カテゴリ:
ある日、メルケルがドイツの首相を辞めるニュースが大量発生していたので、記念に知っていることや調べて分かったことをまとめて記事にすることにした。さようなら、悪魔崇拝の大物イルミナティのメルケル!


1.サッカーファンからトランプ氏の操縦役まで…メルケル独首相の軌跡。(発信地:ベルリン/ドイツ)
2
アンゲラ・メルケル氏。上段左から、1991年、1994年、1997年、1999年、2000年撮影、下段左から2001年、2003年、2009年、2010年、2013年撮影。
→メルケル本人はどれか?今まで何人のソックリさんに「メルケル」を演じさせアバター運用してきたのか?・・・まるでこちらを試すかのような大量のメルケル画像だ(笑)

02
アンゲラ・メルケル首相のトレードマークと言われる両手で三角形をつくるジェスチャー(2020年1月31日撮影)。

13


01
ギリシャ・アテネで行われたデモで、アドルフ・ヒトラーの口ひげをつけたアンゲラ・メルケル独首相のイメージを掲げる参加者(2012年10月9日撮影)。

【9月25日 AFP】ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相が今月26日の総選挙後に政界を引退する。メルケル政権は長期に及んだため、国民の中にはメルケル氏以外の首相を知らずに育った世代もいる。東ドイツの物理学者だったメルケル氏が政界に飛び込み、世界で最もパワフルな女性となった道のりを振り返る。
(中略)

サッカーがメルケル氏の心温まる一面だとすれば、強硬な側面の矛先を向けられたのがギリシャだ。債務危機で同国が欧州連合(EU)に金融支援を要請しても、メルケル氏は譲歩せず、救済措置と引き換えにギリシア政府に財政緊縮策を要求した。財政破綻の崖っぷちに立たされたギリシャがユーロ圏からの離脱を強いられそうになった2015年、ギリシャ国民はデモに繰り出した。掲げられたプラカードには、アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)風の口ひげがつけられたメルケル氏の写真もあった。

■自由主義世界の指導者?
2016年11月の米大統領選で当選したドナルド・トランプ(Donald Trump)氏に、メルケル氏は異例の祝賀メッセージを送った。メルケル氏はトランプ氏に協力を申し出たが、それは民主主義の価値観に基づく場合だけだと述べた。米政府に対する前代未聞の事前警告だった。メルケル氏は自由主義世界のリーダーたる責任を引き受けようとするかのようだった。
→つまり、悪魔崇拝グローバリスト・イルミナティのリーダーということ。トランプ陣営(悪魔崇拝ナショナリスト・イルミナティとシオニスト)からNSAのネット情報などを使って脅され攻撃され、まもなく派閥が壊滅状態になる模様・・・。

こうして対立が絶えない4年間が始まった。カナダで行われた先進7か国(G7)首脳会議では両者の間に深い亀裂が見られた。トランプ氏に詰め寄るかのようなメルケル氏の写真からは、トランプ氏が道を踏み外さないよう説得に努めている様子がうかがえる。米CNNとのインタビューでこの写真について語ったメルケル氏は「(トランプ)大統領には彼の意見があり、私には私の意見がある。共通点を見いだすことも多い。でもそうでないときには、対話と交渉を続けなければならない」と語った。


2.【イルミナティ招集のサインか?!】G7会議で、トランプ大統領の横に立つドイツのメルケル首相がある「サイン」を送っている。


【イルミナティ招集のサインか?!】G7会議で、トランプ大統領の横に立つドイツのメルケル首相がある「サイン」を送っている

ドイツのメルケル首相が米ドナルド・トランプ大統領の横で「イルミナティ・サイン」を送っていたと陰謀論者たちが騒然としている。

 

5月27日(土)にイタリアで開催されたG7会議にて、ドイツ・メルケル首相は米トランプ大統領と英メイ首相と共に写真に収められた。メルケル首相は、手でメイソンスタイルと呼ばれる、悪名高い「ダイヤモンド」のサインを作ることで知られており、陰謀論者たちからは、イルミナティのサインだと噂されている。

