カテゴリ

カテゴリ:真実動画

1%族がホロコーストの公開打ち合わせ。「30億人くらい殺さないと」「断種だ」「アフリカ人はいらないからWHO使って全員殺そうぜ」

カテゴリ:
実際に「人口爆発による飢餓」を防ぐために地球人口削減計画が話し合われている。アフリカと言えば、あの慈善活動家(ビル・ゲイツ)のワクチン。



講演会でつい本音が出てしまう科学者。焦る司会者。必死に場をまとめようとする科学者たち。「ダボス会議に出席しているような奴らがコロナやワクチンでホロコーストをやっている」「アフリカ人はいらない」「30億人くらいは殺さなければならない」「あなたはヨーロッパ人だからホロコーストの対象外」。科学者たちの証言。
https://centapost.com/news/american-doctor-reveals-how-they-plan-to-reduce-pouplation-1884(リンク切れ?)


ビル・ゲイツはただのアバター。彼は1%族の医療部門担当者というだけ。

https://youtu.be/DMgamzziQMM

「一人っ子政策が必要だ。90%の人間を削減したい」と悪びれもせずに堂々と言う寄生虫1%族。ビルダーバーグはナチス。

o0694081214887810119
人口削減のために、100年ごとに繰り返されるパンデミック。

000
1%族はホロコーストの道具である「マスク」を決して使わない。


日本の正1%族は「ワクチンを打ってはダメです」と遠回しに言い続け、外国のDSと戦っている。





カテゴリ:
これもyoutubeから救助。保存投稿です。終盤、アシスタントの女性(被害にあった子供の母親)が話始めたところで日本語字幕がフリーズしてしまっているのが残念です。どなたかコメントで字幕の協力をお願いいたします。アドレノクロムという単語が出てくる前のようですが、その麻薬的な効果について話しています。







元ユダヤ銀行家ロナルドバーナード氏。陰謀論は事実だった!イルミナティに誘われた男。衝撃の証言 〔日本語字幕〕

カテゴリ:
悪魔崇拝イルミナティと仕事で関わり、悪魔儀式に誘われて、さすがにあんなものを受け付けられずに断わり、その後も生きている・・・。なぜ処刑されないのか?・・・私はもう慣れてきたけど、この人もイルミナティの思惑で工作員として動いている可能性がある。画面の向こうは全て1%族による嘘&演劇&プロレス!薄氷を踏むように気を付けて視聴したい。

しかし、シオン議定書などは読んだ方が良い気がするので、こういう動画に出て来る他人は盲目に信用せずに話の半分くらいを参考にしたい。(今の私の考え)。












日本語全文表示のサイト



遺作映画「自由からファシズムへ」(2006年)。アーロン・ルッソ監督の真実告白。本当の事を言うと暗殺される。ロックフェラーの友達。

カテゴリ:

アーロン・ルッソ監督のインタビュー動画いろいろ。


≪遺作≫ アーロン・ルッソ監督『アメリカ:自由からファシズムへ』2006年、日本未公開。


映画「マトリックス」人間発電所は現実なのでは?特に日本で。あの歌手も俳優もイルミナティ、みんな死んだことになってて生きている。

カテゴリ:
三浦春馬の死は嘘だったらしい、という噂が聞こえてきたけど、「またか」という感じだ。イルミナティは死んだことにされても生きている。大量逮捕や処刑も、本当に殺されるというよりも「現世の引退」なのかもしれない。つまり、出家して別の人生を始めるみたいに、今までの人生を降りて他の道を新たに進むという意味。

00
マトリックスに出て来る人間発電所。人間を家畜化した機械が人間を催眠状態にしたまま生かして、そのエネルギーを電気に変えて利用している。まさにNWOの世界。

しかし、映画とは現実世界をそのままフイルム化したもの、という説を聞いて、納得してしまった。気づかないだけで、本当はこうなのかもしれない。世界は既にこの状態なのでは?

