カテゴリ

カテゴリ:北朝鮮問題(第二の日本。拉致問題は存在しなかった)

カテゴリ:
北朝鮮のミサイルはなぜ日本に落ちないのか ―国民は両建構造(ヤラセ)に騙されている。
秋嶋亮(旧名・響堂雪乃)

書評
ジミー
5つ星のうち5.0 国境を越えた世界の一元支配者の存在
2019年8月31日に日本でレビュー済み
著者の主張をわかりやすく言えば、昔からよく言われる死の商人の話。戦争を起こし、戦争をしている双方の国に兵器を売って儲ける兵器産業が、世界を影から支配する究極の支配者であるという内容。それを難しく表現してるだけ。漫画で言えば『サイボーグ009』のブラックゴーストが最も近いイメージか。ケムトレイルの存在からしても、世界中の国家を束ねる最高権力が存在することは容易に証明できる。

アメリカは中国の倍以上の予算を軍事費用に注ぎ込む世界一の軍事大国だ。この莫大な予算は世界中のどこの国もかなわない。だが軍事にお金を注ぎ込みすぎて、それに見合うだけのお金を稼げてない破産寸前の国だ。そこでやってることと言えば、他国の政治家を金で釣るか暗殺して傀儡政権にし、独裁体制に変えてそこの国民から資産を略奪することで、アメリカは自国の体裁を保ってきた。

日本に対しても同じようにしてきた。我々が働いて築いた富はみんな奴らに吸い上げられる。その象徴的な代表例がバブル崩壊だった。当然、安倍の背後には日米合同員会という日本の最高権力があり、その背後にはアメリカの軍産複合体という世界の最高権力がある。それが日本のメディアも司法・行政・立法の三権も支配しており、不正選挙や憲法改悪を指示している真犯人でもある。アメリカの兵器産業にとって、日本が独裁国家になったほうが日本国民の資産を略奪する上で都合がよく、その方向に持っていくであろうことは目に見えている。

著者は現在の状況を基に、普通に考えればこうなるであろう未来や日本政府の予定表を生々しく語る。
それは絶望的な未来だが、同時に我々国民が直視しなければならない現実である。考えることをやめて思考停止すれば、その瞬間から兵器産業の資産家に飼い馴らされた家畜と化すだけだ。それは人間として生きようとしている他の人たちに大変な迷惑を掛けるからやめるべきだ。

<本書の中でやや間違ってると思った細かい点>
北朝鮮に対する視点はちょっとズレてると感じた。
「北朝鮮は日本にミサイルを撃ち込むわけない、なぜならアメリカとズブズブの関係だから」「アメリカにとって利用価値がなくなれば、北朝鮮はやがてイラクと同じ運命を辿る」「なぜイラクには攻撃をしかけて北朝鮮には攻撃をしかけないのか、その矛盾を考えればわかる」と著者は豪語するが、アメリカが北朝鮮に手出しできない本当の理由は、北朝鮮は自国が亡くなるくらいなら地球そのものを木端微塵にしようと考えているからであり、それだけの核を持っているからだ。他国に撃ち込む必要すらない。その程度のことに、なぜこんな頭の良さそうな著者は気付かないのか不思議に思った。

知識人が権力に寝返ったのは、出版不況で食べていくことができないからだと著者は語っているが、わかると思うけど知識人(専門家、有識者)と言われる人たちが執筆だけで飯を食ってる訳じゃない。それに、彼らは公益法人の役員に名を連ね、何の仕事もしなくても毎月数十万円のお金を税金からいただいている。そんな買収された人たちだから、原発事故のときがそうだったように、国の命令1つで嘘の情報を垂れ流す。出版不況とかじゃなく、そういう肩書を持った人は最初から国に雇われているのだ。

国が年金の支給開始年齢を引き上げ、定年を延長する事で、新卒者が就職難になるとしている。更に移民の解禁で、高齢者と新卒者と移民が働き口を奪い合うという奇妙奇天烈な説を展開しているが、それはまちがった認識だ。政府が年金の支給開始年齢を引き上げる理由は、今の時代の日本人は被曝していて長く生きないことを統計データから知ってるからだ。要するに、年金を払わずに死んでもらおうと目論んでいる。それどころかチェルノブイリのデータを当てはめると、2017年から労働人口が激減する事は予測されていた。

そしてその通りに2017年から人不足と言い始め(これを好景気の理由付けにしている)、移民政策を打ち出したのだ。高齢者と新卒者と移民が働き口を奪い合うというアホなことは起きないし、それどころか日本人は人口が激減し、新たな労働資源が必要になる。そこで税金で肥えた連中は、収入を維持するために移民政策を必死にやってる訳だが、彼らは海外の労働者を単なる搾取対象としか考えてない事と、もっと労働条件のいい人道的な国が他に幾らでもある事により、移民政策は日本の評判を落とすだけで結果的に上手くいかないだろう。だからこの著者は総てを言い当ててる訳ではない。