 

イルミナティの存在を信じている人達は、イルミナティは世界の政治家やセレブで構成された秘密結社で、背後から世界中の政府を操り、全世界をたった一つの政府が統治するニューワールドオーダー(新世界秩序計画)を世界に導入しようとしていると考えている。

 

極言すれば、イルミナティは悪魔の団体と言われ、メンバー同士が互いに認識するため、ハンドサイン(手の合図)を送り合うという。

 

メルケル首相が使う合図は頻繁に注目を集め、今回27日のG7会議に続いて行われたNATO(北大西洋条約機構)会議は、実際はイルミナティにより運営されており、世界軍隊の導入計画の一端を担っている特に重要な会議だと陰謀論者たちは見ている。

 

他にひし形のハンドサインを使っているのが写真に撮られたことがあるのはイギリスのテリーザ・メイ首相と、欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長だ。この合図はメルケル首相が頻繁に使用することから「メルケル・ダイヤモンド」と称されている。

 

メイ首相は昨年7月11日にウェストミンスター宮殿にてスピーチをしている最中に「メルケル・ダイヤモンド」を真似ているところを激写された。

 

陰謀論サイトilluminatiRexはダイヤモンド・サインをイルミナティ・サインのトップ10リストでNo.1に挙げており、メルケル首相はそれを逆向きに作ることで「メルケルの斜方形」と呼ばれている。

 

また、David Icke氏が運営する陰謀論フォーラムではメルケル首相の政治活動ポスター等にも使われてきたメルケル・ダイヤモンドの意義について議論が交わされた。
Posidonというユーザーネームを使うフォーラムの古株メンバーは:「アンゲラ・メルケルのハンドサインに気付いた人がいるかどうか分からないけど、今日地元の新聞で新しい写真を見つけてさ。なんで彼女のあのサインを政治運動に使うのか疑問なんだ」

 

「ダイヤモンド型だっけ?皆・・・寝ぼけてるのかい?初めてあのサインを見た瞬間からあれはダイヤモンド型なんかじゃ全くないって気付いていたよ。彼女のあの手の置き方。あれはダイヤモンドじゃない。フリーメイソンのシンボル、コンパスと四角形だね」

 

しかし、16年間キリスト教民主同盟党首として導いてきたメルケル首相は、2013年のインタビューの中でなぜ彼女が変わった仕草をするのか説明しており、その仕草の背景に何も悪意などないと、噂を否定している。

 

彼女はドイツの雑誌に、「手のやり場に困ることがあるでしょう。まさにそれがきっかけよ。対称性の意味が込められているの。」と語っている。

 

その他メルケル・ダイヤモンドのサインを作るのを目撃されている著名人として、イギリス元首相のゴードン・ブラウン氏、カミラ・コーンウォール公爵夫人、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン氏が挙げられる。

 

トランプ大統領は特にダイヤモンド・サインについては知られていないが、彼は彼でイルミナティ・サインと噂される別の仕草をしていたと言われている。

 

一部の陰謀論者たちは、トランプ氏は完全なるイルミナティメンバーだと主張するが、実はその逆で彼はイルミナティの敵であると信じる人達もいるようだ。

 

次に諸外国の要人たちをテレビなどで見かけた際はつい、誰がダイヤモンド・サインを送っているのか気になってしまいそうだ。

 【ソース:Daily Express

→有名人や偉人は、みんな悪魔崇拝イルミナティとその子分。画面の向こうは全部ウソ!


