カテゴリ:
コロナ前から、ずっと不思議に思っていた。「なぜマスメディアはネガティブなことしか報道しないのだろうか?怖くて悲しい情報じゃないと興味を持ってもらえないから?(儲からない)。楽しい話題ばかりを報道すれば、世の中はあっという間に明るく楽しい雰囲気になるのに」。

コロナ後、社会で起きる事件・・・特に(マスメディアが意図的に取り上げて)目立つ事件や残虐な事件は、何らかの目的をもって行われる自作自演だと分かり、怒り心頭だ。

そして、スピリチュアル信仰者たちの集団瞑想が危ないと言われる訳。その真実も、今回の動画が暴いてくれた。なぜスピリチュアルなんかを医学界は認めるのか?悪魔崇拝イルミナティたちの新しい洗脳道具だから。キリスト教などの洗脳道具「宗教」が不人気になってきたので、伝統宗教と違う雰囲気の現代版宗教としてスピを登場させたのだ。

悪魔崇拝イルミナティたちが「無駄飯食いの99%族は間引いて殺す」と言っているが、なぜ地球上の人口が50億人を超えるまで放置しておいたのか?私は「人口が多いと客が増えるから、1%族が搾取で大儲けできるから」だと思っていたけど、意識エネルギーという切り口でも考えると、家畜がもたらす貴重なエネルギー資源だったのか。しかし、悪魔崇拝イルミナティたちが恐れる地球寒冷化は、悪魔崇拝スマートシティ(完成した完全奴隷社会)を建造することによって起き始めたとは、なんともブーメランで自業自得ではた迷惑なことである。1%族は滅亡させるしかないな。


「(祈りや瞑想などの)宗教的エネルギーが地球上に充満する」「聖書が次世代に引き継がれる」。これは我々99%族にとってとても危険なことである。


【ハープ・天候操作・天候は意識で変わる】2021年夏の天候の過激化。各国が浸水した夏の洪水。
2021/10/24
一日一食 OMAD エンドゥ 【マトリックス突破編】
チャンネル登録者数 4.34万人

ハープの仕組みといいうのがどういうものかというと、そのうちとくに有名なものとしては、アメリカ大陸に設置されているもので、そして同様の設備が世界中に展開されています。オーストラリアにもあります。これは地面に様々なアンテナが置かれているもので、これらのアンテナ同士がお互いを補完しそしてそれぞれの出力を総合させ、それらを統合して使用することで、よりグローバルに影響を与える一つのアンテナとして機能しています。さて、実際にその仕組みがその通りで、さらにハープというものがそのように機能し、そこから発生される電気振動、電磁破が実際に影響を与えるとして、そしてより正確には、大気中の層を通じてこれらの振動は放出され、天候操作者たちにとってその争いに必要な場所に供給されるとします。仮に、実際にこのように作用しているとすると、根本的になにもこのような操作を妨げることはなく、実際に恐らくはそのような影響は現実化しているのでしょう。ではここで、一体この影響の力というものがどういうものか、みていきましょう。

参照
https://youtu.be/BWzjEwIp-4o

アンドレイ・トゥニヤエフ 

Tiger Tasmanian
雲に意識を向ければ変化させることが出来るという番組がかつてありました。自分も数回試したことが有りますが、確かに自分なりに変化を感じました。大小の雲の中からあえて大きい雲に意識を向けるのですが、大きい方が明らかに小さくなっていきます。たまたまだと言われればそれまでの実験でしょうが、この動画を見て理解が深まりました。人間ハープって事ですね。

子供部屋おじさん Y氏
なるほど、雨乞いか。原始時代の人々が雨乞いをしていたと教育することで、さまざまな嘘を私たちに植え込むことが出来ますね。

junuj
意識・視線はエネルギーでありフォーカスしたものにエネルギーを与える。小さな雲も視線のビームで消せると以前読んだ本に書いてあったので、よく雲消しゲームしてます。笑。2、3分で消せるようになりました。


月間天気予報、週間天気予報、台風進路等を人々に刷り込ませるのも『意識』が上空にストックされ現実の天気を作るかもしれませんね!