有名人=悪魔崇拝イルミナティたちが突然死や爆破や事故などによって劇的な死に方をすると、世界中が深い悲しみとか怒りに包まれる。戦争やコロナや災害など、ありとあらゆることは自然ではなく人工的に起こされ、その度に99%族からは大量のネガティブなエネルギーが発散される。1%族はなぜそういうことを望むのか?恐らく、悪魔への奉納品としてネガティブな空気をお供えしていたり、人間発電所のように現実的なモノとしてエネルギーを活用しているのだろうな。そうでもなければ、そんな驚かすようなことをわざわざやらない。死後に追悼の商品が売れて儲かるということはあるけれど。

イルミナティは死んだように見せて、実は生きていたりする。世間に顔を出すような有名人は所詮は末端の役者だし、彼らに課された役割「死ぬこと」の事情を知っている本人は知りすぎている者として殺されるのが普通だろう。しかし世の中に悪を蔓延させて貢献したり、ネガティブエネルギーを大量に発散させれば、その有名人はお役御免で自由になれるようだ。その後は普通に99%族に紛れて生きていく。意外と他人は気づかないし。

マリリン・モンローだって生きていた。なんとフリン将軍の母だと言う。ケネディ大統領の不倫相手だったマリリンは、子供まで産んでいた。ヒトラーもピストル自殺したことにして南米に隠蔽されて、子供も作ってドイツやイギリスの首相にまでして安泰に余生を暮らしましたとさ。国籍問わず、歌手や俳優や社長などで亡くなった人たちは、みんな生きてるらしい。まだ元気なら、この戦争が終わったらそのうちニコニコしながら図々しく出て来るだろう。

1%族は99%族をさっさと大量に迷いなくホロコーストするくせに、なぜ用済みの有名人を殺さないのか?「1%族はみんな血族だから」「彼を殺すと、自分の身内の血族が悲しむし無礼だ」みたいなことがあって、何かルールが決まっていると思われる。みんな血族ということは、イルミナティなどの1%族の強みであり、きっとそれ以上に弱みだろう。


結論。
ネガティブな感情は、悪魔崇拝者1%族が何らかの方法で使ったりエネルギーに変えて利用している。だから毎日嫌なことをされても感情をマイナスにせずに、最低でもゼロのままでいるようにコントロールしよう。そうすれば彼らはとても困窮するはず。

1%族はみんな血族。だからよほどの例外でもなければ仲間を殺せない。変死したフリをしてどこかで生きている。全部ウソ、茶番なので、振り回されないようにしよう。


000
人間発電所は日本が最大規模なのでは?だからマトリックスにも日本語がつかわれているんだよ。

 ↓ ↓ ↓ 映画マトリックスについて



ベクシル 2077 日本鎖国(2007年公開)。コロナ劇場そのまんま(笑)。

カテゴリ:
悪魔崇拝イルミナティたちは、隠蔽してバレた時に責められるリスクを無くすために、誰にも聞かれていないのに前もって堂々と予告してから悪事を働く。
例:ビル・ゲイツ、ダン・ブラウン。「感染症が世界をまもなく襲うだろう!」

このアニメ映画は2007年公開。アニメ映画を作る年数も考えると、相当むかしからコロナなど細菌兵器を作って撒く計画を綿密に行ってきたことが良く分かる。

この映画を検索して見ようと思ったら、「お前はこれを見るのか?お前がやってることは監視も記録もしてるぜ!後でヤバくなっても知らないからな!」と悪魔崇拝グローバリスト・イルミナティのgoogleやyoutubeに言われた。
20200821004542-1

なので、別の動画サイトをリンクしておく。
禁止すると増える。それを奴らは知るべきだ(笑)。

21世紀、バイオテクノロジーとロボット産業の急速な発展により人類の寿命は飛躍的に延び、日本は世界の市場を独占し大きくリードした。しかし、同時に様々な危険性も浮かび上がったため、国際連合はこれらの技術に対して厳格な規制をかけようと動き出す。しかし日本はそれに従うことなく、2067年にハイテクを駆使し鎖国状態に突入。外国人は日本に入国できなくなり、その情勢を外から窺い知ることはできなくなった。