そんなことよりも、メルケル引退花道祭りが繰り広げられているyahooニュースの、「yahoo!検索で調べてみよう」に表示される関連キーワードが怖いのだが。
1
世間に人気のキーワードの組合せが表示されているだけなので、つまり、ものすごい大勢の99%族がメルケルを恐ろしい人物だと認めて真実追及している証拠。この巨大ブーメラン・自業自得システムにより、隠蔽したい事実がますます拡散されてしまう・・・(笑)


→ヒトラーのご家族やお仲間国が続々と表示される(笑)


3.アドルフ・ヒトラーの娘、欧州連合の完成を誓う。(2007年1月7日)
https://www.whatdoesitmean.com/index973.htm
記者:ソルチャ・ファールが、欧米の購読者に向けて発信した情報。

西側諸国が今週、ドイツの古都ミールホルツを、旧ソ連圏のブルガリアとルーマニアを加えた欧州連合の「心臓部」とすることを発表したことは、憂慮すべきことである。

1170年にドイツ皇帝フレデリック・バルバロッサ(1155年に神聖ローマ皇帝に即位し、歴史上バルバロッサと呼ばれている)によって築かれたこの古代の城塞が、ヨーロッパの「心臓」となることの象徴は、今日の世界では見過ごすことはできない。特に、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が今日、ヨーロッパ全体を一つの憲法の下に統合すると誓ったことを考えると、事実上、EU内のすべての国の国家主権を一掃することになる。

ヨーロッパ大陸を一つの旗の下に統合するというアンゲラ・メルケルのこの誓いは、特に、現在のドイツ首相がかつてのドイツのナチス指導者、アドルフ・ヒトラーの娘であるという恐ろしい肖像画を提示している、まだ秘密だが「入手可能」なソ連KGBのアーカイブファイルに照らし合わせると、無視できないものである。

アンゲラ・メルケル首相は、旧ソ連支配下のドイツ民主共和国(東ドイツ)で1954年7月17日に生まれたとされているが、シュタージGDRファイル(現在もソ連KGBのアーカイブに保管されている)によると、代わりに1954年4月20日に生まれたとされており、これは「本当の」父親であるアドルフ・ヒトラーが1889年4月20日に生まれた日だ。

ドイツ人医師カール・クラウベルグは、ナチスの「死の天使」と呼ばれた最悪の医師の一人であり、ソ連法廷では「戦犯」として有罪判決を受けたが、人工授精の「父」として認められ、ソ連から解放された。

この報道によると、クラウベルグ博士は、ナチスの人工授精実験の隠しファイルと、さらに恐ろしいことに、かつてのナチスの独裁者アドルフ・ヒトラーの凍結精子をKGBに引き渡す見返りとして、わずか7年の刑期でソビエトから釈放されたとのことである。

ナチスの人工授精に関するファイルとヒトラーの冷凍精子を受け取ったソ連の政治局は、「可能であれば」、アドルフ・ヒトラーの「遺伝子マーカー」を持つ子供を「復活させる」実験を行うことを許可した。

クラウベルグ博士は、アドルフ・ヒトラーの妻であり、第三帝国に最も貢献したエヴァ・ブラウンの末妹であるグレトルをドイツ民主共和国(共産主義の東ドイツ)に連れてきて、ヒトラーの凍結精子から生まれる予定の子供の「代理母」としたのである。 ヒトラーの精子とエヴァ・ブラウンの近親者の遺伝子を組み合わせれば、ヒトラーとエヴァ・ブラウンの子供が生まれた場合に、ソビエトにとって「それに近い」子供ができると「推論」されたのである。

1954年にアンゲラ・メルケルが誕生すると、ソビエト、アメリカ、バチカンの間で、彼女をドイツ・ルーテル教会との「つながり」を通じてカトリック教会の「管理下」に置くことが「合意」され、実際にその教会に預けられた。 クラウベルグ博士は、「ヒトラーの娘」の誕生後、西ドイツに帰国するとすぐに投獄され、約2年後に西ドイツとアメリカの保護下に置かれたまま殺害された。

前述のソビエト、西欧列強、バチカンの「協定」では、ヒトラーの娘の「昇天」は、バチカンがドイツ人のローマ法王を誕生させなければ実現しないことになっていたが、2005年にローマ法王ヨハネ・パウロ1世が死去した後、ドイツのナチス党員だったヨーゼフ・ラッツィンガーが誕生し、現在のローマ法王ベネディクト16世となり、前日の選挙で当選して2005年4月20日にローマ教会の指導者に就任した。