Paris K I S O
エンドゥさんと彼のコラボ会談動画が見られるようにと祈るばかり。

徳CB
科学の発展は確かに素晴らしい、農業用に利用するならば!が、しかし悪用するのがまた人間の悲しい性も現実逃避の否定できない。

smile keep
医療、学校、銀行、公務員、芸能界、経済界・・どんなシステムも宗教的。人々の集合意識の根底には、怒りの他に依存と承認欲求もあるかと思います。それもまた魚座時代に必要だった経験なのでしょうが、もう満腹ですね。

kunちゃん
海外の色んな宗教の信仰者の多さには日本人から見るとビックリする事が多いので、人体エネルギーのパワーが相当数集まれば可能性は有りますね。それをも含めてシナリオ遂行の為に地道に真面目に宗教を操っている輩達には、今更ながら恐れ入ります。最近の日本の大雨や台風の被害が割と軽減されてるのは、日本人の中に集合意識のパワーを理解している人が増えてきて、台風の予報に対してそれ程恐れなくなってきたのもあるんじゃないかなって最近思ってます(*^^*)ありがとう♥

na
17 時間前(編集済み)
いつも、他者を大事に思えているか、自分の一瞬の意識や感情にも気を付けるようにしています。みんなの愛する地球で住まわせてもらっているのですから。いつも翻訳ありがとうございます。

ぺるぺるぺん
質の良い想念を数万規模の人で飛ばしたら、大気が変化して景色が変わりそうですね。

ケンK
意識体が集まって、何か意図する実験するなら行きますよ。

龍池
エンドゥさんいつも有難うございます。気象兵器としてHAARPは知っていましたが、人間が電磁波エネルギー放出するアンテナになるとは!!!多数の人間が集まれば膨大な電磁波エネルギーとなり大気中に影響を及ぼす事も府に落ちますね!!!これからも応援しています!!頑張って下さい。

ゆうき
数年前、けむけむとか変な雲をみつけたら念じて消してました。少しは消えましたw気づいてる人virtualhug大勢で祈る実験してみたい…ザ・ウォーカー観てみます!

NO.2幸せな猫
マッドフラットで残された前文明の建築物を教会にしたのは、祈りのパワーを効率的に使う為だったんですね。

unken7
スピリチュアル観点から説明すると馬鹿にされがちですが、唯物論的観点から説明されていて、分かりやすいと感じました。一人一人が何かに気がついた時の放射するエネルギーがどのように影響するかが、これからの楽しみでもあります。

彩かな
いつも素晴らしい気付きを与えて下さりありがとうございます。

NO.2幸せな猫
マッドフラットで残った全文明のフリーエネルギーの建築物を教会にしたのは、効率的に祈りのパワーを使うためだった。

jossstick
主張されている事自体は、興味深く可能性を感じました。が、ノートルダム焼失は間違いなく人為的でしたし(多くの価値のある像などは事前に運び出されていた)、屋根が落ちても尚爆発的な燃え方をしているのは異常でした。2017年頃から多くのフランスのカソリック教会が破壊され、モスクが多く建っているという現状があります。波の干渉し易さは、日本では一般に「コヒーレンス/コヒーレント」と発語しています。

ヴァロ トレ
凄い。凄すぎる。ドイツの豪雨についての解説が、原田武夫さんの解説と似てる。そしてスマートシティの推進が大豪雨と大寒冷化を引き寄せるというのは本当だったのか!

あおいそら
人の意思、意識、或は波動を、エネルギーと考えると。最近、世界中で起きている、抗議デモは、人々によって作り出される波動砲なのかもと思えます。スピリチュアル系で、波動を高く保つ事を促して居る事と繋がります。

ナナ
エンドゥさんお疲れ様です~。もうずっと前ですが、雷雲散らしたった話をしたと思いますw 悪い想念に使用されないように、前向きに明るい未来と明るい空をイメージとフォーカスして、空にむかって元気玉飛ばしたら、この動画で言われていることの逆の作用になるはずですよ。

Quitter ET L'amour
地球上のすべての人間が、同じ時刻に一定時間、5分や10分でも、思考することを停止すれば良いのです。出来なければ、影響のある人数で行えば、地球は変化します。

平井幸太
昔、目隠しをした人間に対して、集団で「押す」というイメージを持ったエネルギーを送った所、その目隠しをした人間は「押されて倒れた」という実験を垣間見たのを思い出しました。人間は100%何かを信じれない生き物です。もし…100%信じきる事が出来れば現実を改変する事が可能かもしれません。

坂本伸二
意識にエネルギーがあると言うことですね。ハープと比較する発想は無かったですね!ありがとうの言葉には言霊があって、やはりエネルギーになんでしょうか?日本の思想もあながち嘘ではないかもしれませんね。

