カテゴリ:
悪魔崇拝イルミナティがあらゆる手を使って世界を破壊中。世界中のあちらこちらで自然災害。日本は昔から人工災害で攻撃され続けてきたけど、数十年まえからの計画通り日本の象徴の富士山を爆発する予定らしい。

子分の三菱、東京海上、その他のすべての大企業、官公庁、国や地方自治体や宗教など全ての大組織やカネを持っている利権団体・人間が、親分の計画を利用してさらなる茶番劇&金儲け。

99%族は、
1. 怖がってはいけない。生き残りゲームだと思って恐怖や不幸も受け入れること。
2. 災害対策、資産管理、事前打ち合わせ、サバイバル対策を遂行すること。
3. 悪魔崇拝者とその子分連中が自爆することを祈り続けること。


「富士山噴火」対策急ぐ。三菱地所は20棟で設備見直し、東京海上は企業の対応策支援。

三菱地所は大規模噴火に備えた対策をまとめた。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77149470R31C21A0TB0000/
ハード面では丸の内地区で所有・運営する「丸ビル」や「新丸ビル」など約20棟を対象に、空調機の予備フィルターの確保や屋上の排水管の詰まりを防止する蓋を設置する。各ビルで100人単位で清掃に使う防護マスクやメガネ、防護服などの備品も用意。全体の投資額は数億円を見込む。
→99%族も同じ物品を買っておけばよい。

東京海上HDは、子会社の東京海上ディーアールが地震や火災について企業の事業継続計画(BCP)の策定を支援してきた知見を生かし、富士山噴火にも備えを促す。

企業の要望に応じ、想定被害調査から復旧に向けた計画書の策定まで5段階で提供する方針。まずは年間十数社からの受注を目指す。
→この論調だと、富士山爆破計画まではまだ時間があるか?すぐに爆発してしまうと、儲けのチャンスが減るから、それくらいは計算して新規ビジネスを始めているだろう(笑)。


アベノマスクの復活。
先日、余剰とされたアベノマスク8200万枚だが、

​https://www.youtube.com/watch?v=TFNry11agzg

本日の日経見ると、

「富士山大噴火」対策急ぐ 三菱地所は20棟で設備見直し

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC273MS0X21C21A0000000/

2021年11月1日 2:00 抜粋

企業が富士山の大規模噴火に備えた対策に動き出している。


https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC273MS0X21C21A0000000​

政府の中央防災会議作業部会がまとめた被害想定では、火山灰が原因で首都圏などのインフラにも大きな影響が出ることが示された。

三菱地所は空調設備や排水管の対策に乗り出す。東京海上ホールディングス(HD)も子会社を通じ、企業が事業への影響や対応策を定めるための支援事業を始める。(以下有料会員のみ)


噴火予知など当てにならんとは、
気象庁/火山学者に向けられるとして、

注目は大企業が動きだしたこと、
ご本尊(NWO/仕掛け人)が備え始めたのである、

こちらはAS-USAから、ラパルマの最新状況、

​噴火は継続中、​


ラパルマ火山、今日のライブアップデート(2021年10月31日20:43EDT)​​

​溶岩流が更なる家屋破壊(2500棟以上)をもたらしている、​


Latest lava flow map 拡大

先週末、ついにM5が発生し、


ラパルマは10/30午前7時25分にM5のこれまでで最大の地震を記録

この直後に別のM5も発生、
さらに昨夜はM4.6と地震は止む気配がない、

IGN拡大​​

が、最大の脅威は火山灰、

​昨日も4500m上空まで吹き上げ、

​ラパルマ島全体を覆った、​

​こちらは9/28付けの風景、​


噴火再開「カナリアンウィ-クリー」による現地情報(2021/9/28)

​現在は、​


24時間以内に2回のM5.0地震が発生、多くの灰が家や墓地さえも埋めた(2021/10/31)


ラパルマ火山:11月1日月曜日のライブアップデート AS USA
​クリスティーナベラ(女性)は、11月1日月曜日、最後の持ち物をまとめた後、
灰に覆われた自宅を離れます。​

