カテゴリ:
1年以上こんな状況が続いていて、あちらこちらでいろんな人が「これは計画なんだよ」と言い続けても未だに興味も持たずまるで他人事のように人任せな庶民。支配者たちが軽蔑するのは当たり前だし、私も正直軽蔑している。のんきなものだ。

そしてこの記事を読んだ海外の人たちがコメントをしているが、神がどうのこうのと、完全に宗教に洗脳された考え方をしている。神がいる限り、争いはなくならない。それを理解できない限り平和は来ない。悪魔崇拝だって単なる宗教の1つであって、彼らから見れば他の宗教の方が恐ろしくて異常なはず。


リークされたフランス政府の文書。新世界秩序NWOの構築のためのグレートリセット計画。(2020年11月20日 by Cesare Sacchetti)
https://lacrunadellago.net/2020/11/20/a-leaked-french-governmental-document-confirms-the-great-reset-planned-by-the-new-world-order/?l0ang=en

フランス政府の内部リークされた文書は、以前の記事ですでに触れた「グレート・リセット」として知られるグローバリストの計画を完全に裏付けている。

最も驚くべきことは、この文書の内容が、Redditに公開されたメールの中で、今後数ヶ月間のグローバリスト幹部の計画を予想していたカナダのリベラル政党の内部告発者が行った暴露と完全に一致していることだ。

今回の情報は電子メールではなく、次の月や週のコロナウイルスの段階が説明されている進行表で、最終的にグローバルリセットが実現するまでのものである。The Associated French Pressなどいくつかの主流メディアは、文書は本物ではない、フランスの公的機関のどの情報源なのかはっきり分からないと主張した。

スケジュールの見出しには、フランス政府が昨年9月にエマニュエル・マクロン氏が署名した大統領令で創設した公的機関である「企画高等委員会」について触れられており、そのトップにフランソワ・バイルー氏が任命されている。バイルーは2017年まで元法務大臣を務めていたが、EUの公的資金横領事件に関与したことを理由に辞任した。どうやらマクロンは、一種の「補償」としてバイルーにこの任務を与えていたようだ。

企画高等委員は、人口統計学、環境、文化分野など、いくつかの問題における調整の一般的なタスクを持っている。この機関は、政治計画の実行においてフランス政府を支援する調整室のようなものである。今回、この企画高等委員は、次の月に従うべきコロナウイルス危機の全体のスケジュールを受け取っていた。

11月には、いくつかの軽いロックダウンが言及されており、それはすでにいくつかのヨーロッパ諸国で起こっている。例えばドイツでは、公的機関は完全なロックダウンを許可しなかった。スペインも部分的なロックダウンで同様の方向性を辿っている。フランスは昨年春に実施されたように、より厳しいロックダウンを実施することを選択した。

しかし、12月には次の段階の計画が始まる。文書では、Covid-19のケースが増加すると予測しており、これをきっかけにフランスと他のヨーロッパの国々で、より厳しい措置を実施することになるだろう。このシナリオは、カナダの内部告発者が明らかにしたことと完全に一致している。

コロナ患者の増加は、コロナウイルスの検査が増加したことによる自然な結果である可能性が高い。公的機関はすでに検査結果のスピードを上げるために新しい綿棒検査の実験を行っているが、これらの診断の有効性は、すでに大量の偽陽性を出していた従来の綿棒検査よりもさらに信頼性が低いように思われる。確かにこの検査はより速く、より簡単にできるようになっているが、カナダのインサイダーとフランスの文書の両方で言及されている症例の増加につながる可能性がある。したがって、この新しいテストが今導入されたのは偶然ではないかもしれない。しかし、新たな患者増加の波は、2021年に計画されている次のフェーズへの道を開くことになるだろう。

グローバリストの幹部たちは、このスケジュールを世界各国の政府に配布し、その結果、世界の首相や大統領たちは、受け取った指示を実行しているに過ぎない。流出した文書の信憑性に疑問がある場合は、公式のものを読むと参考になるかもしれない。米国ですでに詐欺罪で判決を受けている製薬会社アストラゼネカと、この薬を受け取るであろう国々との間の流通ワクチンの契約書には、パンデミックが2021年7月を超えず、来年の夏までには終わると明記されている。

