゴーンなど財界多数!

安倍晋三、松田聖子、創価学会、モー娘、富士フイルム、三菱ケミカル、アマゾン、電通、櫻井俊副社長、櫻井翔など!

逮捕、退陣、処刑の選択がある!


天皇家は明治時代から、三菱財閥と共同で「人身売買」をしています。

日本の女性を騙して、海外に売りさばいているのです。
日本では、年間に14,000人の子供たちが行方不明に成っています。

多くの子供たちの犠牲の上に、胡坐をかいて自分たちは安穏とした生活を送るとは、鬼畜にも落ちる輩です。


QMAPが公表した粛清リスト。
森喜朗、貴乃花、平成天皇、前澤友作(元ゾゾータウン)小和田恒(雅子皇后の父親)
など政界、財界多数… 

記事内の画像より


これが「人食い達」の所業で有り、多くの子供たちが誘拐、虐待、惨殺されています!! 
/関与者…松田聖子、創価学会、富士フイルム、三菱ケミカル、アマゾンなど!富士フイルムが、化粧品、サプリメントを販売したが赤字で困っていたとき、創価学会が手を差し伸べて「アドレノクロム」を販売するようになった。コマーシャルは、松田聖子!!
肌に、しわ、シミ一つない「アドレノクロム」の愛用者であろう・・

残念で仕方ない!!
七生報国であるが・・・。
「人食い」は、支持しない!!


今後も侍医らが体調を管理するが、日常的な運動も健康管理には必須。
仮御所の敷地は手狭で場所の確保が難しく、運動不足になる可能性もあり、散策などで皇居を訪れることが検討されている。

目周辺のアザといえば、「アドレノクロム」が連想されます。
「アドレノクロム」は、恐怖に怯える子どもの血液から抽出されるホルモン「アドレナリン」です。


アドレノクロム = 小児性愛犯罪なので、明仁はペドフィリアではないのか、ということです。

天皇家は明治時代からずっと人身売買しています。
天皇家は明治時代から人身売買で蓄財してきている。


日本女性を騙して、海外に売りさばく犯罪を三菱財閥と共同で行って巨万の富を得ていましたが、子どもを虐殺して得られる「アドレナクロム」の摂取も無関係ではないでしょう。


日本では年間14,000もの子どもが行方不明になっているが、人身売買が今も継続しています。


その犯罪に天皇家が関わっています。
その可能性として、Qアノンの粛清リストに「明仁」が明記されています。
確認してください!!


または、Resignation.info からでも確認できます。
小児性愛犯罪者ペドフィリアの目周辺にはアザができることが確認されています。

王族や法王など、特権階級グループの者どもが多く含まれているのがわかるかと思います。むしろ、特権階級グループが主導している犯罪が小児性愛犯罪ともいえます。
であれば、日本の天皇はどうなのか? ということです。


小児性愛犯罪や悪魔崇拝儀式殺人は、ヨーロッパの王室は昔からやっています。
それも日常茶飯事のように頻繁にやっています。
下の画像は王室メンバーの集合写真ですが、平成天皇だった明仁(アキヒト)も前段の左端にいます。


犯罪者集団とずいぶん仲が良さそうなことで。
オバマもペドフィリアであり悪魔崇拝者です。


明仁は階級が高い悪なのでしょうね?
人身売買や小児性愛犯罪者ペドフィリアを壊滅させる作戦を実行中ですから。
犯罪者は死か生き続けるかを選択できます。

「人食い達」を収容して、キューバの米軍グアンタナモ基地に連行する船です!!
世間的に影響がある大物犯罪人は、逮捕拘束後、処遇を選択できるそうです。
権力を剥奪され、犯罪内容を人々に知られたうえで生き延びる。


犯罪内容は公開せず、名誉を残して死を選ぶ(ロンメル死
キューバの米軍グアンタナモ基地には、巨大な収容施設が完成しています!!
明仁は、前代未聞の生前退位で天皇を辞退しましたよね。


辞めさせられたのでしょう。
また、明仁は自分の命が惜しいようです。


アドレノクロムによる目のアザを世間にさらして、生き延びる選択をしたようです。


多くの子ども達を犠牲にしておきながら、自分は生き延びるという図々しさには驚かされます。


今後、犯罪内容が人々に公開されることになるでしょう。
そして、その中で生き続けていくことになります。
日本人は自国の権力者の真の姿を知り目覚めなければなりません!!
日本人は、天皇家の実態を知ることです!!
長い間、日本人は巨大な欺瞞に騙されてきた。
今こそ目を覚ます時である。
人身売買ビジネスは現在も巨大市場を形成しています。

子どもは、30秒に1人の頻度で売られている。
人身売買される子どもの数は、600万人。


世界の歴史の中で今が一番奴隷の数が多い。
人身売買は、世界で一番成長している犯罪産業。
人身売買の犯罪産業規模は、1500億ドル(16兆円以上)。


被害者である大勢の子供たちのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



このページのトップヘ

見出し画像
×