カテゴリ:
悪魔崇拝イルミナティたちは、隠蔽してバレた時に責められるリスクを無くすために、誰にも聞かれていないのに前もって堂々と予告してから悪事を働く。
例:ビル・ゲイツ、ダン・ブラウン。「感染症が世界をまもなく襲うだろう!」

このアニメ映画は2007年公開。アニメ映画を作る年数も考えると、相当むかしからコロナなど細菌兵器を作って撒く計画を綿密に行ってきたことが良く分かる。

この映画を検索して見ようと思ったら、「お前はこれを見るのか?お前がやってることは監視も記録もしてるぜ!後でヤバくなっても知らないからな!」と悪魔崇拝グローバリスト・イルミナティのgoogleやyoutubeに言われた。
20200821004542-1

なので、別の動画サイトをリンクしておく。
禁止すると増える。それを奴らは知るべきだ(笑)。

21世紀、バイオテクノロジーとロボット産業の急速な発展により人類の寿命は飛躍的に延び、日本は世界の市場を独占し大きくリードした。しかし、同時に様々な危険性も浮かび上がったため、国際連合はこれらの技術に対して厳格な規制をかけようと動き出す。しかし日本はそれに従うことなく、2067年にハイテクを駆使し鎖国状態に突入。外国人は日本に入国できなくなり、その情勢を外から窺い知ることはできなくなった。

それから10年後の2077年。アメリカ合衆国の特殊部隊・SWORDは、「日本の大和重鋼が国際協定を無視したロボット研究を行っている」との情報を掴み、日本への潜入作戦を敢行する。しかし、隊員たちは大和重鋼の攻撃に遭い、レオンとベクシルを除いて全滅してしまった。難を逃れたベクシルはレジスタンスのマリアの許に匿われた。そこでベクシルが目にしたのは、山も街もない荒れ果てた日本の姿だった。マリアはベクシルに、大和重鋼の人体実験によって人々がアンドロイドに改造されたことを語り、彼らの目的がアメリカに向けられていることを知らされる。さらに、レオンが大和重鋼に捕まっていることを知らされたベクシルは、マリアたちレジスタンスと共に、大和重鋼を打倒するため戦いに挑む。

ベクシル 2077 日本鎖国(前半)

ベクシル 2077 日本鎖国(後半)←コロナそっくりのことが後半の冒頭で見れる。