新たな波が起こるのと同じ時期に、政府はコロナの施設、すなわち、検査を拒否した人々が意志に反して強制送還される強制収容所を建設する任務を負うことになるだろう。これは世界のいくつかの国ですでに起きていることなので、突飛な「陰謀論」ではない。ニュージーランドでは、ジャシンダ・アーダーン首相が、コロナの検査を拒否した人々は、本人の同意なしにこれらの施設に滞在しなければならないと発言している。そのため、政府はすでに、健康省の命令に屈しない人々を監禁するために、これらの構造物の建設に着手している。

これらの収容所の準備が整うと、いわゆる第三段階が始まる。

2021年には、ウイルスが突然変異し、新しいコロナウイルスのバージョン、すなわちCOVID-21が誕生することがすでに予想されている。もしこの情報に懐疑的な見方があるならば、グローバリスト連中が金を出している主流メディアが何を言っているのかを読むのは参考になるだろう。フィナンシャル・タイムズ紙は、最近の記事の一つで、新たに入ってくるウイルスについて明示的に語っている。メディアのテロリスト装置は、この突然変異を利用して、疑惑のあるものであれ本当のものであれ、この瞬間までに見られたものよりもさらに大きなパニックとヒステリーの波をまき散らすだろう。

コロナ作戦の第三段階:経済崩壊と国外追放
何よりも、世界の支配者たちは、人類を史上最大の経済危機に引きずり込もうとしている。この巨大な経済の激変は、世界の需要に大規模な穴を作るだろう。その時点で、食品のサプライチェーンは崩壊するだろう。倒産や経済破綻は壊滅的で前例のないものになるだろう。失業率はかつてないほどのピークに達し、人々は必要不可欠な食糧資源の確保に問題を抱えることになるだろう。フランス政府サイトの投稿履歴では、この段階を説明し、社会の完全な崩壊につながる多くの暴動が起こることを予想している。

次のステップは、軍国主義化という選択肢である。戒厳令は、事前に計画された世界飢饉による大規模な反乱や暴動を鎮める唯一の方法である。それは戦争のシナリオであるが、世界規模のものである。

大きく不安定にすることは、1995年にデビッド・ロックフェラーが国連の前で言ったように物事を大きく進める。この危機は、人類を新世界秩序へと導く無秩序を作り出すために、厳密に設計されたものである。

一旦、大衆が仕事を失い、生き残るための最低限必要な資源を失うと、彼らには選択の機会が与えられる:ベーシックインカムを受け取ることである。イタリアでは、五つ星運動FSMの創始者であるベッペ・グリッロが、このテーマについて再び語っている。FSMは、ローマクラブやビルダーバーググループのようなグローバリズムの主要な目標の一つのマウスピースとなっている。

グローバリストは、資本主義経済で知られているように、人類を完全な産業空洞化と労働廃止に引きずり込もうとしている。労働廃止は、基本的に個人の独立性を奪うことになる。普遍的な小銭を受け入れる者だけが生き残るための条件になるだろう。

グローバリストの計画は、カナダの情報屋が暴露している。私有財産の借金漬けになった大衆は、この基本的な収入を得るために、私有財産を放棄するように要求されるだろう。私有財産の終焉が究極の目標の一つとなる。世界的な独裁体制では、私有財産という概念がもはや存在しないような集団主義社会が生まれるだろう。2021年の夏に配布されるはずのベーシックインカムと強制ワクチンを大衆が拒否すれば、彼らはグローバリズムの条件が揃うまで隔離収容所に収容されることになるだろう。

悪魔のような超人的イデオロギーとしてのグローバリズムの正体
それは、自由意志の居場所のないグローバリズムのイデオロギーの最終的な外形化だ。そこにあるのは、完全な服従だけ。この哲学の本質は、まさに悪魔的なものである。この計画は、人類を破壊し、私たちを何の権利もなく、精神的な感覚もない「家畜」にすることを目的としている。それは、人間を自由意志と霊的感覚に恵まれた存在と見なし、世界的な全体主義に代表される悪への盲目的な服従を拒否するように導くキリスト教の宗教のアンチテーゼだ。