それから10年後の2077年。アメリカ合衆国の特殊部隊・SWORDは、「日本の大和重鋼が国際協定を無視したロボット研究を行っている」との情報を掴み、日本への潜入作戦を敢行する。しかし、隊員たちは大和重鋼の攻撃に遭い、レオンとベクシルを除いて全滅してしまった。難を逃れたベクシルはレジスタンスのマリアの許に匿われた。そこでベクシルが目にしたのは、山も街もない荒れ果てた日本の姿だった。マリアはベクシルに、大和重鋼の人体実験によって人々がアンドロイドに改造されたことを語り、彼らの目的がアメリカに向けられていることを知らされる。さらに、レオンが大和重鋼に捕まっていることを知らされたベクシルは、マリアたちレジスタンスと共に、大和重鋼を打倒するため戦いに挑む。

ベクシル 2077 日本鎖国(前半)

ベクシル 2077 日本鎖国(後半)←コロナそっくりのことが後半の冒頭で見れる。


EU発禁映画「美しき緑の星(La Belle Verte 199 仏)」。洗脳から脱し、目覚め、覚醒してしまう可能性があります。ご注意ください(笑)。

カテゴリ:

『美しき緑の星(La Belle Verte 1996 仏)』1h39min 日本語字幕

検索「美しき緑の星」
https://duckduckgo.com/?t=ffcm&q=%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%98%9F&ia=web


映画『美しき緑の星(La Belle Verte 1996 仏)』1h39min監督コリーヌ・セロー Coline Serreau 日本語字幕【あらすじ】この美しき緑の星では貨幣制度がなく、自分の得意で好きなことをそれぞれがして共存共生し、みんなが平和に豊かに暮らしている。彼らの惑星では、地球は本当に危険で野蛮な原始的な星なので誰も行きたがらない。そんななか、主人公の女性宇宙人が名乗りあげます。「わたし行ってもいいわよ!」

【姉妹動画のお知らせ】

[アメリカ最前線の医師たち]による 記者会見('20.7/27)
コロナウイルスはドラックストアで購入できる薬品で治療できる!

ヒドロキシクロロキン(HCQ)新型コロナウイルス(COVID-19)特効薬であることを証言

 https://nico.ms/sm37322777

ビデオの英語のスクリプト全文の日本語翻訳はこちら:
http://blog.livedoor.jp/sagittariun-shinjituwomiru/archives/25811837.html

~~~
ビデオ:朗読版 『アミ 小さな宇宙人』
このビデオの情報はこちらです:
愛すべき子供の宇宙人アミの全3部作 -『アミ 小さな宇宙人』
http://blog.livedoor.jp/sagittariun/archives/23355512.html

このビデオは『アミ 小さな宇宙人』 の朗読です。
優しい声の朗読をビデオに作って下さった方がいましたが削除されてしましました。この本は現在出版されていないようで、中古でも非常に高くなり入手が困難になりつつあるようです。それでこのビデオを紹介することにしました。朗読のビデオを作って下さった方ありがとうございます。

ビデオは 朗読の前編と後編のふたつがあります。

前編:https://nico.ms/sm37069508

後編:https://nico.ms/sm37073028












https://aitree.net/learn-from-the-beautiful-planet/

本作品は、フランス人監督、コリーヌ・セローの作品で、フランスはもとより、EU全土で発禁となっています。

この作品は、観る人によって捉え方が異なるでしょうが、ある人たちにとっては、たんに地球の文明を痛烈に風刺したパロディ映画となり、

また別の人にとっては、現在の地球のシステム、すなわち貨幣制度、現行の政治のあり方、テクノロジー、経済制度そのものに疑問を抱き、それが当たり前だと思い込ませられている洗脳から脱するきっかけとなる可能性があります。

発禁となったのも、後者が原因ではないかと推測されています。

あるいは、「イエス・キリストも宇宙人であり、2000年前に派遣されているが、磔刑にされてしまった」というシーンがあり、これが冒涜に値するのが原因ではないかと推測する向きもあります。

いずれにせよ、このタイミングで覚醒する予定にある人、アセンションを決めた人、ライトワーカーとして地球に派遣されている存在にとっては、大いに意識をゆさぶられる触媒となりうる作品です。



このページのトップヘ

見出し画像
×