(現在のナチスのローマ法王が、アドルフ・ヒトラーの116回目の誕生日に権力を握ったことの意味は言うまでもない)。なぜなら、1859年11月22日にチャールズ・ダーウィンの「自然淘汰による種の起源」が出版され、キリスト教に対する「最後の攻撃」が行われたからである。

今日、ヒトラーの娘は、父であるドイツ首相と同じ地位にあり、欧州連合(EU)の大統領であり、G-8と呼ばれる強力な西洋経済ブロックのトップでもあるため、地球上で最も強力な人間となっている。しかし、もっと気になるのは、戦争によってヨーロッパをドイツとバチカンの支配下に置くという彼女の父親の夢が、今や娘によって欺瞞を用いて達成されようとしていることだ。 私たちが古代から教えられてきたように、大陸の統一によって、現在の世界の破壊が始まり、新彗星が走り、マブスが死んだことで、昔のドラゴンの目覚めと最終的な破壊のための苦難が始まるのだ。
→そして、現在のコロナとかワクチンとか第三次世界大戦(2020年から数年間~10年くらい)に至る(笑)。

これについてのコメント。
↓ ↓ ↓

4.メルケル独首相は凍結精子によるバチカンの管理下で育ったヒトラーの実の娘?
https://minkara.carview.co.jp/userid/151920/blog/29983601/ より一部掲載。
なんか、EUを推進してきた独仏枢軸にもずれが生じてきていて、ドイツ一人勝ちらしいね。フランスは第二次大戦時にもドイツ寄りの政権もあったし、結局はEUの理念は第三帝国に近いものなのかな?

第一の帝国は、聖神ローマ帝国。つまり、ローマ帝国なのでバチカン、教皇なんかも含むのね。
第二の帝国は、オーストリア=ハンガリー帝国。ヒトラーの出身のオーストリアとチロルを含む北イタリアまでの帝国。
で、ヒトラーの第三帝国。これが、失敗に終わったので、EUという政治体系や通貨同盟をした。

そのなかで、一人勝ちするとなるとやっぱりこういううわさが出るわな。まぁ、おもしろいなw


5.メルケル独首相は凍結精子による人工授精で生まれ、バチカンの管理下で育ったヒトラーの実の娘?
【要約】ソ連KGBの機密情報によれば、ドイツのメルケル首相はヒトラーの娘である。ヒトラーの凍結精子を使い、ヒトラーの愛人のエバ・ブラウンの妹であるグレーテル・ブラウンを代理母として人工授精させ、1954年の4月20日(ヒトラーの誕生日と同じ日)に生まれた。その目的は、ヒトラーとエバ・ブラウンの間に生まれていたかもしれない子に類似した子供をソ連のために用意することであり、バチカン・米国・ソ連の三者の合意の元に実行された。そして、メルケルは東独のルーテル教会との繋がりを通じてバチカンの管理下に置かれ、メルケルの人工授精を実行した医師はその後まもなく殺された。

ナチ党員歴のあるヨゼフ・ラッツィンガーが教皇に選出された翌日の2005年4月20日に初回のミサを行っていることも、ナチスとバチカンの親密な関係の証拠であり、ラッツィンガーの教皇就任がヒトラーの娘の首相就任に貢献した。メルケルが首相に就任した11月22日はダーウィンが「種の起源」を出版してキリスト教に大きな脅威を与えた日(グローバリストには大きな意味を持つ)でもある。戦争を通じてドイツとバチカンによる欧州統一を実現するというヒトラーの夢は、その実の娘によって今や実現されており、現在の世界を破壊しかねない憂慮すべきことだ。

【私のコメント】
エバ・ブラウンの生き写しの妹であるグレーテル・ブラウンを代理母とし、ヒトラーの凍結精子の人工授精で生まれた娘がドイツの首相に就任しているというこの驚くべき情報はにわかには信じがたい。

