カテゴリ:

sokkuri検索「松本人志」
結果に政治家や世界的な有名人が表示される人は、それなりの高い地位の生まれであると想像中。有名人や偉人は、1%族や工作員。

100

101

102

103

7aa35ecb
やはりこれがいちばん似ている(笑)。

ba02cd55-s
浜田雅功(笑)。

 キャプチャ4

1 (2)
ツイッターのアイコンは変更しているのに、ヘッダーは空白(グレー)のままなのはおかしい。自意識過剰な芸能人なら、ヘッダーこそ表現の場そのものであるはず。


→99%族は松ちゃんをこんな目で見ているのか(笑)。もう表舞台から引っ込めた方がいいのでは?

→悪魔崇拝yahoo(=google)は、毎度おなじみ情報操作、隠蔽、プロパガンダ。正しい情報は見つけられない仕組みになっている。

そして・・・。
o0650025213079333828
松本人志、髪を伸ばす宣言。坊主になってから16年も経っていたなんて。(2014年)

110

112
→耳の形がバラバラ・・・ここまで一致しない人物も珍しい。「ダウンタウン松本人志」という壮大な洗脳用アバターとして、影武者やクローンやゴムマスクで長年運用しているのでは?

114
→耳や鼻の形も違うし、顔も微妙にそれぞれ違うし、首の中央にゴムマスクの境目がある?(妄想です(笑))

116
→首の線が気になる・・・。

115
→ゴム人間(妄想です(笑))

119

118
117
→ついにゴムマスクの縦方向の境目を確認!スクープだ。(妄想です(笑))

119
→参考:小池百合子都知事。これは事実です。

115
→うっすら見える首の境目をジロジロ・・・。胸筋もゴムの可能性?松本人志は「芸人は筋肉なんてつけるもんじゃない」と若い頃言っていたらしいが、結婚してからは急に筋肉をつけ始めた。中の人を筋肉ムキムキ野郎がやることになったのか?筋肉を世間に普及させようとしているのだろう。西川貴教(T.M.Revolution)といい、悪魔崇拝イルミナティが筋肉を流行らせようとする理由を知りたい。


松本人志の「引退宣言」で浜田雅功、さんまも?…世代交代に弾みか。(2021年9月8日)
「僕はいいんです。もう数年で辞めるんで。本当に本当に。数年で辞めるよ」。『ダウンタウン』の松本人志が、9月5日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で自身の引退時期について“あと数年”と宣言した。

間違いなく、現代のお笑い界を作り上げた松本。彼に憧れてお笑いの世界に入った芸人は数知れず、逆に『ダウンタウン』に憧れている人間が多すぎて、あえて“憧れている”と口に出さない芸人もいるほどだ。松本流のジョーク、ととらえるほうがいいのだろう。過去にも松本は何度も「引退」をほのめかしてきたが、結果的にそれはうやむやになった。

しかし、近年の発言のなかには「どこで有終の美を迎えるか」を考えているのではないかと感じさせる発言があったのも事実だ。「あと数年ということは、還暦での引退を考えているのかもしれません。万一にもそうなれば、松本さんはレギュラー番組が多いので、テレビ局は非常に大きな打撃を受けるでしょう。

関係者によると松本さんは年収数億円クラスということです。不祥事を起こしたわけでもなく、引退するとなれば、吉本の上層部は必死に止めるでしょうね」(テレビ局関係者)。過去に『松本家の休日』(朝日放送)でたむらけんじが松本に「最高“月収”10億円でしょ」と聞くと「ないない」と笑いながらトーン弱めに否定。蛍原徹が「ちゃんと否定してくださいよ!」とつっこんだことがあった。

もちろん相方の浜田雅功も、松本に負けないほどのレギュラー番組を持っているため、同等に稼いでいると思われる。松本がもし引退しても、浜田は司会の仕事が多いため、一人でも十分仕事があるはずだ。「浜田さんはコンビ愛が強い。過去にも松本さんが“漫才をやる”と言ったら“やるよ”と発言するなど、コンビの方針については松本さんに委ねている。それだけに、松本さんが本当に引退したら、浜田さんも引退すると言い出しかねない。そうなることを考えると、余計に吉本は松本さんを止めるでしょうね…」(スポーツ紙記者)。

一方、『ダウンタウン』の先輩である明石家さんまは過去に“60歳で引退する”と宣言したが、66歳の現在も精力的に活動している。人は60歳という節目で区切りをつけたくなるものなのかもしれない。さんまは過去に爆笑問題の太田光に「60歳で辞めたらかっこよすぎる。もっと落ちていくところを見せて」と言われ、いまだに引退せずにいることを明かした。前言撤回はファンにとってはうれしいだろう。

テレビ局が中学生以上50歳未満の“コア視聴率”を重視する中でも看板番組をもつさんまや『ダウンタウン』は、いまだに十分通用しているということになる。やはり引退するにはもったいないと感じざるを得ない。「もし松本さんが引退したら、60歳で引退すると過去に宣言したさんまさんも“そろそろ俺も…”となりかねない。そうなると寂しい気持ちはありますが、一方で若手や中堅からすると、ベテランがこれほどテレビ界を牛耳っているなか、世代交代のチャンスと考えている人も中にはいるでしょう」(前出・テレビ局関係者)。

もしかしたら、松本は「テレビ以外での活動」も視野に入れているのかもしれない。ツイッターでは松本のフォロワー数は822万人で、日本ではトップクラスだ。仮にテレビ界から引退しても、自身でユーチューブでも始めれば、今以上に稼げる可能性を秘めている。ちなみに、登録者数191万人の格闘家ユーチューバー・朝倉未来は“月収1億円”を公言している。

もちろん、吉本の先輩である島田紳助さんや上岡龍太郎さんのように、テレビだけでなく芸能活動そのものを辞めてしまうことも考えられる。ただ、過去の著書で『結婚しない、子供が嫌い、芸人に筋肉はいらない、映画は撮らない』と書き、数々の前言撤回をしてきた松本。今回の引退宣言も、ぜひ撤回して欲しいと思うファンは多いのではないだろうか…。
→昔から「引退するする詐欺」を続けているらしいけど、いつゴム人間と発覚してもいいように、何かと理由になりそうな情報を提供してリスク回避しているのではないだろうか?「病気で入院」の小池百合子東京都知事も、「そろそろ人物そのものを幕引きさせるらしい」との噂だし。

松ちゃんはワクチン接種したのに、コロナには感染していない。コロナに感染した、持病が悪化、ストレスで休養、などどんな脚本で存在をフェードアウトするのかに興味がある。


松本人志の『遺書』今とは内容の矛盾も。本人が変わっても名著であり続ける理由。1994年に出版され、約250万部を売り上げた松本人志の『遺書』。ところが、「映画はとらない」など現在の松本人志と一部矛盾する発言も。記事では、『遺書』で松本人志が語った言動の現在との不一致を紹介。
https://talent-dictionary.com/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%BF%97/a/52312
→そのうち殺される、またはキャラクターだけ奪われて自分は別の人間として生きていくことを知っていたのでは?「ここに書いていないことを俺がやり始めたら、そいつは本物の松本人志ではない」というダイイングメッセージ?


松本人志 ロシアのスパイ説(水曜日のダウンタウン)