カテゴリ:
前提。






コロナウイルスの治療法。
1.「鼻からスプレーするだけ」。三重大学が開発中の新型コロナワクチン。研究者は「世界一効果がある」。
「世界一効果がある」、研究者がそう豪語する新型コロナワクチンの開発が三重大学で進んでいます。鼻から接種する画期的なワクチンを取材しました。

全国で接種が進む新型コロナワクチン。
これまでに1回目の接種を終えた人は59.3%、2回目を終えた人は47.9%となっています。そんな中、三重大学で開発が進められているのは、これまでとは全く違うタイプのワクチンです。

「最も大きな特徴は、針は一切使わずにスプレーで。シュッと両鼻に吹き付けるだけで、抗体を作ることができる画期的なもの」(三重大学大学院感染症制御医学 野阪哲哉・教授)

野阪教授は、去年3月から三重県菰野町の企業などと共同で、鼻に風邪のウイルスを混ぜたワクチンをスプレーすることで、全身に抗体を作る新型コロナワクチンの開発を進めています。

「4℃で半年以上は大丈夫(保管できる)。主に重症化や発症を抑えるという目的だけであれば、半年か1年に1回で十分」(野阪哲哉・教授)

すでに動物実験を終えていて、結果は良好だといいます。

「効力は私たちが驚くほどある。人に優しくて、よく効くワクチン。(副反応で)熱が出る確率は極めて低い」(野阪哲哉・教授)

しかし、実用化には大きな課題があるといいます。「100億円とか、お金がかかってきてしまう。そこの予算をどうするか。一刻も早く、日本だけではなく世界で使われるように。特に途上国も含めて、世界中で使われるようになってほしい」(野阪哲哉・教授)

野阪教授は、早ければ2年後には実用化できればと話しています。

マネーデータベース製薬会社と医師「三重大学大学院感染症制御医学 野阪哲哉=0円」。
https://db.tansajp.org/
→カネを受け取っていないので、正1%族?「コロナは単なる風邪だよ~」「毒ワクチン以外の方法もあるよ~」(毒ワクチンだけが唯一助かる手段だと洗脳されているコロナ脳たちを救済?)。


2.「光でコロナ治療…LED照らしたらデルタ株99.9%消えた」
中央日報/中央日報日本語版
光を照らす方法で、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)を治療する治療法が開発中だと米経済誌フォーブスが報じた。

1日(現地時間)、フォーブスによると、米ノースカロライナ州の医療機器メーカーのエミットバイオ(EmitBio)が発光ダイオード(LED)の光で人の気道の組織にあるデルタ株99.9%を除去したと発表した。報道によると、エミットバイオのニール・ハンター代表は「光だけでコロナ患者を治療すると言えば、大手製薬会社や政府機関は信じられないだろう」とし「しかし、31人を対象に、呼吸器細胞の3日間、LEDの光を5分ずつ1日2回照らしたところ、デルタ株がすべて消えた」と主張した。

ハンター代表は「LEDは、特定の周波数だけを選んで使用する」とし、「患者の鼻の奥やのどにLEDの光を当てると、ウイルスを殺し、免疫反応を促進する」と説明した。また、「特に軽症患者に効果的」とし「LED治療は自宅でも十分に受けることができる」と述べた。

エミットバイオはLEDが2つのルートによりウイルスを退治すると説明する。第一に、ウイルスに直接作用して複製を防ぐことで、第二に、LEDの光が人体で窒素酸化の生産を促進することだ。

サンディエゴにあるカリフォルニア大学の伝染病およびグローバル公衆衛生学長のデイビー・スミス教授は、このような主張について「可能な方法」とし、「上気道でウイルスをなくせば、患者の状態が好転し得る」と述べた。
→1と同じく、コロナ脳たちを毒ワクチン洗脳から解放するための情報作戦。または悪魔崇拝イルミナティの新しいホロコースト作戦。



3.新型コロナウイルスの正体を暴く?米計算機学者が「粒子解析」に成功。
https://forbesjapan.com/articles/detail/42846
創薬や突然変異の追跡を後押しすべく、新型コロナウイルスのコンピューターモデルが作り上げられた。

アメリカ生物物理学会が発行する学術誌「バイオフィジカル・ジャーナル」で最近発表された研究論文によると、新型コロナウイルス全体のモデル、しかも、実際に機能するコンピューターベースのモデルが初めて誕生した。世界中で行われているウイルス研究を支援するため、幅広く利用可能とされている。

ウイルスの「脆弱さ」を攻撃、退治。
何かを制御するには、その仕組みを理解するのが最初の一歩。シカゴ大学のグレゴリー・フォート教授によれば、ウイルスのライフサイクルや構造に関するありとあらゆる知見は、ウイルスの脆弱な部分を攻撃し、退治する上で役に立つという。