ただ、メルケル首相が実は西独生まれであり、牧師である父親の転居に伴って誕生の3週間後に東独に移住している点は注目される。当時のドイツでは東から西への移住者は多数存在したが、逆の移住は珍しい。カトリックの神父は妻帯できないので、妻帯可能なプロテスタントの牧師を育ての親として利用したことになる。CDUが東側に送り込んだという見方もできるので、何らかの陰謀が存在した可能性はあり得るだろう。EU議長国のドイツはEU内で、ナチス・ドイツによる第2次大戦中のホロコーストの事実を否定したり、ナチスのシンボルである「カギ十字」を公の場で掲げたりすることを禁止することを1月15日のEU会合で提唱しているが、それはドイツの首相がヒトラーの娘であるという1月7日付けのこの情報を隠蔽する目的なのだろうか?

代理母とされるグレーテル・ブラウン(ミュンヘン出身、当時38-39才)がメルケルを出産したとすれば、彼女の再婚(1954年2月6日)時には妊娠中であったことになるし、再婚直後にヒトラーの娘を産んだことになってしまう。従って、グレーテル・ブラウンは卵子を提供しただけだったのかもしれない。

もう一つ注目されるのは、「ソ連・アメリカ・バチカンの三者の合意の元に人工授精が行われた」という点である。本当は4月20日生まれだが書類上は7月17日生まれになっていると言う情報が事実ならば、7ヶ月の早産であることを隠す目的だった可能性もある。受精から出産までの期間を280-14=266日とすると、人工授精が行われたのは1953年10月下旬頃と予想される。早産でなかったとすれば、人工授精は1953年7月下旬頃ということになる。また、イギリス国立医学研究所のポルジが世界で初めて牛精子の凍結保存に成功したと発表したのは1952年だが、それ以前に精子凍結保存技術が密かに開発されていたのだろうか?

1953年3月5日にはスターリンが死去している。1993年に公表されたヴャチェスラフ・モロトフの政治回顧録では、ベリヤがスターリンを毒殺した事をモロトフに自慢したとの記述がある。ラヴレンチー・ベリヤ(1899年3月29日 - 1953年12月23日)はスターリン死去後に首相マレンコフに次ぐ第一副首相兼内相としてソ連の指導的地位につくが、1953年6月ジューコフ元帥の指揮する部隊により、国家反逆罪容疑で逮捕され、裁判の結果同年12月に銃殺されている。

ベリヤの失脚によってソ連は国際金融資本の支配から脱出したという「ヘブライの館」の記述が真実であるならば、ベリヤの失脚後に実行されているメルケルの人工授精は反国際金融資本勢力主導である可能性もある。ただし、当時の米国政府(国務長官は北方領土二島返還に日ソ両国が同意するならば沖縄を返還しないと日本を恫喝したダレス長官)は国際金融資本に支配されていたとも考えられ、一概に決めつける事はできないだろう。

ホロコースト否定禁止法の存在するドイツ、オーストリア、フランス、スペイン、ベルギーはいずれもカトリックの影響力の強い地域である。プロテスタント優位の英国や北欧諸国ではホロコースト否定禁止法は存在しない。この点からはバチカンはナチスと対立している様にも見えるが、それはナチスとカトリックの親密な関係を隠蔽する目的という見方もできる。また、メルケルが就任した11月22日はカトリック系のケネディ大統領の暗殺された日でもある。

いずれにせよ、メルケル首相がヒトラーの娘であるというこの情報の真偽を確認することは現状では不可能だ。しかし、出生直後の東独移住という謎の経歴から考えて、事実である可能性も否定できない様に思われる。


6.ヒトラーとメルケルが一緒の写真が出たことでメルケルの退陣が近いらしいこと【ロスチャイルドドイツ本家当主である=ユダヤ権力災禍】(2018年7月)
https://blog.goo.ne.jp/j4goocast/e/d3d98ec51258f5b6e476fce143a70ba1 より一部掲載。
メルケルちゃん=ヒトラーの娘であり、ドイツ・ロスチャイルド本家の当主であること。が、コロナウィルス に感染したDr.と接触した。として隔離されたそうです。

