カテゴリ:
こういう情報も新たな洗脳や誘導かもしれない・・・と注意して見ているんだけど、証拠がしっかりしいすぎていて、嘘だァと言えない(笑)。こういうことを何も知らなかった頃に思った疑問も、嘘だらけの洗脳社会だと分かったことで、今後、解決の糸が見つかるかもしれない。


【マッドフラッド】私たちには隠されている歴史の真実・第一回 ~埋まった町、誰もいない街、孤児院の謎~(長編・全五回程度の予定)
信用を集めていて、かつ悪魔的な科学の伝道者たちは、私たちの世界そのものを定義づけていきましたが、これ以上は信頼できる存在ではなくなりました。私たちがこの地球で経験することというのは、安定したもので、宇宙や回転する惑星の作り話とは無関係です。 私たちの地上波削り取られていて、野蛮なまでの採掘作業の結果、巨大な木々は失われてしまいました。しかしそのことについて歴史書には一切記載がなく、地理的な作り話でごまかされています。 そしてこのように目覚めてしまった人たちには、大きな疑問が残ります。いったいこの地球で何が起きてきたのか?もしも、彼らが、地球、宇宙、平らな地上について嘘をついてきたとしたら、どうあっても私たちは、メインストリームの公式の歴史の物語を信じることができなくなってしまいます。

参照 


https://youtu.be/YVVzz5-1tco(元になった海外の動画)より
2
The Lost History of Earth - FULL (Ewaranon) - THIS IS BEAUTIFUL~!

→悪魔崇拝1%族「ちょっ、やべぇ、俺たちのご先祖さまが人工洪水でやった過去のグレートリセット(99%族をホロコースト&資産泥棒)の跡がむき出しになってバレそう。困った・・・」。

今の時代の技術や文化は最先端ではない。むしろ劣化版だ。人類の歴史、石器時代、縄文時代、原始人、中世、江戸時代・・・本当は全然違っていた可能性が大きい。全て嘘なんだ。

動画コメント。
aigasubetedayo
私の実家があった場所は東日本大震災の被災地ですが、震災から数年後に土盛りするために地面を3~5mほど掘ったところ、地面から建物の土台が数多く見つかりました。私は墓参りで偶然居合わせ、現場にいた研究員?のような男性に聞いたところ「この周辺でこんな立派な構造の土台を見たことがない。歴史書にない栄えた場所がここにあったのかもしれない。」と言われました。その後に土盛り工事がはじまり、都市の痕跡は地中深く埋められました。後で気づいたのですが、地下3~5mに土台のある建物となると、東北に現在の海よりも低い場所に都市があったということになります。今でもあれはいったい何だったのだろう?と思い出します。
→東北を人工地震と津波とで破壊したのは、そこが歴史的に重要で大きな意味があるからであり、そこを手に入れてスマートシティや地下シェルター施設を造るために原子力発電所などを建設。恐らく、かなり長期間かけて計画・実行されたものだと思われる。その理由が99%族によって明らかにされた!

ryou 0922
それって凄い情報!その感じだと他の場所にも…。ありがとうございます!

NEWSAINTEARTH MASTERADAMA
なるほど、多くの縄文や弥生等と言われて来た遺構を完全には調査せずに埋め、建物を建ててしまう理由は、マッドフラッドの事実を隠したいからかもしれない。
→悪魔崇拝1%族「さっさと埋めてしまえ!真実を隠蔽するために学者がいるんだろ!?」

園田ヒデキ
是非そこを発掘してみたい。

Kana ina
それは発掘調査されたのでしょうか??

クイン恵
与那国。沖縄の近くにある海の底の日本のピラミッド。ご人事ですか? reference Graham Hancock's documentary.

alain delon
孤児が多いという当時の背景と進みすぎている建築技術から、グレートリセットが過去にも起きていたという可能性を示せていて驚きです!確かに今思い返せば、欧米圏で孤児が主題の文学作品や孤児院が多すぎな気もしました。悪い人が考えてることはそう違わない。

こーいち
なんかこういう動画が癒しです。世の中の酷い茶番を一時忘れてる事ができます。ありがとうございます。

Emi NK
私がロンドンにいた時、窓が地面の下にあったことに強く違和感を感じたことを思い出しました。通行人は窓の下から観察され、反対に家の中は通行人に覗かれる・・・・こんな建設わざわざしないと思われます。変だな、変だなと思いつつ、時と共にそれが普通だと思考停止しておりました。こうなるとスペインのサクラダ・ファミリアも嘘だと思います。ガウディの作品じゃないと思えてきました。我々は一体どこから来たんだろうか…、なぜ現世界がこんなことになっているのだろうか。。悲しくなってきますが、真実を知りたいです。エンドゥさんの動画に出会えたことに感謝いたします。

mako0868
私もロンドンに行くたびに同様のことを考えていました。
→私もロンドンでそう思いました。映画でも、アメリカの建物の1階って変だなと思っていました。変だなと思う私が変なのか?とも考えてきましたが、もっと自分を信頼しようと思いました(笑)。


