カテゴリ:
長きにわたって支配層に君臨してきた皇族・王族を滅亡させる計画が遂行中!奥の院が仕掛けているのだろう。この日だけでも、彼らの事件がヤフーニュースにぞろぞろ表示された。探せばもっとあるはず。

日本眞子さま&小室圭の件(省略)。

「女王になる準備ができていない」17歳の若きオランダ王女が、自伝で赤裸々に語ったいまの気持ちとは?
https://madamefigaro.jp/culture/211118-princess-amalia-of-holland.html


タイ反政府デモの中…国王は愛犬30匹とドイツのホテルでバカンス。
https://s.japanese.joins.com/Jarticle/284866


モナコのシャルレーヌ公妃、精神的・肉体的な疲労で再び治療施設へ 双子はプラカードで「ママに会いたい」。今月初めにモナコに帰国したシャルレーヌ公妃。治療施設に入ったことが明らかになった。

さすが、悪魔崇拝の本場イギリス(100~200年前に?既に悪魔崇拝1%ユダヤ系金貸し族に乗っ取られ済み)。話題や策謀が凄い。

ヘンリー王子夫妻、エリザベス女王からのクリスマスの招待を拒否!?

https://moviewalker.jp/news/article/1059608/
→エリザベス女王がもういないので、出席するだけ無駄だから。イギリスのイルミナティは、ヘンリーをアメリカへ逃がして、そのうちアメリカに王室を作ったりするのか?それとも女王が裁判で人食いの罪で有罪になったことやエプスタイン島常連の息子の話題から目をそらすため、ヘンリーに指示して騒動を起こした?

かつてチャールズ皇太子が所有していた不動産、約7億6000万円で売出し中。

英ロイヤルファミリー、『ザ・クラウン』を巡りNetflixを訴えることも可能?
https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/celebrity/a38262782/royals-cansue-netflix-211116-hns/
ヤフーコメント
https://news.yahoo.co.jp/articles/782275422596e617ed4ad16985f406903b09d50b/comments
har*****
ダイアナ妃のくだりから、結構な王室批判の内容をどうしても感じさせる作品になってましたが、いまダイアナ妃が生きていたら、この作品、どう思うでしょうね。当時ダイアナのスキャンダルが大きくなったのは、BBCの独占インタビューからでした。しかしこれは、BBC側が「王室にあなたの裏切り者がいる」とダイアナを騙し、騙されたダイアナが憤慨してインタビューを決意、内情を語った事で成立したもの。今頃になってBBCはこの件を謝罪をしたわけですが、ダイアナは、王室批判の側に利用されたわけです。この事実がある以上、同様なものを作ると、いまだにダイアナを利用して王室批判か、とも思ってしまう。ネットフリックスは最近左傾化が著しく、多様性をいうあまりに、中世ヨーロッパ王妃にブラックの女優を使ったり等、歴史が変わってるじゃないか、と見る気が失せる作品も多い。

H8AB
アンブーリンに黒人女性はびっくりしましたね。でも何回か見ていると慣れました。クラウンは数回で挫折。路上生活者もいるのに贅沢すぎる、と思ってしまって楽しめなくなりました。
→黒人を優遇して、白人やキリスト教信者を滅亡させるのが悪魔崇拝イルミナティの作戦だからね。

nor*****
エリザベス女王が即位した当時、戦後と旧時代が入り混じる…英国では新たな時代を模索する王室の苦悩が良く描かれ良い作品と感じた…ダイアナ妃の登場は、旦那の思いやり無さ等、次男の引退劇に通じ…ウィリアム王子は、家族の恥を世間に晒させた番組と制作会社ネトフリとまた手を結んだ…弟には怒り心頭かも知れない。

ダイアナ元妃の弟スペンサー伯爵、オルソープ邸での「ザ・クラウン」撮影を拒否。
https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/earl-spencer-rejected-crown-request-film-althorp-house
ヤフーコメント
https://news.yahoo.co.jp/articles/80e2baa54a84dd193eae6fdf45c401ccad07f854/comments
tor*****
結局、お金儲けには手を貸さないってことだと思います。素晴らしい。

faj*****
お金よりお姉さんの事を大切に思っているスペンサー伯爵を尊敬します。ヘンリーは真逆ですね。
 
kot*****
弟さんなら当たり前だと思う。あっ、アメリカ在住の甥は金儲けの片棒担いでるね。
 
tok*****
Netflixのドラマは好き勝手に脚色をしてまるで事実のように話を作る。そんなドラマに実際の城を貸すわけがない。

den*****
まぁNetflix に限らず、映画などは好き勝手脚色してます。正直教科書とかも事実をどれくらい書いてるかわからないです。映画はあくまでもエンタテーメントとして見るが一番。全部フィクションなのです。
 
mam*****
Netflixに限らず、そこら辺の偉人伝や英雄おとぎ話も、大河ドラマもですね。見た事もない時代と人物でドラマ作るなんて会話すら思いつきません、自分には。過去の話は脚色するしかないので、色んな解釈があっても良いと思いますけどね。

kytezai
オルソープ邸の池の中洲にダイアナ妃は埋葬されたんですよね。そりゃぁ、あんな離婚騒動~死去したらまた掘り起こされて嫌な思いをするのは遺族ですし、ましてやH&Mがらみのネトフリ・・・どんな扱いをするか想像が付くだろうから、OKするはずはないよね。