<ヒトラーとメルケル>
ご両人ともロスチャイルド・ドイツ本家当主なのだ。ここで、私は、びっくらこく発見をしました。この画像をアップして再度、見直したらヒトラーの隣のメルケルは男児としての服装じゃ〜?ないですか。そういえば、メルケルの写真はすべてズボン姿だ。スカート姿のメルケルを見たことがない!やはり、オバマとかなんとかとかの話かもしんない?

私はメルケルは、モラークチルドレンだろな?と判断しています。その過程での、足にキズがあるのかも?と・・・。ヒトラーは片方の睾丸がありません(白人研究者)。欧州では、幼児期の5歳ぐらいまでは男の子は女の子の洋服を着せて育てる風習(上流階級?)があったそうです。その逆は書いてありませんでした。

朝堂院大覚氏がプーチンとメルケルの機関員同士のあれ?を言っていたが?こんなもんかもしんない。機関員同士の最強の武器は愛なのである 森蘭丸とだれかさんの・・・。ヒトラーのあれのほうは18歳ぐらいの女の子にキスを求められても拒否した感じだったらしい(白人研究者)。かれらはヒトラーを先頭にあれ(ホモ、LGBT)であの集団の団結ぶりを実験したらしい。かれらがLGBTとしつこく言うのもこんなことからだ。

それと、マドンナが、女性転換男(2020年12月ネット情報)だという事です。私は、Obamaの女房がスパスパの刀を持っているのも、こんな事なのかな?と、チラッと思いました。Obamaは、ヒトラーと同じで、15歳前後から友達は決まった男の子でした。両者(ヒトラーは書籍に写真。Obamaはネットに写真)とも画像があります。

私は、ヒトラーがモラークとして育てられたのかもしんない?と推測しています。そして片方の睾丸がない?うわさ(白人研究者)も、このモラーク教育の段階(過程での)のことかもしんない?と・・・。また、ヒトラーは、切り裂きジャック(白人研究者)という話も書籍に書かれてあります。

19
ヒトラーとメルケル少年。

20

ーーー ホモでなければ出世出来なかったナチス ーーー
⚫️ コメント:メルケルとヒトラーの関係はロシア情報だと?私は記憶してます。そして、産んだのは?エヴァの妹(ピストル自殺した?と言われている?)だと?(これは別の書籍かも?)。ヒトラーは20代前から男友達がいました(書籍からの写真があります)。そして、19歳ぐらいの女性からのキスを受け付けなかったそうです。片方の睾丸がなかった?という話も書籍に記載されています。

ナチスが、ホモ集団の支配層だったことです。ホモでなければ出世は出来ませんでした。=彼らが実験したことだと?私は判断しています。現在のLGBTはイスラエルの軍事作戦です。
14

ーーー ヒトラーの?3人娘? ーーー
⬇︎⬇︎⬇︎この3人がヒトラーの冷凍精子からなにした?かもしれないかな?という私の感じです。メルケルは、のどぼとけがとんがっている男の証拠がない?ような感じを私は感じていますが?いつも?ズボンをはいているところをみると?わかりません?私の知人で、足にあざとか?傷を負っている女性がいましたが、うわさでは、そんなことを隠したい?ことみたいです。白人男性はすね毛がすごいはずです?そんなことを隠したい?のかもしれません?私はわかりません?