総ては安倍政権下で起きてる事だという認識も欠けてるし、原発事故が日本転落のターニング・ポイントになった事には触れないし、何より最も闇の深い不正選挙やケムトレイルの問題にも気付いてない。
この著者の頭の中では、選挙は公正に行われていて、国民が自分で自民党を選んでいる、だから日本人はバカだという論理になっている。それはちがいますよ、と言いたい。かつて自民党の中にいたまともな政治家は、新進党となって自民党と分裂した。分裂したあとの自民党は本当のカスしか残っておらず、そんな政党に投票する奴はよほどの莫迦しかいない。

だから野党が政権を握り、細川内閣が始まったのだ。そのまま行けば自民党は社会党と共にとっくになくなっていた。ところが、公明党が何を血迷ったのか新進党を裏切り、自民党とくっついて不正選挙やメディアをコントロールするノウハウを教え、第一党になろうと企んだ。それが現在の政治腐敗に繋がる大元のきっかけだ。その結果、不正選挙とマスコミ支配という手口を覚えた自民党は手の付けられない怪物に成長し、今では公明党を莫迦にして歯牙にも掛けなくなった。

新進党は民主党に変わり、自民党とマスコミによるネガティブキャンペーンや東京地検による妨害、さらにはアメリカと組んで原発事故のテロまで起こされてしまい、その後の展開は説明するまでもない。
著者は難しい言葉を沢山知ってるだけで、意外と過去の流れを把握しておらず、当てずっぽうだなぁと感じる部分も散見されるから注意が必要だ。
43人のお客様がこれが役に立ったと考えています


ocean and sky
5つ星のうち5.0 愛国者と名のる者ほど読んでほしい
2018年9月18日に日本でレビュー済み
現在の日本に感じる違和感、疑問が、緻密なデータや過去の学者の言葉の引用によって理解でる快感、そして日本がおかれている現状を知ると絶望感もまた大きい。たくさんの人に読んでもらいたい良書
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています


広田修一
5つ星のうち1.0 <日本人のための啓蒙的な本だと思います>
2019年8月24日に日本でレビュー済み
本著者とベンジャミン・フルフォード氏との共著に「植民地化する日本・帝国化する世界」があります。その表紙上の肖像で、フルフォード氏とは異なり秋嶋亮氏は黒いシルエットで表されていたので、この人は胡散臭い人だなという印象を私は持ちました。しかし、本書では本人の正体(顔写真)を表しています。精悍で男の精気が満ちた顔をしています。響堂雪乃の名を捨て正体を表したので、私はこの人の全作品を熟読する意欲を持ちました。秋嶋氏は☆の数を問題としないはずなので、奇矯に☆一つをつけます。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています


カスタマー
5つ星のうち5.0 これまでの歴史や未来を考える上で、思考の背骨を支える一つの書として、読むに越したことのない作品と思います。
2021年3月31日に日本でレビュー済み
これは本当に面白い本でした。北朝鮮問題からこの本にたどり着く人が多くいらっしゃるかと思いますが、この本が扱っているのは、極めて、普遍的な問題で、北朝鮮のミサイルというものを入り口として、世界や社会の構造、仕組み、成り立ちそのものを紐解いていく希有な本です。

秋嶋亮氏は、その他の著作でも極めて高度な分析をしていらっしゃいますが、
この本は大変読みやすく、彼の著作の1冊目としてもベストな本だと思いました。

両権構造という言葉が出てきますが、
この言葉はヤラセというよりも、実は私たちの世界や社会を成り立たせる常套手段として存在してきました。(ベトナム戦争のトンキン湾事件のでっち上げなどもそう。)

そのようなこれまでの歴史や、これからの未来を考えるためにも、自らの思考の背骨を支える一つの書として、読むに越したことのない作品と思います。


レプトン
5つ星のうち5.0 トンデモ本ではない!!
2018年5月30日に日本でレビュー済み
多国籍企業が国家を支配する。ほんの一握りの人々が世界中の国民資産の大部分を独占する。そんな人々が作り上げたアメリカ政府が日本を思うままに簒奪しようとしている。日本の政治家達はその走狗となっている。