→弟「ダイアナ?姉さん?知りませんね・・・関係ないので放っておいてください」


ダイアナ元妃のユダヤ人説と殺害疑惑に迫る! ノストラダムスはウィリアム英国王のスピード即位を予言、王室バトルロワイヤル発生も…!
https://tocana.jp/2017/08/post_14315_entry_3.html より一部掲載。
104
→実は父親はゴールドスミスなダイアナ妃(イルミナティお約束の養子、托卵システム)。弟とは父親が違う。そういうことでダイアナ妃も訳あり潜入工作員なので、嫌われたり暗殺されたりしても当然な気がする・・・。所詮いつもの、悪魔崇拝1%族の内輪もめや権力争い。どっちもどっち。


キャサリン妃のランク付けが王室内でUP?専門家が分析。
https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/celebrity/a38272914/katemiddleton-movedup-ranks-211117-hns/ より一部掲載。
これまでは伝統的に、バルコニーに並ぶ王室の女性たちの中央には、エリザベス女王が立っていた。だが、今年はキャサリン妃がその位置に立ち、両脇にチャールズ皇太子の妻カミラ夫人(コーンウォール公爵夫人)と、エドワード王子の妻ソフィー妃(ウェセックス伯爵夫人)が並んでいた。

これについて、ボディランゲージの専門家であるジュディ・ジェームズ氏は『エクスプレス』紙に対し、王室メンバーの夫人たちの間で「非常に興味深い、とても大きなことでありうる変更が行われた」「キャサリン妃は女王の代理として、この人たちの間で最も上位にランク付けされた」との見方を示している。

ジェームズ氏は、「次の王妃になるのはカミラ夫人ですから、夫人が中央に立つことになると考えられていたかもしれません」とコメント。だがさらに、「このイベントで、女王の代理はキャサリン妃であることが印象付けられたのは、明らかなことです」と述べている。
120

121
→キャサリン妃(この人もユダヤ。別のゴールドスミス血統)
「ふふ・・・計画通り、次は私が世界を牛耳るのよ!」


さて、日本へ戻り・・・
人食い文化がお盛んの悪魔崇拝グローバリスト・イルミナティ(今までの支配者。王族、ロスチャイルド、ロックフェラー、IT企業など)は、トランプらのナショナリスト・イルミナティに政権交代しろと奥の院から指示された→グローバリズムや世界規模人身売買システムの崩壊→アドレノクロムや生贄は自前で用意する必要性=こども庁設立。こども庁に強い権限。

こども庁閣僚に「勧告権」。他官庁に改善要請、実効性確保。(2021年11月13日)
https://nordot.app/832164047725854720 より一部掲載。
政府は子ども関連政策の司令塔として創設を検討している「こども庁」を巡り、専任閣僚に他官庁への「勧告権」を与える方針を固めた。子どもに関する政策について改善を要請する権限を与え、より実効性を確保するのが狙い。担当分野が隣接することになる文部科学省などに対しても可能となり、行政の縦割り打破を目指す。

勧告権の具体的内容は、こども庁の専任閣僚が他官庁の閣僚へ改善を要請する形。強制力はない。各官庁の取り組みが不十分と判断すれば、首相に意見具申できる。
122


エリザベス女王が死去→人食い文化とイギリスの衰退開始?官僚たちが利権争いで霞が関戦争勃発?こども庁設立に影?
エリザベス女王は95歳で死去。(2021年11月4日公開)
https://api.politifact.com/factchecks/2021/nov/10/facebook-posts/no-queen-elizabeth-isnt-dead/
エリザベス女王は95歳で死去。女王陛下万歳!ソーシャルメディアで早々にバンされるかな。

呼吸が止まった。11月4日に公開されたFacebookの動画のタイトルは、"William cried a lot"。「英国のエリザベス女王が95歳で死去」。

2021年10月29日、バッキンガム宮殿は、医師がエリザベス女王に少なくとも2週間の安静を指示したことを発表し、今月初めには病院で一夜を明かしました。さらに最近では、ピープル誌が、エリザベス女王が週末を国内で過ごした後、ウィンザー城に戻ったと報じました。11月9日の朝、彼女のウィンザー城での様子が撮影されました。
→どうせ影武者がCG映像。

CNN:エリザベス2世、医師から最低2週間の安静を告げられ、公式訪問は実施しない。(2021年10月29日)
ピープル:エリザベス女王は、休養を続けるため、田舎の週末旅行に続いてウィンザー城に戻った。(2021年11月9日)
ザ・ミラー :女王はサンドリンガムでのクリスマス前の隠遁の後、ウィンザー城に戻る。(2021年11月9日)

こども庁創設、省庁調整に時間要し23年度以降に先送り…「幼保一元化」当面見送る。(2021年11月20日)
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20211120-OYT1T50090/2/ より一部掲載。
関係省庁間の調整や地方自治体への事務の移管業務の調整などが手間取り、設置時期を23年度以降にする方向で検討を進めることになった。9月以降、自民党総裁選や衆院選が行われ、政府・与党内での議論が停滞したことも影響した。岸田内閣への交代で、内閣の取り組む政策としての優先度も下がったとみられる。

3府省に所管が分かれる幼稚園や保育所をまとめて所管する「幼保一元化」が焦点となっていたが、当面見送られることとなった。文部科学省は所管する幼児教育を引き続き担当する。

こども庁の専任閣僚には子どもに関する政策について他省庁に要請できる「勧告権」を与え、強い司令塔機能を持たせることも検討し、同庁設置法案にも明記する方向になっている。子どもや家庭環境に関する情報を横断的に把握するためのデータベースを構築し、データ収集、分析により、必要な施策の検討も行う。
123

→皇族・王族の崩壊。奥の院の計画通りに進んでいて、99%族の私たちはただ見ているだけである(笑)。奥の院から下っ端工作員まで、全員消えないかな~。