ロシアと対立が激しかったときに、プーチンに頻繁に会いに行った。のも、昔のよしみがあるはずです。若い時分の情報員同士のよしみです。刀を振り回すおじさん(昔々の天皇血流。)が、言うには?肉体菅家があったな?ということです。私はもちろんでしょう?とうなずいてしまいました。情報員同士は、男同士のきずな?が?いちばんですもんね?満洲を舞台に大立ち回りした誇るべき日本人電通情報員?の記録書?は、このことが何されています。ブック名はど忘れしました。
 
私はメルケルが男だと言うつもりはありません?エリザベス1世は、男でしたとさ?(ツイートテレビ情報)。私は、今でも、オバマが両性具有ではないか?と?勘ぐっています。間違っているかもしれません?ただ?仲間内(なかまうち)?では、女性として扱われていた?ような?ネットのうわさ話があります。
15

16

17
→悪魔崇拝者って、みんな顔が怖いんだよ・・・こんな顔でいい人のわけがないだろ(笑)。

⚫️コメント:メルケルは劇団員、役者、歌舞伎俳優。
18

.
7.ドイツ・メルケル首相はヒトラーの娘だった?
https://plaza.rakuten.co.jp/rurury/diary/2020062700り0/ より一部掲載。
ヒトラーといえば、ナチス・ドイツを築き上げ、ユダヤ人を大量虐殺したとされますが、そんなヒトラー自身もユダヤ人であったようです。

ヒトラーは、1889年4月20日、オーストリア=ハンガリー帝国ブラウナウで税関吏である父アロイス
ヒトラーと、その3番目の妻クララ・ヒトラーの間に四男として誕生しました。

ヒトラーの生まれについては、実父のアロイス・ヒトラーの出生が鍵を握っています。1837年、アロイス・ヒトラーはシュトローネス村で、マリア・アンナ・シックルグルーバーの私生児として生まれた。マリア・アンナは、アロイス・ヒトラーが生まれる前、グラーツ(ウィーン南方)でユダヤ人のフランケンベルガー家に家政婦として雇われていました そしてそこで赤子を産みます。それがアロイス(ヒトラー)であるといいます。

またフランケンベルガー(ロスチャイルド一族と言われている)は、当時19歳であった自分の息子のために、アロイスが14歳になるまでマリア・アンナに補償金を支払っていた。

時事随想抄さんより。
アロイスが無学にもかかわらずハプスブルグ帝国の税務署の採用試験に合格し、栄達した背景には、‘ユダヤ人’組織の支援があったと推測することができる。

またドイツ敗戦時の1945年。ヒトラーはベルリン内の総統地下壕内で自殺(56歳)とされていますが、南米アルゼンチンへ生き延びたようです。

exciteニュースさんより
https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201812_post_19134/ 
アメリカ政府はアドルフ・ヒトラーの潜伏先であったドイツ北東部、ベルリンの地下壕から逃亡した可能性があるという調査結果を記した機密文書を公開した。文書には調査に関与した人物の身元を守るため、人名は黒く塗りつぶされている。

この報告書は、1945年4月30日にヒトラーが総統地下壕で拳銃を使い、自ら命を絶ったと公表された2週間後にUボートで南米にたどり着いた可能性があり、ヒトラーが愛人のエヴァ・ブラウン、愛犬と主治医を含む約50人と共にアルゼンチンの関係者として到着したと訴えているのだ。

到着時ヒトラーのトレードマークの口ヒゲは剃り落とされ、喘息と潰瘍に苦しみながらも早々に馬に乗り、私有の牧場へと向かったとも記されている。

 ヒトラーの逃亡説に関する噂を長年調査し続ける作家、ハリー・クーパー氏は、戦後30年にわたるヒトラーの生存と逃亡をいくらでも文書にできるという。クーパー氏はヒトラーがベルリンへ逃亡した後、アルゼンチンで静かに戦後20~30年を生き延びたとアマゾンプライムの映像作品『Adolf Hitler's Great Escape』の中で訴えている。
ヒトラー2

ヒトラー1

南米(ウルグアイ)で亡くなったとされる、年老いたヒトラーそっくりの俗名ヒトラー。
hitler
「私はいつも朝から機嫌がいいのですが、そんな風に見せることができません」