モリカケであれ程ボロを出しているのに、日本の総理大臣は全く責任をろうとしない。何故か?あの件は目くらましのスピン(陽動作戦)だ。騒ぎが大きくなればなるほど、その影で本当に重要な法案をこっそりと可決するのには好都合だ。悪役に徹して国民の目を欺いている役者なのだ。日本国民の生命や富を叩き売りしている。種子法廃案、水道業民営化、高プロ法をはじめとする働き方改革、それらの意味をよく考えてみれば、日本政府が狙っている事がよく分かる。

日本の国会に提出される法案の殆どが日米合同委員会で米軍から指示され、日本の官僚によって作成されている。法律のなんたるかも知らないタレント議員、まともな勉強すらした事のない二世三世議員はただ議案を通すだけの仕事しかしていない。

北朝鮮のミサイル問題の裏にある真実を明らかにしようとしている内容。いわゆる陰謀論のトンデモ本ではない。読んで不愉快になる人が多いと思われるが、「良薬は口に苦し」の類です。
62人のお客様がこれが役に立ったと考えています


小谷野ジジ
5つ星のうち5.0 目覚めよ 日本人!
2018年7月1日に日本でレビュー済み
著者は2012年の処女作「独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか?」から、現在この国がいかにグローバリズムに搾取され奴隷化され続けているのか訴え続けている。その主張は一貫してブレがない。つまり、状況はいっこうに良くならず、日本社会はますます破滅の道へと突き進んでいることを意味する。

秋嶋氏の文章は哲学的な要素が多く、知識の乏しい自分には過去の著作は難解な場面も多かった。しかし本書は、編集者との対話形式により、素朴な疑問への明確な回答を示していて理解が進んでゆく。あるいは、自分が彼独特の言論形態や語彙に馴染んできたからなのかもしれない。

Jアラートまで大袈裟に発動し、国民の恐怖心を煽り立てた北朝鮮の「ミサイル発射」だが、日本本土に着弾することはなかった。当日朝から用意周到に公邸で会見している総理を見て「ヤラセじゃねーの?」と疑った人間も多い。しかし“ヤラセ”を論理的に説明出来る者は誰もいなかった。ミサイル発射により政治はどう動いたのか?誰が得をしているのか?背景を見ていけば「ヤラセ」の真実は導き出されるという。

また日本は与党(右)と野党(左)の対立構造に見えるが、なぜこれほどまでの暴政アベ政権は倒れず、国民監視や財産が奪われるような危険法案が次々と強行採決されるのか?継続中のフクシマ問題はなぜ政治の場で語られないのか? 実は議員たちは右と左のイデオロギー対立を装いながら裏では手を携えているという。秋嶋氏はそれを両建構造と定義している。左右対決という単純構造は、大切な問題をひた隠すのに非常に好都合だという。

グローバリズムの観点で俯瞰し、金融の動きを精査しないと本質は見えないというのが秋嶋氏の見解だ。我々が認識している「国家」は幻想であり、社会は企業と資本の単位で動いているというのだ。
過去の著作同様、彼の膨大な文献と知識の集積から導き出された結論は説得力があり、どれひとつ取っても自分に反論する余地は見出されなかった。

いずれにせよ、真実に目をつむって希望のないこの世界でうたかたの楽しみに浸るのか、本書を読んで過酷な現実を知り絶望しながらも知性を保っていくのかは個々の自由だと思う。

故人である友人の著名ブロガーが語っていた。響堂雪乃氏(旧名)は間違いなく現代日本で最も偉大な思想家であると。私も、時代がまともになり日本人が覚醒した時こそ彼が評価される日が来るのだと思う。
50人のお客様がこれが役に立ったと考えています



5つ星のうち3.0 「1984年」の北朝鮮版。
2018年9月22日に日本でレビュー済み
オーウェルの「1984年」は、1949年に出版された。世界が、「グローバリズム」から「インターナショナリズム」へ劇的に変容中である。米中対決は、習近平の誤判断により中国の衰退を早めるだろう。そして、アメリカも投資家も多国籍企業も既に、中国ではしこたま稼いだ。

日本は、敗戦後経済第一主義で成功したが未だ、アメリカの保護国を脱していない。グローバリズムの旗印の下で世界が、極く一部の富裕層と大多数の低所得層に分化したのも事実である。そして今、トランプ大統領により世界の潮流が、インターナショナリズムへと変化しつつある。

この本の構図は、北朝鮮はアメリカの傀儡政権で、アメリカの差配により日本のカネが流れ込みミサイル・核開発を行ったと云うものである。その脅しは日本の支配層に取って統治上、眼眩ましは好都合でありヤラセであるというのである。良くできた話ではあるが、これを裏付ける証拠がない。

