カテゴリ:


静かなる戦争のための沈黙の兵器

(Silent Weapons for Quiet Wars)

 

 

 

静かなる戦争のための沈黙の兵器

http://www7.plala.or.jp/nsjap/zion/silent_weapon.html

※全文必読

 

<要点>

 

1. 機密保持:奴隷化と計画的大量殺害なしには、世界的規模の社会オートメーション・システム(沈黙の兵器)を論ずることは不可能である。

2. このマニュアルは、非公式な宣戦布告にほかならない。

3. このような文書は、一般人の吟味を避けなければならない。

4. この文書は、「沈黙の兵器」をもって闘われ、細菌戦と酷似した戦争を遂行する「静かなる戦争」と呼ばれる第三次世界大戦の二十五周年を記念して刊行されたものである。

5. 静かなる戦争は、1954年、国際的なエリートによって静かに宣戦布告された。

6. すでにこのドメスティック戦争は世界中の多くの戦線で多くの勝利をあげてきた。

7. 一般人を簿記[数学、経済学、エネルギー科学]の操作方法に無知のままにさせておけば、簿記を操作するものは王者になることができる。

8. 大衆はこの兵器を理解することができず、兵器に攻撃され征服されていることが信じられない。

9. ひとえに、われわれがいかに効果的にメディアをコントロールし、教育を破壊し、実際には少しも重要でないことに大衆の気をそらせるかにかかっている。

10.万一の場合、収支のバランスをとるために、戦争という手段に訴えなければならない。

11.本マニュアルの読者には、沈黙の兵器の必要性を絶対に秘密にしておく理由は、水晶のように明らかである筈だ。

12.これらを実行すれば、彼らの関心が、社会オートメーション・テクノロジーである沈黙の兵器を発見することに向かうのを、あらかじめ取り除くことになる。

13.メディア:成人大衆の関心を真の社会問題からそらさせ、少しも重要でないことに縛りつけよ。

14.学校:成人大衆には、真の数学、真の経済学、真の法律ならびに真の歴史については無知のままにさせよ。

15.娯楽:大衆娯楽は小学校六年の水準以下にとどめ続けよ。

16.労働:大衆を、考える時間もないほど、忙しく、忙しく、ひたすら忙しくさせ続けよ。ほかの動物とともに農場へ戻れ、である。

17.徴兵にあたって、確実に個々人を洗脳しプログラムに組み込むには、家族と同僚グループの双方共を巻き込んで統制化に置かなければならない。

18.それでも息子は戦争に行くだろう、戦争の真の目的がどこにあるかを知らずに。

 

(引用元:http://kaiyohcenter.jp/data4.3.html

 

※日本の一般人に対するテクノロジー犯罪は、日米地位協定(1960)から本格的に開始されたと私は考えています。 静かなる戦争は、1954年、国際的なエリートによって静かに宣戦布告されたそうです。両者の関連は不明ですが、私の勘が働いたのでメモっときます。集団ストーカーの関与勢力が、アイク歓迎実行委員会と類似点があるのも興味深いです。
 

沈黙の兵器とビルダーバーグ会議 

 

『沈黙の兵器』は、ロンドンのタヴィストック人間関係研究所(イギリス心理戦争局の中核施設)によって作成・配布されたテクニカル・マニュアルが流出したものとされていて、人類を完璧なマインドコントロール下に置くための社会オートメーション・システムを指すそうです。


この「静かなる戦争」は既に始まっていて、1954年に国際的なエリートによって宣戦布告されたとしています。1954年といえば、第一回ビルダーバーグ会議が開かれた年。ビルダーバーグ会議とは、毎年1回、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ諸国で影響力を持つ100〜150人が集まり、政治経済や環境問題なども含む多様な国際問題について討議する「国際基本計画幹部会議」で、ロックフェラーのビジネス・パートナーであるオランダのベルンハルト公が、毎年、議長を務め、招待されるのは、国際金融資本、多国籍企業、米国の非課税団体、政府高官に登りつめたエスタブリッシュメント(社会的な権威を持っている階層)の代表者で、そうそうたる世界の実力者が集まるものの、完全非公開で、発言者の記録は一切残されないし、マスコミの取材も許されない、採択された決議についての声明や印刷物も出されないという徹底した秘密会議です。