世界的なエリートの代表者たちは、この計画を公然と語っている。

ダボス会議のメンバーであるクラウス・シュワブは最近、グレート・リセットについて、マイクロチップの脳移植によって完全なマインド・コントロールに到達することができる「第四次産業革命」として言及している。SFのように思えるかもしれないが、この技術はすでに計画されている。先日、イタリアの公共テレビで紹介された映像では、豚の脳にマイクロチップが埋め込まれている様子が映し出されていた。この技術によって、動物の意志を操作することが可能になっている。これが新世界秩序が考えていることだが、人類は同じ道をたどることになる。

フリーメイソンは人類を「役立たずの食い物」の塊と見なしている。人類を深く軽蔑し 奴隷化しようとするイデオロギーだ。グレート・リセットの目的は、NWOの最終段階への道を開くこと。技術は人間のアイデンティティを奪い、機械と人間の間の雑種となるだろう。このトランスヒューマニズムの哲学は、悪魔や密教的なイデオロギーと深く絡み合っており、神の創造物を破壊することを目的としている。

今、その計画は完全に露見している。そこには「陰謀」はない。何十年か前に何人かの独立したジャーナリストや研究者によって勇気を持って述べられたことが、今行われているのだ。

トランプ氏は、世界と新世界秩序の間に立っている最後の壁です。
ドナルド・トランプ。グローバリストたちの頭の中では決して米国の大統領になるはずのない男である。

グローバリストは、大統領を転覆させるために、アメリカの、そしておそらく世界の歴史の中で最大の選挙不正を組織化した。しかし、トランプ氏は、この破壊的な計画を十分に認識しており、新たなDSディープステートの反発に対応する準備ができています。2018年に彼が署名した執行命令は、トランプ氏が国家緊急事態を宣言し、この不正行為に関与した共謀者を逮捕する権限を与えることで、選挙クーデターを打倒するための舞台を用意していたことを証明している。

グレート・リセットは、アメリカの直接参加によってしか起こせなかった。これがグローバリストがジョー・バイデンをホワイトハウスに望んでいる理由だ。バイデンは、アメリカをNWOに引き渡すディープステートの手中にある操り人形の大統領になるだろう。

アメリカがグローバリスト大国である中国に恐喝された腐敗した民主党の政治家の手に落ちれば、グローバリストの陰謀は、中国、EU、アメリカへと、プーチンがいるロシア以外には何の障害もなく広がるだろう。

全人類を奴隷化するグレート・リセットにより、超世界政府が当然出来上がるではずだ。しかし、トランプ氏は選挙不正の証拠を大量に集め、最終決戦に臨む。大統領が法廷闘争に成功するかどうかは、まだ1ヶ月ある。アメリカはグローバリストの手に落ちるのか、それとも1950年にウィンストン・チャーチルが望んだ世界統一政府を作るこの計画を完全放棄するのかが分かるだろう。アメリカがグローバリストから手を引けば、この計画は決して成功しない。グローバリストが世界的な独裁体制を構築するためには、アメリカの超大国が必要なのだ。

2020年の秋は、トランプ大統領にとって最も重要で決定的な瞬間を迎えようとしている。世界は、それが絶対的な専制政治の空の下で目を覚ますか、最終的に日の光を再び見ることができるかどうかをすぐに知ることになる。
5bf371b9

高等計画委員会の計画(Programme du Haut Commissariat au Plan)
2020年11月
軽い封じ込め(Confinement lèger)

2021年1月から
継続的に交通規制を段階的に実施(mise en place progressive des restrictions de circulation sur une base continue)

2020 年12月〜2021年1月
陽性症例の増加(Augumentation des cas positifs)

2021年1月から
各地域および県における隔離施設(キャンプ)の取得(または建設)の加速(Accélération d'acquisition(ou construction) d'installations d'isolement(Camp)dans chaque région et département)

2021年1月〜2021年3月
完璧および完全な封じ込め
(1番目と2番目の制限期間よりもはるかに厳しい(Confinement complet et Total(beaucoup plus strict que la 1ère et 2ème phrase de restriction)

2021年1月~ 2021年3月
失業プログラムの改革と拡大-ユニバーサル・インカム・プログラム(普遍給料プログラム)に向けて(Rèforme et extension du progranne de chômage - vers le programme de revenu universel)