衛星による夜の北朝鮮は真っ暗で韓国の煌びやかなそれと対称的となっている。平壌以外は、「李朝時代」と変わらないレベルのようだ。そして、韓国の「近代化」は日本の資金援助によるものであった。
また、日本の改革と称するものは、「新自由主義」思想によるものでありアメリカの直接的命令ではない。

そして、国民支配のためにわざわざ、北朝鮮と云う外部を使う必要性もない。中朝関係より米朝関係が親密化している感があるが、これは単にその時点での地政学的なものである。ましてや核保有国なのだから。日本及び日本人は、朝鮮半島に対しては触らぬ神に祟りなしが本音ではないだろうか。中国も同様であろう。組み立ては、面白いが「ファクト」が欠けている。オーウェルの現代極東地域に於ける焼き直し版であろう。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています


ks18
5つ星のうち5.0 「全てはカネでつながる」
2018年6月12日に日本でレビュー済み
白馬社編集部との対話形式なので読みやすい。「全てはカネでつながる」。北朝鮮の各開発が日本と米国の資金援助で作られたものだ。自民党に有利なタイミングで都合よく発射される北朝鮮のミサイルは、米国を通じて日本政府が要請したものだ。ミサイル発射で国民を脅して福祉・教育政策の資金を減らし、軍備とグローバル企業に資金を回す。米国と日本の支配層にまことに都合の良いミサイル発射なのだ。マスコミや学者の堕落もカネのためだということがよく分かる。この本をマンガにして、普及させると良いと思う。
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています


読むべき。
5つ星のうち5.0 読むべき。
2018年7月21日に日本でレビュー済み
著者の作品は全て読ませて頂いている。やはり、この国につける薬はもうないのだろうか。周囲にこの絶望を話すと陰謀論だの何か宗教入ったの?と言われる始末。この国から移住することは簡単だが逃げてはいけない。著者も述べているように日本国民としてだけでなくマクロレベルで地球人として生きていこう。微力ながらこの腐った体制に働きかけていきたいと思う。
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています


カスタマー
5つ星のうち5.0 「TPP」と「北朝鮮」の関連、これは初めて。
2019年6月10日に日本でレビュー済み
編集部の質問に答えるかたちで進められる。
トランプはTPPからの離脱を表明、日米関係はこれで変わったという指摘もあり、日本が植民地的体制から開放される希望もあるのでは?

『自国ではなく他国を迂回して当初目的を達成すればよいという発想に切り替えた。そもそもTPPは「国家対国家の通商条約」ではなく「国家対資本」の通商条約。すなわち企業にとって触媒となる国家がアメリカだろうがオーストラリアだろうがどっちでもいい。』

ちょっと意味がわからないのですが?

『先にETAに加盟した韓国でISD訴訟が相次いでいる。そこで明らかになったことは、加盟国のいずれかに事業所を構えていれば提訴が可能なことです。だから「TPPは米国を除く11カ国との取り決め」というのは全くの詭弁で、アメリカ企業は第三国を通じてTPPに参加できる。』

つまりTPPによって対日支配を絶対化するためには弾圧的な軍事政府が必要となる。軍事政府を樹立するには理由が必要だ。だからそのために北朝鮮のミサイルが利用されているというわけですね?

『そうだと思う。TPPには「間接収用」が約款に盛り込まれる可能性が高い。そこまで酷いことをすると必ず反米運動が起きる。それに対抗するには暴力政府が必要だということです。』

民主主義が機能しない仕組みが四重五重に出来上がっている・・・ということですね?

『米国務省が毎年発行する「アメリカ外交文書」には、CIAが自民党に数百万ドルの選挙資金を投じてきた事が記されている。これはイタリアのキリスト教民主党が米国によって資金援助された図式と全く同じです。だから日伊両国に正常な複数政党制が根付かなかった事由とは、アメリカ政府による選挙介入と政党操作だとも言えるでしょう。そしてその延長として北のミサイル危機を根拠とする改憲があるということです。』

だから政権批判なんて何の意味もないですよね?

『安倍晋三は歴代の内閣から植民地行政をバトンリレー的に引き継いでいるだけ。民衆は政権交代の全てが偽装であることに未だ気づいていないのです。そしてそれはすでに(アメリカ型の規制緩和万能論をぶち上げた)細川内閣から四半世紀にも及ぶレジームです。だから一時のメディエイターに過ぎない彼らが倒閣されたところで、全く同じ背景を持つ政権が登場し、さらに破壊的な改革を推進するだけのことでしょう。』

本書の内容は、安倍や麻生が窮地に陥るとミサイルが発射されまた、選挙前になると発射される、といった程度以上広範囲に及ぶ。「ある年齢を過ぎて真実を知れば発狂する。」北ミサイルでよくぞここまで、感でいっぱい。著者を知らなかった方タイトルで興味を持った方、発狂寸前の方、購入して損ナシです。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています


なんで今更LINE問題?LINE=Korean CIA。アメリカが日本を封じ込むために韓国という国を作った訳で、それに対抗するため日本が北朝鮮を作った。

カテゴリ:
そういう常識だったのか。初心者なので知らなかった!

