カテゴリ:
ファクトチェック=悪魔崇拝イルミナティがどうしても隠蔽したい事実。検閲され裏に隠された情報。

ファクトチェック!マクドナルドは中絶した赤ちゃんの胎児を食べ物に入れる。
あなたのフライドポテトとハンバーガーには、マクドナルドの食品に含まれる人間の細胞と肉についての長年の主張にもかかわらず、「中絶された赤ちゃんの胎児」は含まれていません。
 
このファクトチェックのソースを参照してください。

Facebookの投稿、2021年12月11日

ABCニュース、ビルは中絶された胎児を食物禁止する、2012年1月26日

スノープス、ゴールデン(アーチ)ナゲット、2015年7月17日

マクドナルド、あなたは食べ物に人間の肉を使用していますか、2021年12月16日に訪問しました

ゴーカー、どの会社が中絶された人間の胎児を彼らの食物に使用していますか?、2012年1月25日

PolitiFact、いいえ、食品会社は「中絶された胎児細胞」を含む製品を販売していません、2019年10月23日


45分のFacebookビデオ(https://archive.md/Yft2X、リンク切れ)の約30分は、フライドポテトを思いとどまらせるかもしれないくらい腹ただしい内容です。

「マクドナルドは中絶された赤ちゃんの胎児を彼らの食物に入れます、これは偽物ではありません」と男性は言うのを聞くことができます。「これは本物です。彼らの添加物を見てください。同じように、それは甘味料です」。

 彼は中絶を「魔術」と「黒魔術」と「堕天使技術」と呼び続け、「あなたが人食い人であるならあなたは上ることができない」とリスナーに警告します。  

この投稿は、ニュースフィードの虚偽のニュースや誤った情報と戦うためのFacebookの取り組みの一環としてフラグが立てられました。(Facebookとのパートナーシップについてもっと読む。)

マクドナルドは、主張について尋ねるポリティファクトの電子メールに応答しませんでした。

しかし、私たちは以前、人気のある食品会社が「中絶された胎児細胞」を含む製品を販売しているという同様の主張を調査しました。そしてそれは間違っています。

結論:食品や医薬品の開発に胎児性幹細胞の研究を使用しているバイオテクノロジー企業がありますが、これらの細胞はいずれも、消費者が利用できる食品には実際には見られません。

マクドナルドの食物から中絶された胎児、または中絶された胎児細胞の信頼できる報告を探しましたが、何も見つかりませんでした。

むしろ、2017年のSnopesによるファクトチェックを発見しました。これは、アラバマ州のマクドナルドがチキンマックナゲットで流産した胎児を使用したことで非難されたという主張と、同社のWebサイトにあるマクドナルドからの名前付きの質問に対する日付のない回答を明らかにしました。ムハンナド:「あなたは食べ物に人間の肉を使っていますか?」

「いいえ」とマクドナルドは言った。「ハンバーガーには人間の肉は含まれていません。100%純粋なハラールビーフとチキンのみを使用しています。それだけです!」

2012年、オクラホマ州上院議員が「中絶された人間の胎児を使用する食品または製品」の販売を禁止する法案を提出した後、ゴーカーは中絶された胎児が食品に使用されているかどうかの問題についてマクドナルドや他の企業に連絡しました。

当時会社のスポークスマンだったアシュリー・インリング氏は、「答えはノーだ」と直接答えた。「マクドナルドは中絶された人間の胎児を食物に使用していません」。

この投稿をデマと評価します。
→デマだ!と主張する者はデマ太郎。例:河野デマ太郎。
 つまり、マックの肉には中絶した胎児の肉が入っていて、私たちは悪魔崇拝者のように人食い・共食いをさせられている。