M N
初めまして!そう言えば私が子供の時に時々見ていた夢が、そのロンドンの半分埋まってる窓の中から外を歩く通行人の膝から下を覗いているシーンでした。起きてからもずっと不思議な感覚が離れずに今でも覚えています。何かの記憶が私の夢に出てきたのかなと思いました。その夢に出てきた場所はイギリスっぽかったです。黒いスーツにハットを被り、杖をつく髭を生やした男の人を覚えています。ただの夢の話ですが、ハッと思い出したのでコメントしました。

ぺるぺるぺん
もう面白くてたまりません。この芸術的な建築物には3メートルくらいの人間がサイズ的に合いそうですね。土を掘って掘って掘りまくったら、建築物に合ったゴシック調やサイケな道とかが出てきそうでもう想像が膨らみます。翻訳作業、長時間の録音など大変な労力だと思います。どうぞお疲れになりませんように。今回も有難うございました。

れんれん rai /REIKO2 D/
すごい動画を見せていただきました。長時間なので資料写真もたっぷりですね。
児童文学をたくさん読んだのは子供の頃ですがナゼ主人公に孤児が多いのかは当時から疑問でした。庇護してくれる両親がいると物語りが波乱万丈にならないから、なのかなと当時は考えていました。でもそうなる前段階があったのですね。

建物が埋まっている写真は、エンドゥさんが以前に実況中継してくれた建物の動画とあいまって、これはホントに大洪水があったのだと確信が深まりました。

いま一歩外に出るとマスクをした人ばかりで世界的な茶番にうんざりしてイヤな気持ちになってしまいます。なんでこうまで思考停止で周りと同じが安全という人達ばかりなのかと。でもエンドゥさんの動画でエンドゥさんの声を聞くと、あぁまともな人、正気の人に触れられたと毎回気持ちを軌道修正させてもらっています。大感謝です。次回も楽しみにしております。

Vito
面白いです。人がいない時期に写真を撮った人は一体誰なのか気になりますね。また大勢の人がいきなり現れた理由も。

Vito
すべて見る前にコメントしてしまいました。この動画内の最後でその内容の考察が行われていますね。

本地風光
@CCG TECHNO  1864年、遣欧使節団の侍たちが、スフィンクスに立ち寄った写真には綺麗に人が写ってますよ。

stormxjp
@CCG TECHNO  
え?どっちが正しい?

澤田みなみ
@CCG TECHNO  
下の方に露光時間が8時間必要だったと書いてあります。それなら人が映らなくても納得かも、と思って写真をよく見たら、建物の影は写ってるんですけど。8時間も経ったら、影が動いてしまうんじゃないですか。どうして影だけ定位置で写ることが出来るの??真実はどこにあるのだろう。

→悪魔崇拝1%族「ヤベェ、バレた!!!!!」

12

13
→スフィンクスも、昔は胴体の下半分が砂に埋まっていたんだよね。なぜ世界中でやたらと埋まっているのか?


動画のコメント(元動画への外国人の意見)。
JKC BRAH
あなたがこのドキュメンタリーの内容を信じないとしても、なぜこのようなドキュメンタリーは幾度も検閲されてしまうのか?という疑問を持たなければ精神的にオワコンだ。削除されたこの動画を再アップロードしてくれてありがとう、いい作品だ。

Milly
ついに、誰かが、信じられないような頭脳で、すべてのパズルのピースを一つにしたのだ。とても分かりやすく、簡潔に。とてもとても感謝しています。また、NorbzWorldにも、迷惑な広告なしで、これを共有していただき、ありがとうございます。この素晴らしい作品を金儲けには使いません。

Daniel Gadzinski
これは間違いなく史上最もパワフルなドキュメンタリーだ。これを観てからは、私たちが住む「世界」を以前と同じように感じない。まるで夢から覚めたような気分だ。この動画が広く普及し、覚醒した人たちが支配者によって隠蔽されてきたものを全て見ることができるようになりますように。

Loulou Assat
正直、これほど素晴らしく、これほど重要な映像はないと思います。Ewaranonは、生きている人の中で最も多くのことを知っている人だと私は思います。彼がBANされたのも不思議ではありません.彼の作品を見る人が増えていることは、素晴らしいことです。NorbzWorldさん、投稿ありがとうございます

Carol Mason
私は以前から、あなたのビデオで紹介された多くのことを信じていました。 これほど多くのことを結びつけている人を見たことがありません。 あなたは素晴らしい仕事をしました。 私はあなたがしたハードワークに感謝します。 あなたがこのプロジェクトに費やしたであろう時間。 あなたが共有したいと感じた重要性が理解できたので、感謝します。

Deron Kellar
お前もか!!?マジか!?としか言いようがなかった。
→覚醒者あるある(笑)。

Maggie May
@Micahdjg7 今の世の中がいかに嘘をつくことをやめていないのかがよくわかります。マントルは嘘つきの各世代に受け継がれます。

→外国人なのに、言っていることは日本の覚醒済み99%族と全く変わらない。全世界で一斉にコロナ(第三次世界大戦)になって以来、私は翻訳サイトを使いながら世界中のコメントを読んできたけど、日本でも外国でも、同じような問題を同じように話し合っており、同じような考え方ばかりで国の違いは大して無いのが分かった。「かつて、世界は一つだった。言語は一つだった」を立証するような状況である。どうせ悪魔崇拝1%族が支配しやすいようにバラバラにしたんだろう。分割統治、二元論・・・。