2021年2月〜2021年10月
二次ウイルスCovid-21によるCovid-19の予測される変異(Mutation projetée du Covid-19 avec un virus secondaire Covid-21)

2021年1月~ 2021年6月
Covid-19およびCovid-21の場合の受信容量の超過(Depassement des capacités d'acceuil des cas Covud-19 et Covid-21)

2021年4月~ 2021年6月
経済の不安定性-予測されるサプライ・チェーンの混乱-在庫不足(Instabilité économique - Ruptures projetées de la chaine d'approvisionnement - pénuries de stocks)

2021年4月~ 2021年7月
新しい制限-3番目の封じ込め(Nouvelles restrictions - 3ème Confinement)

2021年4月~ 2021年10月
ユニバーサル・ベーシック・インカム・プログラムの確立(Mise en place du programme de revenu de base universel)

2021年7月~ 2021年10月
移動制御のための軍人の配置(Déploiement des militaires pour contrôles des déplacements)

(翻訳をお借りしたサイト)
http://hanakosakamoto33.blog.jp/archives/7669672.html#more


海外のコメント
・良い読み物だが、「トランプ氏が壁になっている」には同意できない。彼と彼の家族は全員ユダヤ教に改宗しており、シオニストの乗っ取りに非常に加担している。

・トランプはシオニストではないと思います。彼が中東でやっていることを見てください。米軍を撤退させることで、彼はイスラエルを国境を越えて拡大するために必要な軍事力を持たないままにしている。イスラエル政府は、選挙工作によるバイデンの勝利を認めた最初の外国の指導者の一人であり、偶然ではありません。イスラエルはトランプに満足していません。

・あなたが間違っていることを願っていますが、私はこれがすべて真実であることを知っています。もっと多くの羊たちが目を覚まして、脅威に気づくことを願うばかりです。ノストラダムスが何世紀も前に複数のクエトラインを書いているが、この展開を見るのは刺激的であり地獄のように怖いです。

・イスラエルはトランプ大統領に不満ではない! あなたはひどく誤った情報を持っている! イスラエルはバイデンとトランプに対して巨大な抗議をしていた。イスラエルの歴史上、建物、Seckel、または土地にトランプの名前が付けられたことはありません。シオニストに対してコメントをする人は誰でも反ユダヤ主義者です。イスラエルは終末の時代に自立することになっているので、神はイスラエルを守る力を示し、すべての栄光を得ることができるのです。神は、トランプでさえも、誰にも栄光を与えないでしょう。予言は神が言われた通りに成就しているのです。聖書を読んでください。

・第一に、イスラエル政府は、架空の大統領バイデンを認めた最初の国際的な幹部の中にいた。第二に、シオニズムとユダヤ教は別物である。保守的なユダヤ人の中には、全くシオニストではない人もいます。したがって、シオニズムに対する批判者が反ユダヤ主義者であると言うのは誤りであり、誤解を招くことになります。

・神は私たち全員を助けてくださいます 神の名と霊に3人以上が集まるところに、神はそこにいます!

・その通り。トランプはシオニストではなく、他の人たちと一緒にこの犯罪的なディープステートと戦っているのでしょう。 あなたはシオニストが誰なのか分かるのですか?コンテはイエズス会のフリーメーソンと関係があると思います。とにかく私たちはトランプ側です。

・あなたはその聖句の使い方を間違っています。マタイ18章は教会の規律について書かれています。その章を研究してください。私たちは神の憐れみと早く来るように祈ることはできますが、神が預言されていることを変えることはできません。

・これはシオニストの計画なのか?それは信じられない。でも、もしそうなら... あなたは人間化されるの?お前の計画は?私は丘に向かっている。可能なら捕まえてくれ。頭を低くしていてくれ。赤ん坊や子供の飢餓を目の当たりにして、膝の上では生きられないからな。私のような弱った年寄りに対する飼育員の残忍さ。私は70年以上生きてきた......自由なんだ........なぜ今、変わるのか。
     
・アメリカ、イスラエル、サウジアラビア 対グローバリストです。神対サタン。グローバリズムではないナショナリズム。

・トランプが勝つことを願うばかりだ...彼に反対する者は、人類に対する罪で全員吊るし上げられるべきだ。

・素晴らしい、しかし警戒すべき記事です。
   
・我々が仕えるのは最高の神のみ。見えるものと見えないものの創造主である。彼はアルファでありオメガであり創造されたものの最高支配者である。彼は全能であり、全知全能であり、全知全能である。彼の中で、そして彼を通して、私たちは自由を得ています。