この『沈黙の兵器』がビルダーバーグ会議と関連しているのかどうか定かではありませんが、この文書も『シオンの議定書』同様、現実と照らし合わせると恐ろしいほど実現化されています。

 

(引用終わり)

 

チャタムハウス、タビストック、ビルダーバーグとくれば、黒い貴族の管轄ですね。

ベンハルト公の祖先はドイツのリッペ家です。

 

静かなる戦争のための沈黙の兵器

https://note.com/zenika/n/n1d3a89b27f4a

 

解説

 

このマニュアル『静かなる戦争のための沈黙の兵器』(Silent Weapons for Quiet Wars)は、ネットに落ちている情報では、1986年7月7日に、ジャンボジェットで有名な、ボーイング航空会社のある従業員が、処分品のIBM系のコンピューターを買ったところ、その中に、このデータが残っていた。ロンドンのタヴィストック人間関係研究所(イギリス心理戦争局の中核施設)によって作成・配布されたテクニカル・マニュアルが流出したものとされていている。

 

(引用終わり)

 

高度電子工学を利用したフラクタル監視システムやテクノロジー犯罪は、『静かなる戦争のための沈黙の兵器』の一部!

 

テクノロジー犯罪はまさに、大英帝国とローマ帝国の両建てから全人類に仕掛けられている沈黙の兵器そのものです。両者(最上層部は婚姻を重ねている)は、争いながらも人類を高度電子工学で管理するという点では合意しているのです。

 

静かなる戦争のための沈黙の兵器

https://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12143287942.html

 
Ⅰ.マインドコントロールテクノロジーを独占支配する者達は、存在します。彼らの技術的支配の構図は次の文書に記述されています。これを知る事がマインドコントロールを知る第一歩であろう。


■「電子工学的科学技術」テクネトロニック・イーラが支配する恐怖の時代

 「テクネトロニック・イーラ」とは、ブレジンスキー(世界権力「三百人委員会」の正式会員、その高級幹部の一人)の著作(極秘文書「沈黙の兵器」の主題を薄めて「彼等」の仲間向けに詳述したもの)の表題である。テクノトロニック(Technotronic)、ではなくて、テクネトロニック(Technetoronic)であること(つまり、エレクトロニックス=電子工学、のE、を含む)に留意しなければならない。

ブレジンスキーの叙述から推測すれば、「テクネトロニック・イーラ(電子工学的科学技術支配の時代)とは、

(1)電子工学的→生物工学的→社会工学的科学技術の発達を上台として、

(2)超エリート世界権力が、全人類を常住不断に瞬時のうちに監視する体系が構築され、

(3)超エリート階級の定めた枠組と計画表から逸脱する人々の動きは一瞬のうちに排除され、

(4)人々は、今日の最高度に発達した飼育施設の中の家畜(牛、鶏、豚、羊、など)の状態(水準と次元、運命)に限りなく近付いてゆき、

(5)そのような絶対専制的奴隷制社会となるが、

(6)それを「彼等」は、「新世界権力」ニュー・ワールド・オーダー、ないし「単一世界政府」ワンワールドガバメント、「一つの世界」などと名付けているようだ。

 「民主主義」「国民主権」「自由」「平等」「平和」「友愛」「普遍的人権」「福祉」「繋栄」…といった目当りの良い美しいことぱにうかうかと踊らされてゆくうちに、いつの間にか『家畜人ヤプー』(沼正三〉の世界に我々全人類が導かれてゆく、と。

 この成り行きは、或る一つの条件さえ存在し続ければ、単なる悪夢ではなくて実際に実現してしまう。

 その条件とは、我々、人類の「無知」である。

                            ・・・「沈黙の兵器」データハウスより引用 
 
(引用終わり)

 

 

 
 
高度電子工学を利用した人間牧場計画
 
 
集団ストーカー被害者になって分かったのは、自宅だけではなく周辺の街並みが丸ごと改造される現実です。また、ターゲットの活動範囲内のお店は次々改造され、先端の監視システムが導入されます。
実は、人体は固有の周波数を有しており、それを元に対人レーダーで自動でターゲットを追尾できます。盗聴器などなくとも、人体に電波を当てるだけで直接音声を読み取れます。
 