なんで今更LINE問題?LINE=KCIA。

ん?なんで今更こんなの騒いでるんでしょう。

ワタスはLINEなんかで個人情報晒す人の気が知れないのですが。良くお誕生日おめでとう~などと、誕生パーティの写真なんかを載せてる人いますが。

トークテキスト・LINE ID・電話番号・メールアドレス・友だち関係・友だちリスト・位置情報・アドレス帳・LINE Profile+(氏名、住所等)、音声通話履歴(通話内容は保存されません)、LINE内サービスの決済履歴 等

なお発表によれば、トークに投稿されたすべての画像と動画は韓国内のサーバーに保管されていることが判明した。

韓国のデータセンターで保管されているデータは以下の通り。

画像・動画・Keep・アルバム・ノート・タイムライン・LINE Payの取引情報

朝日新聞によれば、2012年ごろに「トーク」で画像や動画を扱えるようになってからずっとネイバーのサーバー上に保管されていたという。

同様に「LINE Pay」の取引情報も韓国内のサーバーに置かれていたとしている。

LINEは中国の件とも合わせて、プライバシーポリシーが利用者に伝わっていないとしてその記述を見直すとしている。また韓国に置かれているデータは今年半ば以降に日本国内に移していくとしている。

韓国内のサーバに保管されてることが分かったってあんた。LINEは韓国の会社なんだから当たり前でしょ~。ずっと前から分かり切った話を何を今更蒸し返すのか。


それで総務省がLINEでの行政サービスを停止したとか。って、あんた。LINEで行政サービスもやってたのか。


https://twitter.com/nhk_seikatsu/status/1372752198547824646

no title

そもそも、見るとデジタル庁創設に向けて、LINEがあらゆるデータにアクセスできるように計画を立ててたようです。住民情報(年齢・性別・居住地・家族構成・現病歴・アレルギー)などなど。どんだけ~。

LINE、Yahooが防災デジタル化~デジタル庁創設に向けて自民党デジタル社会推進本部が委員会を開催

外国の企業に日本国民の全データ渡すって頭おかしい。最近の騒ぎは、これに危機を感じた愛国派の反撃じゃないでしょうか。


そもそもLINEってのはKCIAの会社でしょう。KCIA=現、大韓民国国家情報院。KCIAの親分はもちろんアメリカCIAです。


芸能人のLINEの内容がなぜかマスコミからリークされるのは、

KCIA ⇒ CIA ⇒ 電通 ⇒マスコミ

こんなルートじゃないでしょうか。


そもそもアメリカが日本を封じ込むために韓国という国を作った訳で、それに対抗するため日本が北朝鮮を作った訳で。こんなことは常識ですよね。


多分、このニュースからじゃないでしょうかね。

https://twitter.com/asahicom/status/1366118792041025537

no title

このままじゃ日本ヤバイ。これで危機を感じた日本=北朝鮮派の反撃ってところでしょうか。本当にありがとうございますた。



笹原シュンのブログ「北朝鮮の真実シリーズ」
https://shunsasahara.com/archive/category/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE


甘利さんのツイートにめちゃめちゃ苦情が殺到している。99%族の怒り爆発。
 ↓ ↓ ↓
甘利 明
@Akira_Amari
LINEの中国へのデータ流出問題は、従来の懸念が顕在化したものですが、
①持株会社のZホールディングスが合併に際し、リスクの洗い出しをしたお陰で判明したものであり
②法律違反ではないにしても
③企業統治上看過できない問題であり、
他山の石としての警鐘も含め、Zの対処結果を待っている処です。

 ↓ ↓ ↓ 苦情一覧


カテゴリ:
友達の助けを借りて、サンリオの社名の本当の意味を検索中。創業者は山梨出身。世界進出しているキャラクターを持つ悪魔崇拝グローバリスト・イルミナティであり、その仲間との深い関係がある。淡路島、パソナ、電通、yoshiki(CIA)など。

サンリオ→悪魔崇拝者が好きな3+リオ?(私)

サンリオ→三李王?(友達)。

調べた結果の妄想仮説:北朝鮮(≒隠蔽されたもう一つの日本)の三人の王。特に最強の血筋として完成する三人目の王、金正恩を称えるような意味が込められている?