木村剛
しかし、これ、よくyoutubeの審査通ったね。

Seihaku Shigeru
このロシア人の方の考察は面白いですね。バイオロボットにせよ人間が電磁波の媒体となるのも……確かに人間の意識は日本でも想念という言葉があるように物理的な力を持っていると推察しますが、この概念で言えば集合した人の祈りが洪水を呼んだということになりますが、それはないかなと思いました。しかし、「ザ・ウォーカー」の読み方はなかなか素晴らしいですね。聖書が戦争を起こす原因というのはそうかもしれないですね。そもそも最初の分断は聖書ですから。
余談ですが先日大学教授の面白い話を聞きました。科学で歴史を考察するというものですが、日本は大和朝廷の時代から明治維新まで誰か(天皇・貴族。武士)が庶民農民を支配してきたという観点から何も変わっていないということです。その後不公平な選挙、そして大戦後選挙という民主主義のようなものが生まれましたが、アメリカのように国民の財産の50%を1%の人間が持っている、つまり資本主義の名のもとに、これら支配者が会社社長に変わっただけだと。つまり、なぜ、どうしてこの2階級制度が発生したのかということです。

u
同感です。宗教によって、祈る場所や時間が指定されているのは何かあると思っていて、そのエネルギーは地上に向けたものなのか地下に向けたものなのかというのが謎でした。伊勢神宮とかの五芒星結界とか山手線も駄目な方のエネルギー装置の役目をしてたと言われてましたが、宇宙船とかにエネルギー補給してるんですかいな。天気予報のハズレって、信者の祈りや恐怖、怒り不足ちゅうことですか?何年か前にグーグルマップ見て感じたんですけど、日本の特定地区、沖縄なんかにキリスト教会、爆誕状態に見えました。装置づくり納得です。

T S
雨乞いもその原理なのかと思ってしまう。

大久保孝芳
ヤカンの水を火にかけるとお湯になる。さらに熱すると沸騰して湯気が出る。当たり前だけれど臨界点が訪れる。人間の祈りも同様に一定のエネルギーが凝縮されれば相転移が起こり臨界点を迎えることになる。このフラットアースの地上には、火を理解して使える人類と、さらに自然界のあらゆる分野の臨界点を理解して使える人類と、そのうえさらに人間の意識の臨界点を理解して使える人類など様々な種族の人間が暮らしているのですね。

リノア
意識が世界を作る。お金を価値が無いものとみんなが認識すれば価値が無くなるし、逆にメディア等が作り上げた常識を真実だと思えば、それが真実になる。

橘恵子
仕事中でも一日5回決まった時間にメッカの方に祈る、というのは確かに信仰のためだけなのか疑わしいですね。私は洗礼や沐浴といった行為も、人間の能力を封じるためなのではと考えています。逆に滝行のようにやり方によっては超能力を開く方法にもなるのかもしれません。この方のちょうど頭の部分にバフォメットの角っぽいトロフィー?があるのがちょっと気になってしまいましたが、ひょっとするとあちら側の情報をリークしている方なのではと妄想してしまいました。とにかく考察が鋭すぎる…。
→情報リークしてくる画面の向こうの味方っぽい人間は、たいてい悪魔崇拝イルミナティの手下なので、この読みは正しい気がする。

競馬侍由詩乃
仮説のこじつけ理論とこじつけ実験の詐欺が大手を振って堂々と跋扈している世で、この仮説はかなり価値があるものだと思います。なぜ連中が無用とも無駄とも言える家畜を増やしたのかにも繋がることだと思いますので。生体兵器だとか生体モジュールになるのならば、品質はともかく価値はあると思います。突如現れる品性の無い謎の集団にも利用できそうですし。願いや祈りや呪いの波動や振動がどこへ向かうのか、欲望というものは恐ろしいものだと改めて思う仮説だと思います。

珍獣
人間は電気信号によって体を動かしており、血流によっても超微弱な電流が発生しているのは理解しているが、240wの電波を発生しているというのは、いまいちピンと来ないな。人々の祈りがハープと同じ役割を果たすのなら、イスラム教はメッカに向かって祈っているわけだから、毎回洪水が起こるのでは・・・?しかしこれらが仮に真だとすると、クレムナ予言のエネルギー源は人間の中にも存在しているという内容が理解できるし、もしかしたらマッドフラッド前の建物上部にあった装置は、祈り等で起こったエネルギーが上空に漂うのを防止するため(洪水防止の為)に存在していて、収集したエネルギーは後に電力エネルギーに変換する仕組みだったのかもしれない。

えりにゃんこ
昔、八代亜紀さんが野外ライブを行って「雨の慕情」を歌うと雨が降って来るという話しがあり、正にアンテナと意識だと思います。後、気象的にも下手したらNWOは大変危険な物になると思います。カルト的な物にも気を付けた方がいいし。日本人なので未だに一神教に違和感しかないし。神様は一人でなく沢山いると思っていて、人でなく自然とかもっと大きな物だと思ってます。