ヒトラーは生涯子供を持たなかったとされていますが、実際には精子は凍結され使用されたようです。ヒトラーの愛人エバ・ブラウンの妹グレーテル・ブラウンを代理母として、メルケルが誕生したとされます。

アメリカのダークパワーの新時代!(機械翻訳)
アンゲラ・メルケルは、1954年にドイツの共産党であるDDRで生まれました。彼女の伝記によると、彼女は1954年7月17日に生まれ、東ドイツ統治教会のルーテル大臣の娘でした。しかし最近、ソビエトのKJBアーカイブファイルは、まったく異なるストーリーを明らかにしています。Stasi GDRファイルは、彼女が1954年4月20日に生まれたことを示しており、彼女の出生の詳細は、ソビエトの法廷で有罪判決を受けて投獄されたナチの「死の医者」の1人であるドイツのカール・クラウバーグ博士の記録に含まれていました。彼は後に優秀な科学者として認められたとき、彼は7年後に解放され、人工授精の父として認められました。ソ連は、クローバーグ博士がアドルフヒトラーの精子の凍結サンプルを保存していたことを発見したとき、さらに興味をそそられました。高所の闇の勢力は、明らかにオカルトと照光の目的で、ヒトラーの精子から子供を作り出そうとすることを決めました。その後クローバーグ博士は、東ドイツに名前がグレトルであるエヴァ・ブラウン(ヒトラーの妻)の末っ子を連れてきました。実験の結果、ヒトラーの実の息子ではなく娘が生まれました。驚くべきことに、アドルフ・ヒトラーは1889年4月20日に生まれ、アンジェラ・メルケルは1954年4月20日に生まれました。東ドイツのルター派教会と。ドイツの教皇がローマの王位を握ると、アンジェラ・メルケルは生物学上の父親のドイツの首相としての地位も奪うことになった。2005年4月20日、ナチジョセフラッツィンガーは教皇ベネディクト16世(16日)となり、まさにアドルフヒトラーの116歳の誕生日でした。その後、2005年11月22日、ヒトラーの生物学的娘であるアンゲラメルケルがドイツの首相に選出されました。その選挙の日、11月22日は、チャールズダーウィンのOrigin of the Speciesの出版記念日でした。これは、宇宙の創造者を否定する反キリストの出版物です。

2005年4月20日に、ベネディクト16世(ナチス擁護派・元ヒトラーユーゲント)がローマ教皇に就任しましたが、ヒトラーの誕生日も4月20日でした。ローマ教皇が自ら辞任を申し出るのは歴史上極めて異例ですが、2013年2月28日辞任。イルミナティのコルナサインを確認してください。
2

さてはてメモ帳 Imagine&Think! さんより
もう一つの興味深い点は、アンゲラ・メルケル首相は、オカルト作曲家リヒャルト・ワグナー(ヴァグナー)の作品に異常な執着を持っていることである。ワグナーは悪魔主義者であった。彼女は、彼女の執着を2005年7月のフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥンク紙とのインタビューで知らしめた。ワグナーは、純粋にオカルトで悪魔的なパルジファル[Parsifal]と呼ばれる悪名高い曲を書いた。パルジファルはアドルフ・ヒトラーのお気に入りでもあった。そして、ヒトラーは、ワーグナーの音楽は彼の心を占領したと述べた。

QArmyJapanFlynn OFFICIAL さんより。

3

良い悪いを別にしてもロスチャイルド、ロックフェラーなどなど、世界はごく少数一族の手のひらの上で操られてきた 。





→牛に牛の骨粉を食べさせた時と同じように、共食いの副作用で体がもうもたない。共食い、ダメ、絶対!


→メルケルの父ヒトラーはパーキンソン病という設定で「クール―病(共食い副作用)」を隠蔽した。


9.メルケルは逮捕済み。囚人輸送車でオペラ祭りにやってきた(2017年)

→マニアな99%族によるyoutubeコメント「これはヴュルツブルクのスピンドラー社の囚人輸送業者です」。



「ナチス」とは何か?誰なのか>別称がいっぱい。