・素晴らしい文書だ。絶対に非常に恐ろしい。私は信じています。なぜ人々は何が起こっているのか気づかないのでしょうか?世界中の膨大な数の人々が、この詐欺とすべての嘘に完全に騙されています。とても悲しいと同時に、恐ろしいことです。私たちは、これからどうすればいいのでしょうか?人類は完全に絶望的なのか?? 専制的な世界の奴隷にはなりたくない。
   
・それはあなたの頭の中を包み込むことはたくさんあります、そして、はい、少しSF的に聞こえるが、私はそれが起こるかもしれない、または起こらないとは言えない。
       
・これは陰謀論ではありません。これは聖書に書かれている通り、絶対に実現するのです。そうしなければならない、神はそうなると言っています。お金のないシステムを持つNWOが存在するでしょう。これは人類の終わりの始まりとなるでしょう。私たちは精神的に、そしてもっと重要なことに、霊的に準備する必要があります。NWOの後には、7-7年の期間があり、「苦難」の期間として知られています。多くのクリスチャンは、旧約聖書と新約聖書で特徴づけられている神の性質に基づいて、神は常にご自身の怒りの前にご自身の民を排除されているという点で、この期間は見られないと信じています。神は、昨日も今日も永遠に同じであると言われています。主の御言葉は確かなものであり、変わることのないものです。さて、この期間が、これをもたらす猛攻の印となるかどうかは、誰にも分かりません。これは、世界的なクーデターに向かう予備的な実験場になるかもしれません。第一段階の最終段階です。
    
・反キリストのための準備は整っています

・NZの首相が拘置所について話している映像を見ました。ある家族がここから逃れてきて ナチスから逃げるユダヤ人のように国中で追い詰められました。

・このことと、彼らがエルサレムのシオン山で任命するNWOの王に関連する聖書の文章をどのように見つけることができるでしょうか?
       
・聖書のダニエル書を読んでください。第9章と12章を介して。学習用のバイブルで全書を読んでみてください。ヨハネの黙示録第13章には、反キリストと獣のシステムについて書かれています。この記事の中には、反キリストがローマから出現し、世界の大規模な不安を解決するためにやってくるということで、私は慎重になっている部分もあります。彼は非常にカリスマ的で、すべての未信者に愛されるでしょう。彼はエゼキエル書38~39章の戦争の後に来て、多くの人々との契約を確認するでしょう。トランプ氏はすでにアラブ諸国やイスラエルとの平和と正常化の土台を築いています。しかし、あなたが見ることができるように、パレスチナ、そのプロキシのハマス&ヒズボラとイラン、トルコ、ロシア、リビア&スーダンと一緒にイスラエルを攻撃するために配置されている。covidからの金融危機は、ロシアとトルコが石油のために必死になっています。それは彼らのパン&バターです。トルコは、オスマン帝国を復活させたいと考えています。これらの国を見てください。この攻撃の間、どの国もイスラエルを助けませんが、サウジアラビアや他の国はそれに抗議しています。アメリカは関係ありません。私は、アメリカ人が自由を手放さないので、アメリカは大規模な内戦から陥落すると信じています。これは、イスラエルに焦点を当てた7年の艱難が始まります&ダニエルズ70週の最後の70週。ダニエル9:26は、イエス・キリストの十字架での死で成就されています。彼がロバに乗ってエルサレムに入ったのは、ちょうど483年のパームの日曜日と呼ばれています。490年間、イスラエルは安息日を守らなかったので、バビロンに捕らえられた理由の一部です。この間、神の怒りが全地球上に注がれます。この期間に多くの人がキリストに会いに来て、多くの人がそのために死ぬことになります。もしあなたが救われておらず、イエス・キリストに命を捧げていないのなら、今すぐ罪を悔い改め、赦しを求め、心を込めてそれを実行してください。肉体を殺して救われるということは、すぐに主と一緒にいることを意味しますが、そうでなければ地獄に行くことになります。最初の死は、あなたの魂の二度目の死よりも優れています。今すぐイエス・キリストを求めなさい、それが救いへの唯一の道です。
   