思考盗聴システムも特許化されており、実在します。近い未来、スマート家電にも裏の監視システムが組み込まれ、まずは反政治的発言をしただけで、予備危険人物リストに登録される時代が来るでしょう。いずれは、すべての人類がつねに思考を検閲され人工知能により点数化、クラス分けされる時代が来ると思われます。
 
今頃気付いた事実があります。集団ストーカー被害者は、意図的に各都道府県から選ばれており、ターゲットの活動範囲内は、高度電子工学を利用した新世代型の監視ネットワークが構築されます。すべての都道府県の重要地域に、集団ストーカー被害者(人体実験台及び生贄)を配置し、そこに高度電子工学とを利用した監視システムの結界が張られます。
 
そして、日本国内で分かっているだけで2000人以上、恐らくその数倍~数十倍の人間の活動領域に合わせた監視ネットワークを点から線へ、線から面へとつなぎ、蜘蛛の巣の様なフラクタル監視システムを構築しています。いずれ完成される監視網の真のターゲットは、すべての日本人です。すでに、監視システムは大方完成しており、さらに、人々は皆スマートホン(アンテナ、GPS、盗聴器etc...)を持ち歩いています。
 
実は加害勢力も監視されており、秘密を知ったものは処分される運命です。けれど、希望もあります。すでに、多くの人々が沈黙の兵器の存在に勘付き始めています。
 
一般読者に警告します。高度電子工学を利用した監視システムは今なお、急速に拡大しています。恐らく、2020年以降、本格的にすべての日本人をターゲットにし始めるでしょう。今の内にこの事実を共有し、権力者が強要する監視システムにNO!を突き付けましょう。
 
沈黙の兵器は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の本質に迫るヒントです。

 

今回の記事は、1年前の記事を修正したものです。

ついに、2020年になってしまいました。

5Gも始まり、スマートシティの推進、マイナンバーカードの一本化も予定されています。

 

介護・健康保険証、マイナンバーカードと一本化へ     

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54323130R10C20A1EA3000/

※次は免許証と一本化され、チップが入れられるでしょう。

 遺伝子情報や人体の固有周波数まで、一本化され始めたら終わりです。

 

第三次世界大戦の危機も煽られています。当事者たちは本当は、戦争をする気はないといわれています。ですが、第三次世界大戦を起こしたい連中もいるため、油断は出来ません。

 

すでに過去の戦争で、指向性エネルギー兵器や精神工学兵器、小型のハイテクロボットも使用されています。もし戦争の危機が高まれば、これらの技術はさらに開発が進むでしょう。

 

ハイテク対テロ戦争 ロボット兵器(動画)

https://www.youtube.com/watch?v=YFu4MueOPtQ

 

集団ストーカー被害者は、よく操作された昆虫や鳥を見かけます。チップなど埋め込まなくても電磁波だけで、鳥や昆虫は操作できます。私も、肉体の遠隔操作被害にあっています。

 

私はある日、自動販売機でジュースを購入しようとしたら、ハエが現れドローンの様にピタリと止まり、自動販売機のジュース(ガラス越しの見本)の前に停止して1本1本確認した後、消えて行ったという出来事がありました。

 

他にも脳を電磁波で遠隔からロボトミーされたゾンビ化人間(末端工作員にも見られます)が大量生産され、日本国中に配置されています。

人間の視野や聴覚は電磁波で取り出せるため、生きた人間でありながら盗撮機であり盗聴器です。これは、機械を埋め込んでいるわけではありません。電磁波だけで可能なのです。

 

高度に暗号化された(2周波レーダーや周波数ホッピングなど)電磁波兵器が、

日本国民にすでに向けられています。

 

「大衆はこの兵器を理解することができず、兵器に攻撃され征服されていることが信じられない。」

 

皆さんにはまだ信じられないかもしれませんが、すでに、日本国民を遠隔から電子洗脳するためのインフラは完成しています。

 

福島原発事故の復旧も、意図的に遅らせています。電磁波だけでなく、放射線も沈黙の兵器として利用されています。日本は今まさに、静かなる戦争を仕掛けられている最中なのです。

 

引用元:https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html

 

 

補足資料

 

イルミナティの本当の行動計画書

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-69.html

 

沈黙の兵器(動画) ※内容は同じです

https://www.youtube.com/watch?v=MfRdl_P232k&list=PLuQAEC5eSiye-bLqZt3RdngMNWdXkbMCw