カテゴリ:
太陽光発電、灯油ストーブ、羽毛布団、できるだけ公共インフラ(電気、ガス、水道)なしで生活できるようにする、食糧買いだめと自給自足、車無し。

コロナは、頭がいい人≠記憶力だけが良い思考停止人間(コロナ脳)、という事実を突きつけた。
社会インフラわざと停止作戦は、サバイバル能力が試される。
依存してばかりいる人間は、あらゆる方法で淘汰されていくのだ。


ダークウィンター到来!?​​VAXが頭打ちで、大量に余っているという話を聞く、

ネット情報のおかげで、VAX拒否者が急増している、。(但し、打つ人は3回目も打つかもしれないが)。

では、NWOはドーするか?イスラエルみたいに強制的に打たせるか、

​彼らは悪業の実行前にあなたに伝える...新しい記事「インターネットの黙示録」は、数ヶ月に及ぶグローバルなインターネットのダウンが起こされることを警告 9月28日 2021 halturnerradioshow
​"Internet Apocalypse" Causes Global Internet SHUTDOWN "for months" ​


非常に大きな悪い出来事が起こるときは、計画者たちは、それを実行する前に何をしようとしているのかを人々に伝えなければならない、という考え方があります。実際にどれだけの人がそれを信じているのかはわかりませんが、もしそれが本当なら、これは大きなことです。

インターネットの遮断を警告する記事がここ数ヶ月間続いていました。

9月7日にカリフォルニア大学アーバイン校のウェブサイトに掲載された「Enjoy the Internet while it lasts, the climate crisis may destroy it」(気候変動がネットを壊す、楽しむのは今だ)という小さな記事に始まり、WIRED.comに掲載された「A Bad Solar Storm Could Cause an 'Internet Apocalypse'」(太陽嵐がネットを壊す)という大きな記事では、世界的なインターネットの大規模な停止が数ヶ月続く可能性があることを一般の人々に警告しています。

警告は厳しいものがあります。

カリフォルニア大学アーバイン校のコンピュータサイエンス助教授であるSangeetha Abdu Jyothi氏は、最近開催されたデータ通信会議「SIGCOMM 2021」で、この問題に関する研究を発表し、この極端な宇宙天気の結果、現在の生活様式に壊滅的な影響を与える可能性があると警告しました。「私がこの問題について考えたのは、パンデミックの際、世界がいかに準備不足であったかを目の当たりにしたからです。インターネットの回復力も同じです。私たちのインフラは、大規模なソーラーイベントに対する準備ができていません。」

これは一見すると誤りです。インターネットは元々、DARPAとして知られる国防高等研究計画局が設計したものです。実際、「インターネット」は元々「DARPA.net」という名前で、実際に核戦争が起こった場合に米軍に信頼できる通信手段を提供するために明確に設計されたものです。 原子爆弾が都市全体を破壊し、爆発時に巨大な電磁パルス(EMP)を発生させるような状況ですね。このような最悪の状況下でも確実な通信ができるようにすることが、ネットの設立当初からの目的だったのです。

カリフォルニア大学アーバイン校のコンピュータサイエンスの助教授であるSangeetha Abdu Jyothi氏は、そのことを意識していないようです。あるいは、気づいているのかもしれませんが。ここで起こっていることは、一般の人々が計画されていることについて、実際に(必要な)警告を受けているということなのかもしれません。

WIREDの記事は、次のように報じています。
『グローバルなインターネットは、回復力を備えています。ある経路が利用できなくなると、トラフィックは他の経路にリルートされる。この性質を利用すれば、太陽嵐が発生しても、速度が低下しても接続性を維持できる可能性があります。しかし、これらの重要な動脈に十分なダメージがあれば、ネットワークは不安定になり始めます。また、ケーブルの障害が発生する場所によっても異なります。

Abdu Jyothiによると、Border Gateway ProtocolやDomain Name Systemのようなデータルーティングの基本システムが誤作動を起こし、連鎖的に障害が発生する可能性があると言います。大都市の交通量の多い交差点で道路標識が消え、信号機が停止した場合に起こる交通渋滞のインターネット版ですね。』

この解説、わかりますか?ドメインネームシステムのことです。 これが、これから起こるかもしれないことが計画されていることを示す手がかりとなります。ドメイン・ネーム・システム(DNS)は、政府が望むところの、ネット全体を瞬時に麻痺させる方法です。

今現在も、ハッカーは分散型サービス拒否(dDos)攻撃を用いて、ターゲットのドメインネームサーバーを狙っています。 彼らの小さなコンピュータボットの軍隊は、「こんなウェブサイトを狙え」と指示されると、ボットはそのサイトのDNSに何千万ものリクエストを一斉に送り始めます。そのサイトは一瞬にして制圧され、訪問者は誰もたどり着けなくなります。

なぜでしょう?なぜ権力者たちはプロパガンダ・メディアを通じて、何ヶ月もインターネットが使えないことを知らせているのでしょうか?