三李王で検索して見つけた資料。全て保管しておく。
1. 山梨の農家が開発した李王(スモモ、プラム)
https://www.kudamononavi.com/zukan/plum/riou?fbclid=IwAR210Z0iXYjqU1p7-jL4O9g8mCnnBwqbDTPxpeWpyMc_0QmfJfphc52IGG0

2. 中国地域の将軍(3つの李と1つの王)
https://translate.google.com/translate?hl=&sl=zh-CN&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fbaike.so.com%2Fdoc%2F6607593-6821380.html&fbclid=IwAR2-aKugBn355wEQre5uTcpYsJZjLXEXA3czVUwmRp01pzzr1Jxp8D6Dhqw

3. ~三島と朝鮮半島の歴史(3)~ 朝鮮皇太子と楽寿園・李王世子賞
https://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn001154.html?fbclid=IwAR0pRF9zD4avOgKooF9iJmIcGYVijAWHyA-3jhfZIqc738QTwFtY3kRLP_M
 最も親密な国だった日本と朝鮮半島は、明治維新後、一変します。欧米諸国に追いつくことを目標とした明治政府は朝鮮半島への侵略・植民地化を押し進めていくのでした。
 明治43年(1910)日韓合併条約により、李氏朝鮮王朝が廃され、朝鮮半島は、日本政府が権力を持つ朝鮮総督府の支配を受けることになったのです。
 この時の李氏朝鮮最後の皇太子が李王世子(皇太子のこと)垠(ぎん)殿下でした。殿下は明治40年(1907)に皇太子に立てられ、日本留学の目的で来日されます。わずか11歳、実質的な人質でした。祖国や父母から離され、以後およそ50年間日本の皇族として生きることになるのです。
「日韓のかけ橋となる」という美名の下に、日本人化の教育が施され、陸軍幼年学校・陸軍大学へ進まれます。大正9年(1920)日本の皇族梨本宮正子姫とご結婚。
 家庭の安らぎを得られますが、翌年誕生された長男を京城(ソウル)に帰国された時に失います。
 死因が判明せず、朝鮮情勢の犠牲者と考えられています。ご夫婦の落胆は大きいものでした。
この年の夏、傷心のお二人は、別邸となっていた現在の楽寿園に滞在、休養をとられています。富士山からの湧水が湧き出る小浜池の水が心地よく、悩みも薄らいでいったようです。
 楽寿園は小松宮彰仁殿下の別邸でしたが宮の薨去後、垠(ぎん)殿下の別邸となったものです。
 殿下が十代の頃はよく三島に見えていたようで、腕白な三島っ子が夏、柵を潜り抜け小浜池に侵入してもニコニコと眺めていて、時には菓子をいただいた子もいたとか。殿下の暖かい人柄が伝えられています。
 また、当時小浜にあった三島高女(現、三島北高)の成績優秀卒業者に大正3年より「李王世子殿下恩賜賞」が贈られていました。これは、殿下が金百円を下賜されたものを基とした賞で、賞品は蒔絵の立派な硯箱でした。(写真)  この硯箱をいただくことは生徒にとって大変な名誉でした。
(広報みしま 平成14年4月1日号掲載記事)

4. リ 【李】 日本姓氏語源辞典
https://name-power.net/fn/%E6%9D%8E.html?fbclid=IwAR1pam58GUJ30M2Hdux_UeirKRaA9O3a_-cG85WDog6j0wJUH66dwfALruY#%E3%83%AA
②コリア(朝鮮・韓国)系。コリア音は南でイ、北でリ。

5. 李氏朝鮮
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E5%90%9B%E4%B8%BB%E4%B8%80%E8%A6%A7?fbclid=IwAR19WoZKM284WDdIDkd6_5xcswT4I7ueUYC-NhUXk81NpSSrV3OIkLuRVn8#%E6%9D%8E%E6%B0%8F%E6%9C%9D%E9%AE%AE
朝鮮民主主義人民共和国(金氏朝鮮)
金日成(1948-1994)
金正日(1994-2011)

8. 笹原シュンのブログ「北朝鮮の真実シリーズ」
https://shunsasahara.com/archive/category/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE


 

北朝鮮のお土産に「キティちゃん」。

カテゴリ:
北朝鮮のお土産に「キティちゃん」。
http://para080.livedoor.biz/archives/51339704.html?fbclid=IwAR0jt3nZbSyEFECs33T-0nP0BeToS8oj7ybleygr4DgjdxgjEda98M4N-NQ
このご時勢・・まぁ色々考えはあるのでしょうが、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)にマスゲームを見に行って人がいまして・・・。有名な、アリラン祭 なのかは、勉強不足でわかりませんが。

写真をくれと言いましたが、まだ整理していないと言われましたので、北朝鮮土産のお菓子をもらいましたので、ネタとして掲載しておきます。ハングルはわかりませんので・・・画像をみて判断してください。

味は、ニコチンの味しかしない気が・・・。5.6年前のお土産と大差ありませんし、風景も変わってなかったといっていましたが。

ここら辺の土産は、普通だと思いますが、もう一つビックリしたモノがありまして。
「リトルツインスターズ」 と 「キティちゃん」。
00000
本物なのかな?良くわかりませんが・・・サンリオならありえる気がするわけで・・ハローキティ。北朝鮮進出!というか、北朝鮮でもキティちゃんは人気ということですかね?