Jesus
化学原理主義者を壊滅させますわ。

Hiro
世界に蔓延する「恐ろしい病」があると信じさせる事が出来れば、恐怖が宗教や国家を越えて集合意識に変容を与える事が可能であり、災害・厄災をこの世に出現させられるとも言える。「口元を隠し注射さえすれば救われる」と言う教義の宗教に皆が群がれば、食糧危機、金融恐慌、世界大戦なども起こせるでしょう。皆が携帯を持ちソーシャルディスタンスを保たされアンテナの役割を与えられている。怒り、悲しみ、苦しみ、恐怖…それらのネガティブなエネルギーが十分に溜まった時に「我こそ神」と名乗る存在が現れ何を始めるのか。しっかり地に足を付けて立っていないと偽物の救世主に足元を掬われる時代に我々は生きているのですね。己こそが己の神、救世主、支配者だと一人一人が理解してお互いを尊重しながら良い分離体験をせねばいけませんね。


この動画の発信元ロシアの99%族のコメント
エレナ・シェスタコワ
すべての人、ほとんどの人は、科学者でなくても、これがグローバル資本主義の人為的な操作であることを知っている。権力を持った退廃者たちは、私たちの現実から、人生から、誰の目にも分かる。

ヴァレンティナ・メジャニコワ
昨年公開されたガリーナ・ツァレバのビデオクリップ「Who controls the weather」を見れば、すべてが明らかになるだろう。そして、チュネエフはこのクリップを補完する。

グロテスクな風
悪魔がどうあがいても、ドームは溶けていく!?彼らの時代は終わりました。すぐに死刑執行、そして裁判と処刑...。

ホビーボビー
サッカー場でも同じで、世界中の何百万人もの人がサッカー選手にゴールを決めてほしいと思うように人を集めるのです。.... 健康、収穫、幸福、愛などの願いを込めて集まるのではなく。

ラノ・ウマル
賢い人はいつも不思議な感じがします。

月刊ヴィタリーマキシム・ヴォルコフ
私たちの支配者が世界政府の言いなりになっているという事実!!!!!!!!!

Madelyn Webb
悪魔崇拝者たちは庶民を中毒症状に陥れました。庶民を燃やしました。ワクチン接種。クローン化。ワクチン接種者たちは溺れ死にました。しかし、私たちは生きています。そして、私たちは精神と繁栄の新しい世界に入るでしょう。生きましょう。

タチアナ・ラダ
グローバリストは気候兵器を100%使用しています。彼らは私たちの子供や孫、そして私たち地球全体の住民を破壊し、殺す準備ができています。 世界政府の悪魔崇拝者たちは、私たちをデジタル奴隷制度へと導き、彼らの身に反キリストがやってくるのです。

Rymma Rymma
それなのに、サウジアラビアでは砂漠が川のようになり、洪水が起きているのはなぜだろう?そして、2年前のアフリカでは雪が降ったのでしょうか・・・?おそらく、森林が伐採され、天然資源が吸い上げられることで、生態系が乱されているのでしょう....、やはり地球は生きているのですね。
ファイブ554
昨日はモスクワに巨大で太いケムトレイルがかかり、今日はカバルの計画通りに雨が降っています。

アンドレイ・イワノフ
それは承知しています! 昔の村では、ずっと雨が降らなかったときに、みんなで集まって雨乞いをしたら、雨が降ってきたことがありました。思考の集団的な力!!!!!

F-G.
アンドレイさん、あなたは独占的な存在です。いつも興味深く聞かせてもらっています。

1月の夏
洪水のイメージを膨らませるのはブロガーであり、人々はこれらのビデオを聞いて洪水のイメージを形成する。これが非人間の目的であり、彼らは思考イメージを作ることができないが、人間を犠牲にして自分の計画を押し進める。人間は、「誰か」のイメージを押し付けるのではなく、自分自身のイメージを形成しなければなりません。
→いかにも正しそうな人物も、こうやって99%族に怖い想像・妄想をさせることで、計画の実現を狙っている?!

→日本とロシアは政治も自然環境も風習も全く違うのに、感想はそれほど違わないのが面白い。雨ごいの件(笑)。少し違う部分もあって面白い。日本人のコメントはふわふわしていて、不思議なことも多い。白黒つける・データーが根拠・目に見えるものを信じる欧米人には、日本人の感覚は理解できないかもしれない。
この二国に限らず、「コロナ脳は本当にバカだ」とか、覚醒済み99%族が言うことに差異が少なく国境がないのがコロナ後の状況。