・リークされた文書だ フランス政府のウェブサイトには載っていませんが...。

・恐ろしいシナリオだ 私は以前にもこのバージョンを読んだことがありますが、そのたびにとても動揺してしまいます。私はそれを信じるべきかどうかはわかりません。しかし、私たちは、世界には神が存在し、神のみが完全にコントロールしていることを忘れてはなりません。彼の意志に反することは何も起こりえません。私たちは悔い改めて、主に救いを求めなければなりません。この記事に書かれている反ユダヤ主義的なコメントがどれほど傷つき、愚かなものであるかについても言及しておきたいと思います。ユダヤ人は神を愛し、人間性を愛し、自由を愛しています。ユダヤ人は、上記の記事のシナリオが実現することを決して望んでいません。いや、トランプ大統領はユダヤ人ではないが、イスラエルとアメリカのユダヤ人は、イスラエルを破壊しようとする人々からイスラエルの安全を守るために彼が助けてくれたことを感謝している。ユダヤ人は何千年もの間、誤った判断をされ、嫌われ、殺されてきました。彼らはそれに値しません。彼らは世界のために平和、真理、自由、正義を求めています。彼らは世界に神の知識をもたらします。ユダヤ教は、記事の中で概説されている恐ろしい計画とは正反対のものを表しています。愚かなコメントを書いた人たちは、ユダヤ教、ユダヤ人、聖書が何のためにあるのかについての無知を示しているに過ぎません。発言する前に、客観的で真実味のある情報源から、心を開いてもっと学びましょう。ユダヤ人は世界を支配しようとはしません。ユダヤ人は誰かを助けようとします。ユダヤ人は人道的で思いやりに満ちています。調べればわかるでしょう。
   
・ユダヤ人はとても豊かだと言われています..... 彼らはその豊かさから貧しい人々に施しをしているのでしょうか?"ラクダが針の目を通ることは不可能である」 =ユダヤ人の目を通ることは不可能である。特定の宗教では見ないな...みんなお互いに良い人であるべきだし。面子にNOと言い始めましょう。 神を信じてこれを実行すれば、最悪の事態を見ることはないかもしれません。今すぐマスクにNOと言って、これらの計画を止めることは簡単なことなのです。マスクをしているからといって、どんなウイルスにも怯えないでください。そして、ワクチンは受けないでください。
   
・アーメン...私は反ユダヤ主義的なコメントにも言及しました。福音が異邦人に伝わったのはユダヤ人からです。神はご自身を世界に現すために、ユダヤ人であるイスラエルを選ばれたのです。祝福を。
       
・新約聖書を読んで、キリストの死と復活の後に何が起こったかを理解しようとするべきかもしれません。イエスはイスラエルに受け入れられなかった...。
     
・私はしばらくの間、これをそこに置いてきました。私はワクチンを非常に心配しています。アメリカと他の国では、実験段階から「ワープ・スピード」になっています。彼らは通常の10年から15年のFDAの方針を放棄しています。この前代未聞のワクチンは次の大きな問題になる致命的な可能性さえある。人類に対する不吉な計画を促進しています。
 
・ワクチンはすでに10-15年前から存在し、テストされています...その名は...ファンバックス。You(Jew)tubeで検索してみてください。

・唯一、断固として同意できないのは、「産業空洞化」という考え方です。私は、より多くの技術を使い、より少ない人々を制御するために、より多くの技術を使用して、より少ない人々を使用して、"再工業化 "を信じていますが、エリートに以前と同じような贅沢と宿泊施設を与えながら。私はまだトランプ氏がヘーゲル弁証法の一部であることを心配している。
   
・彼らは瞬きでトランプを取り除くことができました。 JFKを覚えていますか?サダム・フセイン、カダフィ。彼らが処分したのは、非常に影響力のある3人だけです。WTCとそのイベントの背後にある詐欺に言及しないわけにはいきません。トランプ氏は「沼の水を抜く」と言う前に、いなくなってしまうだろう。心臓発作、弾丸車、墜落...非常に有名な人々がこのような方法でオフにされたのは初めてではありません。いや、トランプは陰謀のために働いていて、自分の役割を果たしているのだ。