加えて、SO2も広範囲にたなびくことから、
風向具合で溶岩流以上の脅威となる、​

噴火が起きた場合、まず何よりも、
クリーンエアーの確保が急務となるわけだが、

アベノマスクは余剰ではなく、
来るべく噴火に備えている、



災害は起きるのではなく起こされる(M4.4神奈川西部)
ラパルマが又、激化してきた、


ラパルマ火山の噴火の最新情報(2021年11月16日火曜日19:53 )

​が、他国のことはスキップして、こちら、​


11/17AM2:54​神奈川県西部/20km/M4.4(地震速報NHK)

​いつもの、あれ、


地震選択&ダウンロードK-Net

​【解析結果の見方】
地震記録の成分は、3成分(上下動、南北動、東西動)を用います。
波形比較図は、通常、震源からの距離順に表示します。

先月の​阿蘇の噴火、​


​​いま噴火の可能性は 富士山と伊豆東部火山群(11/17(水) 11:33 静岡TV)​​

​10月20日に噴火を起こした熊本県の阿蘇山。研究機関の調査でマグマによって地下水が沸騰し、爆発を起こした可能性が高いことが分かった。​

​小山さんのコメント、​

火口の周りの観光をしているとそこで噴火があったら完全にアウトですよね。それは御嶽山で我々が経験していることです。

富士山​噴火の可能性は?​

​富士山は時々低周波地震が地下で観測されていて、それは火山性のものと考えられていて、いまでも時々起きています。起きていますけれど、それより特別なことは起きていないので定常状態になっている。

​近年マグマが活発化した時期があるが、​

2009年にはっきりマグマが上昇した群発地震がありましたが、その後2011年小さな活動をしただけで、それ以外はマグマが上昇するような地震は起きていないので、落ち着いた状況にあると思います。​

​10月17日に17年ぶりにハザードマップが改訂されたが、

​17年前はできなかった細かな計算、調査を取り入れ、少し住民に厳しいマップになっていますね。より市街地に早く溶岩や泥流が到達する危険が高まったので、そういう意味では避難を素早くしなければいけません。

噴火が起きた場合、溶岩や泥流に加え火山灰の被害も深刻になる。富士山南東を中心に50cm、神奈川県内にも30cm、都心を越え千葉まで到達するおそれがある。​

​​学術的なコメントは出せるが、
噴火爆発を予知するのは不可能に近い、​

但し、ヒントは結構ある、

企業の動き、


​「富士山大噴火」対策急ぐ 三菱地所は20棟で設備見直し 2021年11月1日 日経

政府の中央防災会議作業部会がまとめた被害想定では、火山灰が原因で首都圏などのインフラにも大きな影響が出ることが示された。三菱地所は空調設備や排水管の対策に乗り出す。東京海上ホールディングス(HD)も子会社を通じ、企業が事業への影響や対応策を定めるための支援事業を始める。

​Goを掛けさせているのは誰か、​

今週のジオエンジニアリングニュースでは、​


Geoengineering Watch Global Alert News, November 13 Dane Wigington

​津波、噴火は地震をベースに起こすことが出来ると、

*311(3回の海底連続地震)、ラパルマ(地震でマグマ制御)、​

​ソー言う意味で、
近隣に地震が増えてきたら、要注意、

一般人に出来ることは、
(いつ起きるかの予測ではなく、)
起きた時の体制を整えておくことに尽きるわけだが、

富士のふもとは別にして、
関東6県は降灰対策が最優先かと、

ラパルマ噴火の最大の脅威は溶岩もさることながら、


ラパルマ火山最新ニュース 2021年11月17日11:51 AS USA

火山灰である、


煙突が語るラパルマ(2021年11月08日)


​参考)
海底火山福徳岡ノ場噴火と富士山(2021/8/16)

​キラウェアとラパルマで浮かんできたJPJのビジョン(2021/10/5)​

阿蘇の中岳はカルデラ内五岳の一つに過ぎない(2021/10/20)

​アベノマスクの復活(2021/11/1)






「(人工)地震が来ますよ~!」。気象庁が突然発表。なぜ?悪魔崇拝気象庁による悪魔計画の予告。「ワクチン打たないお前らを全滅させてやるぜ」。