フォート教授らの研究チームは、新型コロナウイルスのあらゆる特徴を識別してきた経験を生かし、重要なポイントに絞って研究を重ねた。こうして、コンピューターで実行可能なほどシンプルなモデルを構築する環境が整ったのだ。
4284604674b44a95d54629e40860bd540042c
上のイメージは、ウイルス粒子を紫色に着色した透過電子顕微鏡写真である。新型コロナウイルスに感染したアメリカの患者のものだ。疫学研究でコンピューターモデルを使うと、この感染症が次にどこへ、どのように広がるか、予測しやすくなる。

ウイルスは、他の生物学的存在と比べて比較的単純である。しかし、ウイルスをモデル化するとなると、計算システムの構築に課題が山積みだ。とりわけ、現在早急に求められているのは宿主の体内におけるウイルスの挙動を理解することだが、これには無数のシナリオが存在するため、困難を極める。
→悪魔崇拝イルミナティ「設定を間違えたりブレないようにしないと、覚醒済み99%族たちに追求されてしまうっ!」(笑)。

今回、モデル作製に成功したフォート教授らの研究チームは、ウイルスに打ち勝つために必要な医療研究において重大な課題をクリアしてみせた。

粒子の「粗視化モデル」構築、創薬や変異株予測にも。
フォート教授らは、低温電子顕微鏡法、X線結晶構造解析、さらに計算機による予測によって獲得したデータによって新型コロナウイルスのタンパク質の分子構造モデルを作り、さらにそれを組み合わせてウイルス粒子全体のモデルを構築した。結果的に、ウイルス粒子の「粗視化モデル」構築に成功しつつあるという。

フォート教授によると、実際のウイルスの原子レベルのモデルを実行させることは可能だが、その計算に課題があるという。最も有用な情報を見出すためには、数百ナノ秒以上はモデルを実行させねばならないが、それが難しいのだ。

研究者たちはこのため、ウイルスが持つ個別のタンパク質のモデル作製にこだわっていた。この手法でも一定のメリットはあるが、計算機科学者であり、ヘイグ・P・パパジアン栄養化学特別教授でもあるフォート教授は、細かく分割したアプローチでは全体像が見えてこない、と述べる。

さらに、ウイルスは全体で機能するため、ある部分だけを抽出して見ていても、すべての挙動を観察するには不十分だろうと続けた。

世界中の創薬をサポートし、突然変異にも有用な考察をもたらすことを期待して、フォート教授らはこの全体モデルを開発した。本稿の執筆時点では、このモデルを誰でも簡単にダウンロードできるようになっている。世界がパンデミックに打ち勝つことを切に願っているからだ。

(本記事は、英国のエンジニアたちが立ち上げたテクノロジー特化メディア「Wonderfulengineering.com」からの翻訳転載です)
→NASAやハリウッドの悪魔崇拝イルミナティたちが作った「イメージ」画像で、コロナ脳たちをさらに洗脳するプロパガンダ。


4.お茶にコロナ抑制効果ある?京都府立医科大教授が発表。10秒処理で「ウイルス強く抑制」。
https://www.sut-tv.com/news/indiv/12006/
テレビ静岡
緑茶に含まれる成分が新型コロナウイルスを抑制する効果があるのか、研究成果を発表するシンポジウムが菊川市で開かれました。

6日は京都府立医科大学の松田修教授がオンラインで講演し、茶商や農協、生産者にウェブ配信されました。

松田教授は人への効果は臨床研究で今後明らかにすると前置きした上で、試験管内で唾液に新型コロナウイルスを加え緑茶や紅茶で10秒間処理すると、ウイルスは強く抑制されたという実験結果を発表しました。

教授は緑茶や紅茶で治療効果は見込めないものの、公衆衛生的な活用に期待を寄せています。

松田修教授 「マスクをする感覚で公衆衛生的にお互いに他の人のためにマスクをしましょうと同じで、要するにお互いを相手を感染させないための心構えみたいな形でお茶を飲むと」

新型コロナウイルスへのお茶の効果については県も研究を進めていて、まとまり次第公表する予定です。

マネーデータベース製薬会社と医師「京都府立医科大学の松田修=30000円」。
https://db.tansajp.org/
090802
090801
→受け取った金額が大したことないので、1、2と同じく、コロナ脳たちを毒ワクチン洗脳から解放するための情報作戦をする正1%族? もしくは、「コロナは単なる風邪。風邪予防には昔からお茶を飲んだりうがいしたりするのが伝統的な方法。コロナ脳たちにそれを思い出させて、地場産品の緑茶が売れて儲かればいいな♥」という、静岡&京都宇治の陰謀(笑)。

お茶で新型コロナ無害化。1分で最大99%。奈良県立医大。葉っぱから入れたお茶じゃないと効き目ないよね~。