カテゴリ:
北朝鮮の「キティちゃん」無断使用に日本は抗議できない。
 2014年12月25日、タイ・ルーイ県に「キティリゾート」がオープンした。だが「ハローキティ」の著作権を持つ「サンリオ」は、この施設でのキャラクター使用を許諾しておらず、法的対応を検討しているという。

 TBSは今月16日の「ひるおび!」などで、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で「キティちゃん」が使われていると報じた。

 それによれば昨年11月、「朝鮮中央テレビ」の放送の中で「キティちゃん」そっくりの絵がプリントされた子ども用の茶碗・皿・などが紹介された。「サンリオ」は、北朝鮮の企業と契約したことはないという。

 だが北朝鮮が「キティちゃん」を無断で使用しても、日本は容認するしかない。この驚くべき事態を招いた責任は、日本の文部科学省にある。

 2011年12月8日、最高裁判所が北朝鮮の著作物に関する重要な判決を下した。平壌(ピョンヤン)にある「朝鮮映画輸出入社」と北朝鮮映画の日本での配給権を持つ「カナリオ企画」が、北朝鮮映画を無断使用した日本テレビとフジテレビに対し、放送差し止めと損害賠償を求めて提訴。

 日本は1899年に「国際著作権条約(ベルヌ条約)」へ加盟している。原告は、「ベルヌ条約」には北朝鮮も加盟しており、被告には権利義務が発生すると主張した。

 しかし最高裁は、条約の加盟国同士であっても日本が国家として承認していない北朝鮮の著作物に対して保護義務はないとしたのだ。この判決は、文部科学省文化庁が2003年4月に出した見解に沿ったものである。

 最高裁は、北朝鮮への強硬姿勢を続ける政府方針を尊重し、国際条約を軽視した格好だ。

 ところがこの判決により、日本の著作物が保護されない事態が起こる可能性が出てきた。「ベルヌ条約」は相互主義であるため、北朝鮮は日本と同じ措置を取ることができるからだ。

 「キティちゃん」だけでなく、日本の音楽やゲームソフトなどのさまざまな著作物を北朝鮮が無断でコピーし、大量の商品を製造・販売する・・・。そうした事態になっても、何も言えないように日本政府がしてしまったのである。


カテゴリ:
北朝鮮拉致問題は終わらせない。終わらせたら利権が・・・。

国税局→全能神教会→救う会→住吉会→右翼→日本会議→愛媛銀行
https://ameblo.jp/miyukiniaitaiyo328/entry-12650476572.html より



カテゴリ:
篠原常一郎氏の動画は世の中の仕組みをいろいろ教えてくれるのでよく見ているチャンネルの1つだったけど、彼もDSディープステートの工作員なんだと分かった。
DSの工作員が、目覚めた元共産党員がアンチ共産主義&社会主義をうたう人物に成りすまして活動しているだけ。

