カテゴリ:
わーーー!!!
これはスピリチュアル好きな人たちがツイッターでやり取りしていた話。私はただ「面白いな」と思いながら読んでいただけだった。でも、真実だったんだ!!パニック!!!大晦日のゆく年くる年が始まった時間帯にこんなことを知ってしまった!
DSディープステートの合同葬儀・・・。

まえがき)この記事をより理解するために
神嘗祭では天皇陛下が祖神である天照大御神に感謝を捧げます。
2020年の10月17日は、神嘗祭であると同時に、新月にも当たります。
神嘗祭は太陽神である天照大御神に感謝を捧げるお祭りですが、その日に新月になるということは、月の持つ陰のエネルギーがなりを潜め、絶大な陽のエネルギーが注がれる一日になるでしょう。
また、新月の日は浄化の力も強まるため、一日を通して清浄な気の流れる日になりそうです。

https://shunsasahara.com/entry/2020/12/04/145021
中曽根元首相葬儀の真実(詳細は上記リンク先をご覧ください)
・・・というわけで、(神嘗祭と新月の)2020年10月17日に行われた国葬は、中曽根元首相の葬儀の名のもとに、上皇夫妻、今上天皇(すでに亡くなられているので令和天皇と呼ぶべきでしょうか)、および、安倍晋三元首相の合同葬儀が行われたのです。

つまりこの4人は、ディープステートの幹部として、すでに逮捕され、処刑済みであり、日本政府はそのことを知ってはいるが、公にできないために、元総理の国葬というカモフラージュをかけて、葬儀を行ったということです。

こういうことであるならば、天皇陛下の国葬なのですから、葬儀参加の布告や、儀仗兵の参列は当然であり、宮中行事よりも優先され、皇族も参列するのが当然です。

この10月17日に行われた、上皇夫妻および天皇陛下、安倍元総理の国葬をもって、日本のディープステートの幹部たちの殲滅は、終了したとみてよいと思います。

何も知らされていない庶民たちの反応
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/34a639e7b5c9f0f3b16a91501874e67a
一番の不思議は皇室の一番大事な神嘗祭(ハレ)と同じ日に(2020年10月17日)、元祖新自由主義で世界一の地震多発地帯の日本に原発を導入してフクシマの悲劇を招いた中曽根康弘の合同葬(ケガレ)をわざわざ多くの反対を押し切って政府自民党がぶつけた理由が不明。あまりにも奇妙奇天烈。不可解である。

https://twitter.com/nabeteru1Q78/status/1316291251218440194
渡辺輝人
@nabeteru1Q78
2020年10月14日
中曽根元首相の葬儀について、菅内閣が政府機関に対して、天皇が死んだときに準拠した措置を執るように求める通達を出ている模様。
縫殿
@nui_kuma
こんなん回ってきた。中曽根に黙祷しろって。やばいな。
1

2

3

4


安倍晋三死亡説(動画)


天皇・皇后両陛下の葬儀、17世紀以来の火葬に(2013)