それは、インターネットが権力者にとって大きな悩みの種であることがわかったからです。情報、それも時には不都合で重大な情報が、最近は頻繁にネット上に流れているようですし、いったん流れてしまえば、文字通り何十万人もの人々が即座にアクセスできます。誇大妄想的な権力狂のエリートたちは、自分たちの計画が広くリークされることを好みません。それは彼らにとって不都合なことです。 時には手を引かざるを得なくなる。 特定の作戦をどのように、いつ、あるいは続けられるかを考え直させられるのです。非常に不便で面倒なことです。

結局のところ、あなたと私は単なる家畜に過ぎず、あまりにも賢明な群衆の気まぐれでどちらかの方向に群れをなすだけです。どうやって彼らの計画を暴露するのか?自分で考えてみてはどうでしょう?

いやいや、そんなことをしている場合ではありません。理由があります。完全に不正なCOVID-19という偽のパンデミックのシナリオが崩壊し、人々が「ワクチン」の仮面をかぶった致命的な血栓溶解遺伝子治療に目覚めたことで、エリートたちは、自分たちがその政府になるという、一つの世界政府の計画を実行するのに苦労しているのです。COVIDの生存率が99.7%であることが一般に知られ、いわゆる「ワクチン」が「救う」1人に対して2人を殺していることがわかってきた今、新世界秩序(NWO)推進者にとって事態は急速に悪化しています。彼らは、堤防の水漏れを指で塞ごうとする子供のようなものです。水漏れのスピードが速すぎるのです。彼らはもうそれについていけません。

だから、彼らの唯一の選択肢は、何ヶ月にもわたってインターネットの大規模な「機能停止」を引き起こすことなのです。上記の記事から、彼らの計画は太陽嵐や太陽からのコロナ質量放出(CME)のせいにすることだと推測できます。

対策
彼らがインターネットのプラグを抜くのを止めることはできませんが、それを回避することはできます。双方向の無線機がその答えです。エリートでも止められません。

確かに、いくつかの周波数で微妙な妨害があるかもしれませんが、チャンネルを変えれば簡単に克服できます。だから、家と車にそれぞれCBラジオ(アンテナも忘れずに)を用意しておきましょう。

というのも、HAMは世界中で使われていて、信号は世界中に届くからです。一つの国の人々は、他の多くの国で起こっていることを聞くことができます;ライブで、そしてダイレクトに。中間業者はいない。中間業者もいないし、プロパガンダもない。

無数のオプションがあり、私はそれらを販売していないので、この記事では説明しませんが、あなたは自分自身を装備する必要があります。一刻も早くです。

→悪魔崇拝総務省(日本の99%族を搾取して儲けるための霞が関株式会社の1つ)も「CBラジオは不法」と言っている。つまり、「CBラジオが普及すると悪魔崇拝1%族が困る」という証拠。


​ポイントは、VAXの強制接種が効かなくなっていること。これまで打った人は別として、現段階で打たない人はおそらく、もう打たない(だろう)。ワクパスとか入れようとしているが、​その数(拒否者)はNWOが律しきれる数ではない、

となると、次段階に進む可能性がある、。
それがダークウィンター。実際、電力の停止(中国)や、燃料/食品の不足(欧米)がチラホラ出ている。
EISのブラックスカイ計画は現在進行中。​シープルに待ち受ける運命(ブラックスカイ計画)​。
9/1から、演習も始まっている。​EEX-21トレーニング(9/1-10/31)。
​​
Hターナーはネットの遮断を取り上げているが、​もう一歩突っ込んで、全停電は充分ありうるシナリオだろう。中国では、強権発動で、(温暖化を理由に)火力発電を止めることが出来ても、他国はソーは行かない。そこで、何某か(太陽嵐/EMP攻撃など)の理由で、停電させれば、話は早い。
​​
ダークウィンタープログラムの話題は昨年から出ていたが、今の状況(VAX頭打ち)を見ると、今冬あたりが時期的に該当するのではないだろうか。



→時期はなかなか当たらないけど、察しの良い人たちが言うことはみな同じ。