カテゴリ:
食糧危機。いよいよ本格的に始まった。小麦の輸入価格が20%も高値になり、どうせ手下の悪魔崇拝企業たちも大儲けするために商品の便乗値上げをしてくるだろう。

嫌なことや不思議なことが起きたら、それらは全て悪魔崇拝イルミナティとそのボスの奥の院の仕業だと思ってよい。


輸入小麦価格、来月から19%引き上げ…13年ぶりの上げ幅。
https://www.msn.com/ja-jp/news/money/e8-bc-b8-e5-85-a5-e5-b0-8f-e9-ba-a6-e4-be-a1-e6-a0-bc-e3-80-81-e6-9d-a5-e6-9c-88-e3-81-8b-e3-82-89-ef-bc-91-ef-bc-99-ef-bc-85-e5-bc-95-e3-81-8d-e4-b8-8a-e3-81-92-e2-80-a6-ef-bc-91-ef-bc-93-e5-b9-b4-e3-81-b6-e3-82-8a-e3-81-ae-e4-b8-8a-e3-81-92-e5-b9-85/ar-AAOd3gY
農林水産省は8日、政府が製粉業者などに売り渡す輸入小麦の価格を、10月から19・0%引き上げると発表した。中国での需要増加や主要産地である米国とカナダの天候不順による生産量の減少を背景に、小麦の国際価格が上昇しているためだ。新興国の需要増と産地の干ばつが重なった2008年以来、13年ぶりの上げ幅になる。(以下略)


彼らは食糧不足を起こそうとしている!農家が断れば政府に潰される。
→小麦=アメリカなどの農家。この動画の外国の農家たちへの脅迫が、小麦価格の上昇となって目に見えるような状況になってきた。


某政府関係者より衝撃的な情報リーク。水不足、食糧危機、金融危機、NWO完成。恐怖や不安をあおる。
この計画は、
2022−23年に水不足を引き起こし、
2023−24年に食糧不足、
2024−25年に金融危機と続き、
2025年の国連、WHOおよび、世界経済フォーラムの計画を遂行して完結する。


悪魔崇拝な敷島製パン、無印良品、徳島大学。「お前らは虫ケラでも喰ってろ!」。
「将来の食糧難を救う貴重なタンパク源として世界的に期待を集める昆虫」というプロパガンダ。