1.日本の支配者はDS(=悪魔崇拝)朝鮮人一族→北朝鮮の支配者層は親戚。身内で演じる自作自演舞台公演。数十年間。
2.北朝鮮問題は年16億円×数十年間も費用が計上されている→自作自演で妥当な理由を作り、利権を作って税金泥棒、日本人から搾取。
3.その利権のおこぼれに預かろうとする工作員たち→支配者朝鮮人一族または血縁関係はないが貧しい日本人売国奴(自分の利益のためなら国も自国民も売る)。
4.なぜ篠原氏だけに北朝鮮やアメリカの情報筋から情報が入ってくるのか?他の人も言っているけど、支配者層が意図的に流しているだけ。それを喜ぶ愚かな庶民たち。大事なことは絶対に表に出てこない。
5.庶民からいろんな手段で集金し、個人情報を収集し(おそらく庶民にとっては悪用されるだけでデメリットしかない)、その資金は何に使っているのか使途不明。アメリカ総選挙を取材しにアメリカへ行って向こうの庶民の声を届けるなど、明らかに経費がかかるのならまあ少しだけ寄付してもいいかなと思う。篠原氏が関わる人はみなビジネス保守やプロ市民で、少額でも謝礼を受け取って生計をたてているような人がほとんどだ。スタッフも雇っているし、かなり組織的な運営。
6.部屋は汚いしファンからいろいろもらって喜んでいる篠原氏は、そこそこの資産さえ持っていないのかもしれない。そういう人は自分のことがいちばん大事で自分のことで精いっぱい。社会のことなど考えられない。今はトランプの動画でアクセス数が伸びて景気が良いから、北朝鮮問題からアメリカ大統領選に主軸が動いている。
7.動画でたまに怒っているが、あれは本性がばれるのが怖くて追いつめられているからだろう。社会のために活動している人は批判されることも多いが、きりがないので無視するのが普通。何か言われて激怒するのは「ビンゴ!」ということ。それにまともな人は激怒しない。
8.そもそも、危険な組織に狙われているから隠れるようにして生きている、なのに、決まった場所や時間に収録されるラジオなどに出演し、ネットで世界中に繋がっているyoutubeで配信している、という設定に無理がある。ラジオの収録場所で待ってればすぐ捕まるだろ(笑)。危険な組織のプロフェッショナル暗殺部隊をなめている(笑)。つまり、自分も危険な組織と仲間だということ。私は下っ端の実行部隊ではなく黒幕になることに憧れているが、黒幕は表には出ないから黒幕なのだ(笑)。

私が篠原氏への疑問を公開するのは、彼は口先では善人の振りをしているが、裏では小物な悪人のやり方しているからだ。悪魔崇拝者のやり方そのもの。私自身が被害者。口よりも行動を見ていれば本性が分かる。悪のを行動されて、疑いが確信に変わったのだ。

いつかどこかでこういう意見を知り、彼がまた動画で怒り狂ったり慌てて行動して言い訳をしようとも、私はもう関わることはないのでどうでもいい。ああいう人は生まれた環境が悪かったんだろうな、きっと死ぬまで変わらない、期待もしない。

今は動画配信がいちばん儲かるし話題になりやすい。実は思想を誘導するためのグルだったり工作員だったり集金目的で組織で活動しているので、検索サイトduckduckgoでその人を調べ、悪い噂やどんな集団に所属しているのかを先に調べるのがおすすめ。

それに、情報はツイッターが最も早く、その後追いでyoutuberが「緊急速報!」と言い出す。1~2日くらい遅いので、見る必要は無し。


ディープステートの基本的思考(イエスズ会の宣誓)閲覧注意

カテゴリー:北朝鮮問題(自作自演) 悪魔崇拝

トランプもイルミナティ(イルミナティの内部抗争)


カテゴリ:
https://www.gintanfuuran.com/?p=1713より抜粋

いつまで経っても解決されない北朝鮮拉致問題には年間16.6億円もの国家予算が使われています。
『RAPT BLOG』で拉致被害者家族会の正体が暴かれ、拉致問題は親戚同士で茶番をおこなっている国家的詐欺だということが白日の下にさらされました。そして真実を知った『RAPT BLOG』の読者の方々がTwitterで情報拡散している中で また新事実が判明しました。



カテゴリ:
横田基地は横田めぐみ空港だった
https://truejourneyguide.com/archives/116


横田基地は北朝鮮連絡の秘密基地である!
http://alice-rabbit.com/2020/01/21/%E6%A8%AA%E7%94%B0%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E3%81%AF%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E9%80%A3%E7%B5%A1%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%EF%BC%81


 【驚きの情報】横田めぐみは平壌空港⇔横田基地を使って日本に度々
やってきている。横田早紀江はそれを知りながら、悲劇の拉致母親を
演じているとしたら詐欺である。
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-33d68f.html


横田めぐみは横田基地経由で頻繁に日本に来てます!北朝鮮拉致事件は最初から朝鮮人共による詐欺です!
https://ameblo.jp/goodwillparadise/entry-12581995142.html

今だけでなく、昔から社会主義・共産主義・統一世界を狙って
支配者たちが活動し続けているのね。
 ↓
毛利八郎の子である昭和天皇とロスチャイルドの子であるヒトラーが
世界を二分し、昭和天皇をトップとするNWO(世界統一政府)を
作ろうとしましたが、ロックフェラーの反対に合い、表向き、
天皇はただの人に落とされた形になりました。
終戦前、スイス銀行やアルゼンチンに隠した莫大な財産によって
天皇家の権力は温存されました。


権力=芸能界・政界・マフィア・企業・マスコミの塊
https://ynisj.blog.jp/archives/7606198.html





このページのトップヘ

見出し画像
×